2011年08月24日

《JAZZ爺MEN》いよいよ東京公開! 5

これまで、製作地元の本庄で8週間のロングランを終えた《JAZZ爺MEN》ですが、ようやく待ちに待った東京公開が決まりました。

10月29日(土)から11月4日(金)までの1週間、ヒューマントラストシネマ渋谷で朝1回だけのモーニングショーです!!!

僕としてはもっとたくさんの回数、たくさんの映画館、たくさんの日数でやってもらって、多くの人にこの映画の感動を分かち合いたいという気持ちがあるのですが、現実はキビシーーーのです。普通の映画は製作費と同額くらいのP&A、つまり、プリント費と宣伝費を用意してあるものなんですが、《JAZZ爺MEN》では製作費だけでも足りないくらいの予算なので、配給会社を頼むこともできないのです。
で、私の40年の歴史的人的財産を駆使して、いろいろな人に会って、話をして、DVDを見てもらって、アドバイスをもらい、また別の人を紹介してもらい、というふうに上映をお願いして回ったのですが、宣伝にお金をかけられないと観客動員が見込めないからという理由から、上映しようというところは都内では現れませんでした。「蛇の道はへび」と言いますか「もちは餅屋」と言いますか、その道にはその道の伝手とノウハウを持った専門家が本当に必要だということを痛感します。

そんなとき、助け舟を出してくれたのがヒューマントラストホールディングスという大手の人材派遣会社で、試写会を見て感動した代表取締役が「冠を買っている」東京テアトル(ヒューマントラストシネマ有楽町やテアトル〇〇という劇場を持つ会社)に強力なプッシュをしてくれたのです。
映画が大好きで《JAZZ爺MEN》をとても気に入ってくれたその代表取締役と私が知り合いだったこと、宮武由衣監督がヒューマントラストシネマ・脚本コンテストで入賞したことがあることが幸いしました。

それでも1週間。それでもモーニングショーです。ここは是非とも連日、入りきれない人が押しかけて、「その判断は甘かった」という、嬉しい誤算を招きたいと切望しています。いやぁ、そうなるんじゃないかなぁ・・・。だって、今年観た邦画の中では一番面白いし、感動するもの!ハンカチ持って行きなさいよ。彼女が泣き出したら、そっと手渡してあげるんですよ。いや、タオルの方がいいかな。そのタオルの端を自分も使って・・・

先日、ホームページにアップするため、本庄公開でのアンケートを集計したのですが、6歳の女の子から80歳のお爺ちゃんお婆ちゃんまで、文字通り、感動の嵐です。読んでいるだけでも泣けてきます。
プロデューサーは予告篇を見るだけでも泣けてくると言ってました。その予告編は公式ホームページhttp://jazzgmen.com でもYou Tubeでも見ることができます。もうすぐ、私が始めたFacebookでも見られるようにします。

それから、東京公開の直前、10月25日の3時から東京国際女性映画祭http://tiwff.comで上映されます。会場は麹町のセルバンテス文化センターhttp://www.cervantes.jpです。

こちらの前売り券は
チケットぴあ:0570-02-9999/岩波ホール:03-3262-5252 で扱っています。「早期に販売終了することもあります」って東京国際女性映画際のチラシに書いてありますよ。

その前に、本庄のユナイテッドシネマ・ウニクス上里(このショッピングモールでロケしました)で9月10日から2週間、アンコールロードショーをすることになりました。待ちきれない方は高崎線に乗って、こちらの方にどうぞ。
    • 11 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kenjitakama/66002730 

トラックバックはまだありません。

この記事へのコメント

モーニングショーのみ、ですか…

何とか観てみます。観ます。
1. Posted by アール・ケイ at 2011年08月24日 06:29
ヒューマントラストシネマ渋谷でモーニング1回とは厳しいですけどついに東京上陸! 万難を排して観に行きたいです。興行保証なしでかけるというのは大したものですね。願わくば3番の劇場でないことを祈りつつ…。
2. Posted by 月夜野 at 2011年08月24日 10:26
また観ます!
3. Posted by 籠 at 2011年08月24日 12:08
アール・ケイさま、月夜野さま、籠さま

ヒューマントラストシネマ渋谷のスクリーン1・2は200前後のキャパがあるのに対し、スクリーン3は60ですものね。3になるか、脱モーニングなるか、皆様次第なので、援護射撃をお願いします。
4. Posted by 高間賢治 at 2011年08月25日 11:38 | 4
おめでとうございます!\(^o^)/

本当に良かったですね。
私もうれしいです。

観に行きます!

佐賀県の古湯映画祭をご存じでしょうか。
以前少し話題として、お話ししたこともあるのですが、今年(9/23〜25)の企画がやっと発表されたようなんですが(ひと月切ってるんですよ。遅いですよね!)、その中に宮武由衣監督の名前が・・・・
http://www.city.saga.lg.jp/contents.jsp?id=18619

ゲストで行かれるようですね。もちろん『JAZZ爺MEN』を持っての参加でしょうけど。
高間さんは行かれないのでしょうか?(例の撮影で、お忙しいでしょうか?)

私も(かつてここの映画祭の常連でした)、行くつもりだったのですが、企画の発表が遅かったため、東京での仕事のスケジュールがかぶって、無理そうな気配です。
悲しいです。

何とか調整できると良いのですが・・・
5. Posted by YAS.吉田 at 2011年08月29日 22:04 | 5
東京上映決定、おめでとうございます。
私の知り合いは、関東に多く宣伝してきました。
ユナイテッドシネマ入間でも上映されるので、そちらに行くみたいです。
東京にも知り合いがいるので、宣伝します。
私も見に行けるかも知れません。
大入りになって、テアトル系で全国上映なんてなったら最高ですね。
6. Posted by TWO MOON at 2011年08月29日 22:45
ご無沙汰しておりますm(._.)m 今日、ごきげんようで映画の話をしてましたよ東京公開おめでとうございますー
必ず行きますー
7. Posted by イドトシ at 2011年09月29日 19:21
イドトシ様

ありがとうございます。念願の東京公開です。前売り券も作りました!1300円ですが、ご希望の方はコメント入れてください。
「ごきげんよう」で今日、井上順さんが《JAZZ爺MEN》の話をしてくれるということは事前情報でわかっていたのですが、某監督にオーディションに来てくれと拉致されてしまいました。誰かが録画してくれていると嬉しいのですが…。
8. Posted by 盍峺治 at 2011年09月29日 19:39 | 4
何とかしてみます…
9. Posted by イドトシ at 2011年09月30日 15:58
「JAZZ爺MEN」渋谷の前売券が昨日から発売されてるそうですね。
私は、初日舞台挨拶付きに行こうと思ってます。
問い合わせすると、そのチケットは、まだ発売されてないとの事でした。
前売券は、会場じゃないと発売されてないみたいで、初日舞台挨拶付きも会場発売しかされないとなると・・・大阪からチケットを買うだけには・・・なので、その場合は友達に頼もうと思ってます。

大阪でも上映が決まって、本当に嬉しいです。
家からは、電車に乗らないと行けませんが、宣伝します。
10. Posted by TWO MOON at 2011年10月01日 08:46
TWO MOON様

初日は舞台挨拶があるので1800円均一料金になっているのですが、前売り券を買ってくれた人には差額の500円を製作委員会が負担することになりました。だから、初日舞台挨拶付き券というのは、その均一料金を指すのかもしれません。
僕の手元にも前売り券があります。1300円分の切手を送ってもらえれば、前売り券を送ります。住所を教えますのでkenji.takama@gmail.comにメールください。

> 大阪でも上映が決まって、本当に嬉しいです。
> 家からは、電車に乗らないと行けませんが、宣伝します。

ありがとうございます。11月12日からシアターセブンで3週間上映されます。前売り券は全国共通ですから、大阪でも使えますよ。
11. Posted by 盍峺治 at 2011年10月12日 02:53 | 4
絵文字
 
星  顔