2011年04月26日

『イヴ・モンタン―彼を憎んだ女と男』 5

今日は井上順さんのご招待で三越劇場で公演している『イヴ・モンタン―彼を憎んだ女と男』を観て来ました。

これは《JAZZ爺MEN》の公開初日、本庄に避難している大震災の被災者を訪問したときに約束したプレゼントなんですが、なんと我々スタッフまで招待してくださったのだ。
携帯の電源を切るようにだとか、公演中の飲食はご遠慮くださいだとかのアナウンスが流れたあと、女性係員が舞台下に立ち、また「公演に先立ちまして・・・」と言うので、また同じことを言うのかと思ったら、「当劇場は建物が免震構造になっておりますので、公演中に地震があっても安全でございます。先程の大地震でもお皿一枚割れませんでした。くれぐれも建物の外には出ないようお願いします」だって。
《JAZZ爺MEN》の初回上映中にも地震があって、幸いにも騒ぎにはならなかったけれど、ここに来ている人たちは大震災の経験者だから、この一言でずいぶん安心して観劇することができたのではないかと思う。

本庄のコミュニティセンターで招待を発表したとき、「井上さんがイヴ・モンタン役をするんですか?」って僕が質問したら、「それを言っちゃ、面白くないでしょう」とかわされてしまったのだが、なるほど、その意味がよく分った。ネタバレになるけれど、イブ・モンタンを待っている天国の女と男の話なのだ。その女とは、妻のシモーヌ・シニョレ、恋人のエディット・ピアフ、愛人のマリリン・モンロー! で、男とは専属のピアニストで、これだけは創作の人物らしいのだが、その素性が明かされるシーンは圧巻だった。もちろん、井上順さんの役。
大女優シモーヌ・シニョレの役は安奈淳さん、シャンソン歌手エディット・ピアフは大島れいさん、セクシーアイドル女優マリリン・モンローは南海まりさんが演じている。彼女たちは劇中で歌を歌うのだが、それはその道のプロであるからして当然上手く、驚愕の歴史とともに歌も楽しめてしまうので『イヴ・モンタン』はとてもお得感のするお芝居であった。

僕たちはエディット・ピアフを知っている。マリリン・モンローを知っている。シモーヌ・シニョレの名前くらいは聞いたことがある。でも、この3人がイブ・モンタンをめぐってこういう関係があったことは知らなかったので、とても勉強になったし面白かった。
この3人が天国に召された年齢で登場し、地上の空間ではありえない会話を進める。そこに関係性の真実が焙り出されてくる。しかしそれは専属ピアニストの秘密の作戦だったというドンデン返しも面白い着想だった。

お芝居が終わり、一般客が退出した後、井上さんが客席にやってきて、招待者と握手したり写真を撮ったり、僕たちまでお土産をもらってしまった。
その後また楽屋を訪ね、《JAZZ爺MEN》の上映が2週間延長された報告をすると、「何でもやるから、必要なときは呼んでね」と、どこまで素晴しい人なんだ!
    • 8 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kenjitakama/65973097 

トラックバックはまだありません。

この記事へのコメント

素晴らしい方ですね、順さん!
1. Posted by YAS.吉田 at 2011年04月26日 12:03 | 5
井上順さんが大好きで、17日に、大阪から「JAZZ爺MEN」を見にウニクス上里に行きました。
最初はコメディーかと思ってましたが、岡まゆみさんが癌と分かった所くらいから号泣しました。

そして、23日〜24日に「イヴモンタン」を見に行きました。
井上順さんが会場入りする時に「映画を見に行った」事を伝えると、凄く驚かれました。
「言ってくれたらDVDにして送ってあげたのに」と。
順さんは、本当に凄く優しい方ですよ。
また、見たいので全国上映してほしいです。
2. Posted by TWO MOON at 2011年04月28日 20:18 | 5
TWO MOONさま

わざわざ大阪から埼玉まで《JAZZ爺MEN》を観に来てくださったのですか!感激です!でも、井上順さんの最後の表情、すごく良かったでしょう? あんなの見たことあります? 思っていた以上に素晴しい才能を持った優しい方ですね。
《JAZZ爺MEN》の埼玉以外での上映は、沖縄と鹿児島が決まりそうなのですが、肝心の東京や大阪が決まっていません。宣伝費が無いので、派手な宣伝活動をすることもできず、皆様の口コミだけが頼りという状態です。大阪で興味を持ってくれるような映画館、ご存知ありませんか?
3. Posted by 盍峺治 at 2011年04月30日 22:16 | 4
「JAZZ爺MEN」凄くいい映画ですね。

大阪で、興味を持ってくれるような映画館ですか・・・それは、分からないですが・・・
今、上映してるユナイテッド上里。
5月9日から上映するユナイテッド南古谷。
どちらの映画館も、ユナイテッドシネマなので、そちらの系列で上映をしてもらえるようにお願いをしてみてはいかがでしょうか?
素人なので、よく分かりませんが、どうでしょう?
こちらは、関西だと岸和田と大津にあります。
アドレス、張っておきます。
http://www.unitedcinemas.jp/index.html
全国上映される事を祈ってます。
4. Posted by TWO MOON at 2011年05月03日 17:25 | 5
TWO MOON 様

映画館情報をありがとうございました。
ユナイテッドシネマは私の方でも調べてあったのですが、どこも市街の中心部から離れた場所にあるようで、高齢者に便利かどうかがよく分りません。岸和田とか大津はどういう場所なんでしょうか?東京に住んでいると想像できないんですが…。
今のところ、沖縄と鹿児島が決まりそうで、地方映画らしく、地方からジワジワと攻め上る作戦になりそうです。
5. Posted by 盍峺治 at 2011年05月05日 13:24 | 4
ユナイテッドシネマは、調べられたんですね。
確かに駅から、ちょっと離れてたりしてますね。
高齢者に便利かどうかですか・・・う〜ん、難しいですね。

あと、頭に浮かんだのは、3月から公開されていて、井上順さんもちょこっと出演してる高田純次さん主演の「ホームカミング」
この映画は、高田純次さん、竜雷太さん、黒部進さんなど、定年退職した人達が、街おこしをするという映画なんです。
「JAZZ爺MEN」と、同世代の人が見る映画かと。
「ホームカミング」は、テアトル系で上映されてるので、テアトル系だと上映されるかなと思います。

何年か前「ゴールデンカップス ワンモアタイム」と言う、GSのドキュメンタリー映画と「タカダワタル的」と言う映画も上映されてたので、上映してもらえる可能性が高いのでは無いかなと思います。
http://www.ttcg.jp/
6. Posted by TWO MOON at 2011年05月06日 00:09
久しぶりにコメントさせていただきます。以前「もうすぐ春」という作品でお世話になりました、高下(こうげ)と申します。遅ればせながら、JAZZ爺MEN拝見いたしました。こういった素晴らしい作品が、しかも低予算でできるというところが映画の不思議であり、魅力だとあらためて感じました。いい作品をありがとうございます。
7. Posted by 高下(こうげ) at 2011年05月08日 18:42
彼は“精密な機械を造る”の理念を信奉して、彼の造った袋から表してはるかにその他のブランドを越えます。チャンスがいつも人から重く見られてあれらは正確な各頭があります。あるこの年、好運は期限は着きません。ビクトリアの女性器の腕時計、2年以降に、1929年に造る第1匹の計の1秒の腕時計などがです。
8. Posted by ブランドコピー at 2013年05月11日 15:10
絵文字
 
星  顔