2011年05月30日

日本映画批評家大賞だどー! 1

《命のTANGO》の北九州ロケから帰って、翌28日、韮崎の日本航空高校で開かれた「日本映画批評家大賞授賞式」に行ってきました。

送られてきたチケット通り、新宿発11時の「あずさ13号」のグリーン車に乗ると、隣の席には孫に連れられたお爺ちゃんが座った。その人も授賞式関係の人らしいのだが、あとで瀬川昌治監督だということが分かった。瀬川監督とは去年、瀬川塾を見学させてもらったときにお会いしていて、夕食までご馳走になっていたのに、あの時の精力的なお姿と、孫に面倒を看られているお爺ちゃんとでは全くの別人で、想像することさえできなかったのだ。

航空高校の教室で小林政広監督ご夫妻と雑談しながら待つこと2時間、雨の中、授賞式会場の格納庫に向かう。我々の丸テーブルは《春との旅》関係の小林監督、編集の金子直樹さん、主演の仲代達矢さんとその関係者。もう一人の主演者徳永えりさんは隣の新人賞席に座っている。

今回は第20回ということもあるのか、新人女優賞、新人男優賞、審査員特別演技賞、新人監督賞、主演女優賞、主演男優賞が2人ずつ、ゴールデン・グローリー賞が犬塚弘さん、大滝秀治さん、財津一郎さんの3人という大盤振る舞いなので、授賞式は延々と続くのである。僕の撮影監督賞は富士フイルム奨励賞と名付けられており、5番目のだったけど、作品賞《春との旅》はラス前、そしてラストのダイヤモンド賞ならびに審査員特別男優賞の仲代達矢さんがステージに上がる頃には暗くなりかけていた。

パーティ会場の大食堂に行く頃には暗くなっていて、最初に紛れ込んだ立食のテーブルには金子直樹応援団が陣取っていた。編集賞は浦岡敬一賞と名付けられているので、プレゼンテイターは故敬一さんの奥様で、この日は上品な和装で浜松からお越しになって、数名の編集マンと和やかに談笑なさっていた。僕が挨拶すると「生前、浦岡が高間さん高間さんって何度も話をしていたんですよ。お会いできて嬉しかった」とおっしゃった。
浦岡さんとは12年前、戸井十月監督の《風の国》という映画で1回だけ一緒に仕事をするチャンスがあったのだが、その時、浦岡さんは「高間君が撮影するって言うから編集引き受けたんだよ」とおっしゃっていた。でも、そんなに家族の方にまで話をしていたのは知る由もなく、僕にも影の応援団がいてくれたのを知り、とても感動した。パーティが終わるときには、何度も何度もおじぎをして奥様はお帰りになった。
    • 6 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kenjitakama/65982265 

トラックバックはまだありません。

この記事へのコメント

おめでとうございました!

ちょっと不思議なところでの授賞式ですねえ。
1. Posted by アール・ケイ at 2011年05月31日 06:16
ありがとうございます。
なんでも、トロフィーだけ送って、授賞式はやめようと思っていたところ、航空高校がスポンサーになってくれたということでした。
それにしても大量の受賞者で、その関係者まで含めると大変な人数でした。懐かしい方々にもお会いすることができました。しかし、航空高校のボランティアが不慣れなこともあって、トロフィーと盾をもらいましたが箱は一部の人にしか渡されず、裸のままバッグに入れて帰りました。
2. Posted by 盍峺治 at 2011年05月31日 18:57 | 4
「築城せよ!」の監督の古波津です。ご無沙汰してます。
新作をまた名古屋で撮りました。今回は商店街を舞台にしたコメディをRED MXで撮って直DCPに仕上げました。
試写会のご案内を差し上げたいのですが、よろしいでしょうか?
3. Posted by 古波津陽 at 2011年06月02日 22:42
古波津陽様

お久しぶりです。頑張っていらっしゃいますね。
試写会のご案内、ぜひお願いします。楽しみにしています。
ところで、RED MXというのは初めて耳にしましたが、RED ONEのバージョンアップといったものでしょうか?
4. Posted by 盍峺治 at 2011年06月04日 10:14 | 4
高間ちゃん ご無沙汰しています。
40年表彰おめでとうございます。
お元気で活躍していることを知り、メールをしました。

5. Posted by 梅澤 at 2011年12月11日 21:50
梅澤さんって、岩見沢の梅澤さんですか?
だとしたら、ずいぶん長い間お会いしてませんね。もう、甘酸っぱい青春の思い出です。先日テレビに出ていたW松監督は杖をついてロレツも怪しく加山雄三と1歳違いとは信じられません。一昨年のJSC新春パーティで会ったときには「盍屬 ∀靴韻燭覆◆」と言われましたが、このところの衰え方は普通じゃありません。天象ギカンのA戸さんも今会っても分からないと思いますよ。A山君は相変わらず飄々とした感じです。
このところの映画界は氷河期と呼ばれ、どんどん企画が流れています。僕も1月と3月の撮影がなくなりました。絶望的状況に陥っています。
6. Posted by 盍峺治 at 2011年12月12日 23:12 | 2
絵文字
 
星  顔