2009年09月02日

DVD三昧の日々 3

ドトーのロケから戻って1週間、だらだらとDVDを鑑賞して過ごしている。その合間にキッチンに立つ。

深鍋にお湯を沸かして塩を入れ、スパゲティを茹でる。ニンニク3片を薄切りにして少量のオリーブオイルで煮る。去年、タイでもらった鷹の爪3本の種を除いて、同じフライパンに入れる。本来はこれだけでもペペロンチーノなのだが、昨日のJSC懇話会も粗食だったので、冷凍してあったベーコンも入れたりしていると尿意が我慢できなくなり、トイレに入る。
「あ〜、そろそろ塙監督にも電話を入れないとナァ…。ラッシュも見たいし」と思いながら出てくると携帯が振動している。塙監督からだった!

時々こういうことがある。「虫の知らせ」というか「テレパシー」というか。
昨日、HDDを受け取ってMacに取り込みを始めたのだと言う。来年冬の撮影も残っているし、編集時間はたっぷりあるから慌てていないのだろう。それより主な用件は、ロケ中にちょっと話題になっていた、お互いの共通の知り合いの某有名プロデューサーとの飲み会の日取りの打診だった。

もう何年前になるだろう。『南極物語』『敦煌』のカメラマン、椎塚彰さんから電話があり「仕事がダブってしまったから、俺の替わりに雪の実景撮りに行ってくれ」と頼まれた。それで、そのプロデューサーの弟さんの勤める日産の営業所で4WDを借り、撮影助手と蔵原惟繕監督を乗せて富山県八尾町に行った。
宿で休んでいるとチラチラと雪が降ってきたので、二人の助手と取り敢えずという気持ちで町の実景を撮影した。雪はすぐに止んだので宿に戻ると、まだ監督とプロデューサーは寝ていたのだが、それっきり二度と雪は降らなかった。

IMAGICAでのラッシュには椎塚さんも来てくれた。主役は北大路欣也さんと高橋惠子さんだと言われていたが、なぜか本編の撮影に入れず、椎塚さんはアルメンドロスの後を追うように亡くなってしまったのだ。
葬式のとき、「椎塚さんの弔い合戦やろうな!」と言ってくれた蔵原監督も、それが果たせないうちに永い旅に出たのだった。

さて、またDVDに戻らなければならないが、これはただ好きで観ているのではない。某機関から、私が劇場で観ていない分の20枚の邦画が送られて来ているのだ。観ている邦画は撮影した作品も含めて5本しかないのだから、如何に邦画を観ていないかの証拠みたいなものだ。この中から、某国の某○○○○ー賞の某部門に送り出す作品を1本決めなければならない。

ここ数十年(はオーバーかな)送っても送ってもノミネートにすら引っ掛からなった。数年前やっと『たそがれ清兵衛』がノミネートされただけだ。3年前、これなら同賞に受けると思った『フラガール』もダメ。2年前、ならば絶対的に良い作品をと思った『それでもボクはやってない』もダメ。やっと去年『おくりびと』がノミネートされ、やれやれと思っていたら同賞を獲得してしまった。本当に嬉しかった。
この作品は予備知識無くDVDを観て(予備知識が無いということが如何に普段サボっているかという証しなのだが)ファーストカットから面白かった。「ナンナンダ、これは!タダモノではない!」と思わせる画に惹きつけられた。

某映画大国の映画はみんな、ファーストカットに工夫を凝らしている。始めにガツンと観客の心を奪わなければならない。それに比べると、今見ている映画は「始めは退屈かもしれないけれど、そのうち面白くなりますよ」的なものが多いので、映画祭には向かない。世界の映画祭では、最初の5分で、観客はどんどん出て行ってしまうのである。また、そういう映画は、最後まで観ていても面白くならないことが多いのである。それにしても外人相手に『○り○カ○誌』は無理でしょう?
でも『○も○っ○く○ない』なんかは最初から最後まで、意外と面白かったですよ。
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
2009年08月06日

『プライド』DVDデラックス版発売 5

昨年撮影した金子修介監督の映画『プライド』のDVDデラックス版が発売となった。

この映画はオペラ留学を目指す音大生ステファニーと満島ひかりが熾烈なタタカイを繰り広げる話なので、当然、二人がオペラを歌うシーンがある。
当初、金子監督は二人を3ヶ月間特訓し、本人にオペラを歌わせて、それをこの映画の「売り」にしようと考えた。ところが、本人は半分覚悟をしたものの、この計画に全ての関係者が反対した。「そんな甘いもんやおまへん!」と。
ポピュラー歌手であるステファニーは、もしかしたら歌えるようになるかもしれない。しかし、発声法が全く違うので、歌えるようになったら、今度はポピュラーが歌えなくなってしまうだろうと。

オペラコンクールで落ちていく歌手は本当に何年も練習している学生なのだから、3ヶ月練習した主役がそれ以下だったら、優勝しても映画のリアリティーが無いでしょう。プロの吹き替えだったら、声質の違いはあるかもしれないけど、発声法が違うのだから、ちょっと違って聞こえても許されるんじゃないか。『サウンド・オブ・ミュージック』のジュリー・アンドリュースだって吹き替えなんだから。

撮影中にも感じたことだけど、もちろん、映画を観てもらえれば分かることだけど、二人がステージで堂々と歌っている姿には「本物」を見る感動があるのだ。その大きな要因は「振り付け」の指導が良かったことにある。

『プライド』のピンチヒッター撮影を依頼されたとき、上野中学の同級生で、ポスターを撮ってあげたこともある青木美稚子というプロのオペラ歌手がいるので、プロダクションに紹介してあげようかとも思った。でもまあ、プロダクションだって当然、そういう人を手配しているだろうからと思い、僕は遠慮した。
そしたらドーヨ、撮影の日に現れたその人は、青木美稚子だったのである!ということは、もしかすると僕と同い年?絶対そうは見えない!ウッソー!ナンダ、この差は!
彼女の振り付け指導があってこそ、あのシーンは感動モノになったのである。

2ヶ月ほど前、青木さんからコンサートの招待状が来て、久しぶりに毎日その前を通った上野の東京文化会館に行った。
エスカレーターに乗ると、戸井十月さんから電話がかかった。「はい、高間です」と答えると、すぐ前の和服を着た旦那が振り返った。それは浅草三社祭を取り仕切る内田君だ。若い奥さんを連れている。
小ホールに入ると、同期会で会う顔が何人もいる。後ろの方には料理評論家の山本益博さん。在学中は顔を見た覚えがなかった。ベビーブームで1学年14クラスもあったからね。今回のコンサートの衣装は奥さんのデザインだそうだ。

終わって、上野駅下のイタメシ屋で打ち上げ。僕の隣には坂田明さん。この方は同期生ではありませんが、青木さんと一緒に活動したこともあるそうです。
「山本くーん、美味しいお店で同期会しようよ」と婦人部が言うと、「ウン、それじゃ京橋のサカキで」ということで、後日、フィルムセンターの向かいのレストランでフレンチグルメの同期会となったのであります。

持つべきものは友達だなあ…と改めて感じ入っていると、某国営放送の「言葉のおじさん」も同期生なんだって!
    • 4 Comment |
    • 0 Trackback |
2007年03月27日

『デスノート』前後編DVD発売! 5

デスノートDVDポスター1デスノートDVDポスター2デスノートDVDポスター3












いよいよ金子修介監督『デスノート』『デスノート the Last name』のDVDが発売となった。
渋谷駅周辺のポスターのデカイことデカイこと!
リンゴを投げている藤原竜也くんの「月」、爪を齧っている松山ケンイチくんの「L」のほか、戸田恵梨香ちゃんの「ミサミサ」も1枚ポスターになっている!
日テレのS藤プロデューサーは10枚組を出すといっていたけど、さすがに10枚にはならなかったようだ。それでもDVDが3枚、CDが1枚の堂々4枚組である!特典映像が見たいね。早く送ってこないかなぁ…。

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
DEATH NOTE デスノート the Last name
DEATH NOTE dead or alive ~映画「デスノート」をアシストする特別DVD~
DEATH NOTE デスノート
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |