2011年10月18日

尾鷲の小アジ 3

台風の被害で一段と有名になってしまった三重県尾鷲(おわせ)から小アジが1箱届いた。

去る10月14日にBS-Japanでオンエアした《ふるさと発元気プロジェクト・「ありがとう」の気持ちで守る世界遺産熊野古道》の取材で尾鷲に行ったのは、幸運にも大雨と大雨の僅かな間隙。熊野古道の石畳が濡れて光っていた。そこを今回の主役である「夢古道おわせ」の伊東将志店長に歩いてもらい、とても素晴らしい画が撮れた。

尾鷲はヒノキの産地として有名だが、近年、間伐材が売れないので間伐ができない→木が密集して地面に陽が射さない→下草が生えない→地表が剥き出しになって雨で土が流れる→山林が崩壊したり土砂崩れが起きる。そもそも良いヒノキが育たない。

一方、市は見事にバカデカイ熊野古道センターを町外れに作り、古道客を呼び込もうとしたのだけれど、そこにはレストランも休憩設備もないので客は怒るし、リピーターがいない。そこで商工会議所は余った土地に古民家を移築してレストランを作り、「おかあちゃんのランチバイキング」として、地元の食材を使ったお袋料理を提供した。そしてその隣に、市が持て余している海洋深層水を使った温浴施設を建設した。
商工会議所の職員である伊東さんはそこの店長を志願し、地元でしか食べられていない低利用魚などを積極的にメニューに取り入れ、風呂には「世界遺産風呂」と称して樹齢80年のヒノキの間伐材の丸太を浮かべ、父の日、母の日、敬老の日には「ありがとう風呂」と称して、子供たちに感謝の言葉を樹齢20年のヒノキ丸太のスライス99枚に書かせて浮かべ、客に喜ばれている。

そして、伊東さんは「ありがとう風呂」を全国に広めようと努力し、その甲斐あって、今年の敬老の日には99ヶ所の温浴施設がこのイベントに参加した。ということは、男湯女湯あるから1ヶ所で198枚、99ヶ所で19602枚売れたわけだ。だから伊東さんは、1本200円にしかならないこの間伐材を1本1万円で買い取って、微力ながらも間伐に貢献している。

僕はかねがね、間伐するくらいなら、なぜ初めからパラパラに苗を植えないのかなと疑問に思っていた。1.3mx1.3mに1本の割で植えるのだ。今回の取材でその謎が解けた。密植することで日当たりを少し悪くさせ、木の生長を抑制するのだ。そうすると密度の高い年輪ができ、強い柱になるというわけだ!関東大震災でも、尾鷲ヒノキの家だけは倒れなかったという。

尾鷲で育った伊東さんは尾鷲漁港の魚市場を遊び場にしていた。そこに取材に行くと、組合長も低利用魚を大量に買ってくれる伊東さんに感謝していた。そんなこんなで発泡スチロールのトロ箱1杯が送られてきたわけなのだが、さあ大変。中には体長12センチくらいの小さなアジが90匹以上入っていた。どうすんのこれ!とりあえず、10匹ずつビニール袋に小分けして冷凍庫へ。しかし、食べきれる訳もないから、松戸の両親のところへ30匹、東京国際女性映画祭の招待券とともに持っていった。それは唐揚げにして食べたそうだ。

で、ハラワタの取り方など電話で聞いて、僕は南蛮漬けを作ることにした。スーパーで買ってきた調理済みの小イワシを3枚におろしてマリネを作ったことはあったのだけれど、その時は少量の油で済んだから良かった。これが姿揚げになると多めの油が必要だから、それをどう捨てるか。まず、「固めるテンプル」を買いに行った。店員に「どこに置いてあるんですか?」と聞くと「アイヨ」と手渡してくれた。お徳用2箱セット!ウチで開けたら5袋ずつ入っているではないか!一生モノだ!

パソコンで簡単レシピを探して恐る恐る作ったけど、結構美味しく出来た。でも、随分あるな、10匹だったはずなのに。昨日たくさん食べて、今日も食べて、まだ残っている。玉ねぎスライスの下でどんどん増えているんじゃないだろうか。
    • 2 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kenjitakama/66015346 

トラックバックはまだありません。

この記事へのコメント


今、尾鷲はそんなことになっているんですね。
10何年も前に取材で港の方に入ったのですが、山の方は行きませんでした。
マンボウとかは食べましたが。

良い街ですよね。遠いですけど。(その当時は、高速も通っていませんでしたし、電車でもかなり時間がかかりました)

また行ってみたいです。


アジ、刺身は無理でしたか?
新鮮だと、なめろうにすると、最高です!
1. Posted by YAS.吉田 at 2011年10月18日 11:06 | 5
YAS.さん、お金が無いテレビの取材ですから、マンボーなんて無理ですよ。アジも小アジですから、刺身は大変でしょう。氷詰めとはいえ日にちも経っていますし。
でも、いい町ですね。伊東さんが残る選択をし、仲間が帰ってくるのを待つというのも解る気がします。
2. Posted by 盍峺治 at 2011年10月19日 00:49 | 4
絵文字
 
星  顔