2011年07月26日

横尾忠則さんのブログに! 4

ある人に「高間さんの写真が横尾忠則のブログに載ってるよ」と言われて、公式ブログを開いてみると、いましたいました、愛機HMC155を構える私メの勇姿(?)が!
横に立つのは中村高寛(たかゆき)監督。ドキュメンタリー映画『ヨコハマメリー』の監督である。
その後ろで首だけ見えるのがこの映画のプロデューサー、矢口義文氏。若いときから横尾さんとは知り合いだったので、今でも時々パシリ扱いされる。

で、こういうスタッフで今、横尾忠則さんのドキュメンタリー映画を撮影しているのだ。
この日は岡山美術館で横尾忠則展を開催すると同時に、公開制作をしていた。つまり、朝から夕方まで、何時間もずっと見続けている観客の前で2枚の大作を描いているのだ。そして気が向くと、デジタルカメラでこのような写真を撮っていらっしゃる。
僕が横から横尾さんの描いている表情を撮っていると「隅っこで横からコソコソ撮っていてもダメだよ。正面から堂々と撮りなさい。カメラマンが遠慮していちゃしょうがないでしょ!絵は刻々と変わっていくんだから」。
表情が撮りたかったので横にいたんだけど、横尾さんのお墨付きができたので、観客の迷惑を顧みず、横尾さんの後ろから絵の正面を撮影することにした。
しばらくすると「観客も撮らないと、こういう場所で公開制作していることがわからないよ」。
「撮ってますよ、ご心配なく」と言うかわりに「ハイハイ」と答えた。気にしてくれてありがたいことです。

ここまで書いて、迎えがきました。今日は横尾さんと田原聡一郎さんとの対談風景を撮らなければ。
    • 5 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kenjitakama/65995917 

トラックバックはまだありません。

この記事へのコメント

横尾さんのドキュメンタリー、どちらかで公開されますか?
CSでしょうか?

楽しみです。


7/29『つづく』の試写会、できれば、よろしくお願いします。
1. Posted by YAS.吉田 at 2011年07月26日 13:43 | 5
YAS.吉田さま

これは日活で制作している「映画」なのです。
上映館はまだ決まっていないんじゃないでしょうか。
というわけで、『つづく』の試写会が微妙なところだのです。すべては横尾さん次第なので。
2. Posted by 高間賢治 at 2011年07月27日 00:10 | 3
高間さんのBlog久々に拝見させていただきました。
横尾さんには私も5〜6年前に先生のアトリエで(世田谷?)対談を5時間近く撮影させていただきました。

独特のオーラがある方で、話に魅了されたのを覚えています。横尾さんのY字路をモチーフにした作品が数多くあるなかで撮影した夏の日を思い出しました。

灘本さん、宇野さん、永井さん、和田さん、多くのグラフィック界の方にお会いしましたが皆さん情熱的で独特のオーラがありました。
3. Posted by cam at 2011年08月02日 02:03
camさま

読んでくださって、ありがとうございます。
今日も撮影に行ってきました。
6日から横浜美術館でトリエンナーレが開かれるので、昨日は搬入を撮影し、今日は横尾さんが自らレイアウトを考え、ライティングを指示する様子などを撮りました。
これからもまだまだ続きます。お楽しみに。
4. Posted by 高間賢治 at 2011年08月02日 23:35 | 4
こんばんは。高校、大学とお世話になった高橋です。覚えてないと思いますが。若松監督が亡くなったので何か思いの丈が記述されているかなと思いブログにお邪魔しました。あなたにとってもショックだったでしょうね。昨日、斉藤千蔵(あなたと高三で同級生だった奴です)の家でお泊まりしながら飲んでいて、次々と周囲の人間や好きな作家が死んでいくのに愕然とするねと話したばかりで、若松監督まで鬼籍に入るなんて。年を取るっていうことは、他人の死を受け入れていくことなんですね。あなたはお体に気をつけて、お元気にお過ごしください。
5. Posted by 高橋政利 at 2012年10月18日 17:42
絵文字
 
星  顔