2011年06月18日

上海映画祭作品賞に 5

ワールドビジネスサテライトを見ていたら、「日本映画が快挙」という見出しだったので、イライラしながらCM明けを待った。すると、上海国際映画祭の会場が映り、『毎日かあさん』のタイトル!

オオ、聖太郎君が映っている!聖太郎君が笑っている!聖太郎君がちょっとひきつっている!
即、電話をかけると、「海外にいらっしゃるのでローミング中です」のアナウンスが。そうか、まだ上海にいるんだ、そりゃそうだろうな、と思いながらしばらく待つと聖太郎君の声。
「もう、ニュースやったんですか?早いですね。今まさに、会場を出てきてバス降りて、ホテルに入るところです」だって。「いやー、頭真っ白になっちゃいましたよ」

確かに素早い放送でしたね。ほとんど生中継ですよ。

我が《JAZZ爺MEN》はやっとモントリオール映画祭のエントリーフォームを書き上げ(英語で)、昨日、半蔵門まで行って、FedExに出してきました。そこでまた送り状とか税関申告書とか書いて(英語で)、慣れない仕事をしたから疲れてしまった。そもそもFedExのアカウントを開くのにも一苦労。出品料100$も自分のVISAカードで支払い。
監督がデビュー作だから、そこらへんで引っ掛からないかなあ。招待されるといいなあ。

ちなみに《死にゆく妻との旅路》は早々とモントリオール映画祭出品を決めました。ダブル参加にならないかなあ。
    • 2 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kenjitakama/65986965 

トラックバックはまだありません。

この記事へのコメント

いましがたの小林政広監督のツブヤキによりますと、「どうやら、今度は、仲代さんが、主演男優賞! ローマアジア映画祭『春との旅』」とのことです。おめでとうございます!
1. Posted by アール・ケイ at 2011年06月18日 22:27
アール・ケイさま

情報ありがとうございます。今度はイタリアですか!
仲代さんはマカロニウェスタンにも出演していますからね。イタリア人にも感慨深いものがあるのかもしれませんね。
ちなみに、7月にはニューヨークのジャパン・ソサイティでも上映されますよ。
2. Posted by 盍峺治 at 2011年06月19日 00:39 | 4
絵文字
 
星  顔