日々、思う事をダラダラと…。

かけがえのない地球環境をたいせつに…。ナチュラリストおやじの戯言。

ロケハンも兼て…

blog-8327


今日はこの辺をうろついて来たのですが、相変わらず人出はものすごいですね。 人を写さないようにすると何も撮れませんな…。 面白いものを探して、怪しげな動きをするのはお手の物ですが…。 不思議な目で見られるのも、慣れてしまいました。

blog-8326
blog-8325


一般の観光の方とはカメラの向きが違います。 立っている時にしゃがみ、一人背を向けている状況です。 「何、撮ってるんですか…?」とよく聞かれます。

blog-8324
blog-8330


なぜ、浅草か…? 実は来週のロケハンも兼て、ある場所を確認しに行ったのです。 がしかし、行ってみて…残念…解体工事中で仮囲いの中でした。 

blog-8331
blog-8332


看板とかポスターとか、なんとなく昭和の匂いのするものが気になります。 

blog-8329
blog-8328

ん〜⁉︎

珍しく、ちょっと気になる事を…。
都内では比較的野鳥の数も多く、海にも近く人も疎らな場所で仕事をしています。
事務所前の広い駐車スペースには、パンクズを投げるとヒヨドリがキャッチしに来ます。
当然、スズメやハクサキレイなども集まって来ます。

いつからか、餌を入れる為のお皿が置かれました。 そこには、さらに多くの鳥達がやって来ます。
今では、仕出し弁当の残飯が入れられ、時にはお菓子やシュークリームの食べ残しがおかれています。

ど〜んより…一転。

blog-8126

午後から、ぶらっと映画など鑑賞いたしまして…そのままスナップでも撮ろうかと横浜みなとみらい近辺を歩いてみました。

blog-8124

映画館から外に出てみると、見事なまでの”ど〜んより”とした空…。 これでは、夕焼けなんてあてにできないかもしれん。 ま、それはそれで…雲でも撮りますか…!


blog-8127
blog-8130

どんよりはどんよりで…また難しい。 ビルの高さと、コントラストのある場所を切り取ることに気を使います。

blog-8131

これはこれで、なんか綺麗だなぁ…。 そうそう、きょうは三脚がないんです。 波をもうすこし平らにしたかったけど…。


blog-8132
blog-8128

おやっ…なんかいい感じになってきましたね。 でも、三脚がないんです〜。 手持ちで頑張ろっ。 夕焼けって、日没後にいちばん紅くなるって…本当だね。

blog-8133

横浜中華街…?

blog-8123

午後から夕方にかけての短い時間ですが、横浜中華街に足を運んで…写真を撮ってきました。 華やかな雰囲気と相変わらずの雑踏の中、人の気配を消して…しかも、どことなくダークなイメージを加えつつ…現実とはまったく違う世界を表現したくて…。

blog-8117
blog-8118

blog-8119
blog-8120

でも、そこにはちゃんと文化と生活感が感じられる…。 良くも悪くも、人が生きている事の証…みたいな…。

blog-8122





blog-8121

電車、撮ってみた

blog-8065
blog-8066

腱鞘炎の治療に通う道すがら…ここ横浜市内では、電車の走る景色をよく見掛けます。 普段あまりカメラを向ける事は少ないのですが、けっして被写体として興味がない訳ではありません。 この分野はもっと専門的な方が多いので、お任せしているという事でしょうか…?
相鉄も京急も、普段から馴染みのある路線です。 特に相鉄線は、新型車両のデビューも間近との事…。 今から、楽しみではあります。

なんか、街が撮りたい!

blog-8069

かれこれ両腕が腱鞘炎になって一年近くが経ちます。 さらに右手の中指がバネ指になって、すでに半年が経ちます…。 症状は、ようやく改善してきているものの…カメラも重たいものから軽いものへ、レンズも長いものから短いものへと変わってきました。
何があっても、写真だけは撮り続けたい。 こうなってみて、さらにそう思うわけです。

blog-8068
blog-8067

blog-8074
blog-8071

最も古い記憶から対比して、全く景色の変わってしまった横浜駅の東口。 まだまだ広大な空き地があって、開発の余地を残すポートサイド地区周辺…。 そして、いつ完成するのか全くわからない横浜駅舎! まだまだ、日々変化し続けそうな感じですが…。 ここの夜景は結構好きです。

blog-8072

迷う…。

blog-8013 写真が上手くなるってなんだろうね? 何を持って、上手くなったと言えるのだろう。 自己満足? それとも他人から上手いと言われる事?

何の変哲の無い風景や物事…ここに何かを見つけてそれを表現する。 見つける眼力と表現する技…。 いやいや、とても難しい。

私は単純な構成に頼りがち…。 複雑な構図は苦手なのかもしれません。 どうしても一人の主役を作りたくなります。 人の写真を見て、迷う事もしばしば…。 その度に、自分流の表現を心がける事を意識するようにしています。

町田ダリア園に行きました。

blog-7869
blog-7871

落ち着いて花の撮影をする機会が無く、時間だけがどんどん過ぎてしまいます。 本来ならば、フィールドに出て撮影したいところですが…最近は体力温存型。 そんなことで、人工的な場所に頼ります。

blog-7870
blog-7872

自然の花に比べると、人の手が入っているだけに…見た目はゴージャス。 種類も豊富…。

blog-7873
blog-7876

ダリア園だけに、ほぼダリアしか有りません。 開園時期も、その開花時期に合わせているようです。

blog-7880
blog-7879

いやいや、こんなに種類があるんですか? 花の形も様々あって、いい勉強になります。 なんか、豪快且つ粗削りなイメージの花だよね。 花言葉は、華麗・優雅・感謝・裏切り・移り気…?

blog-7888
blog-7890

今日も、暑い日です。 色を鮮やかに出したかったので、直射日光の下で撮影してみましたが…、炎天下での長時間の撮影は無理…やばいっす。

blog-7887
blog-7889

ペットボトル片手に、2時間ほどで切り上げます。 目立たない色を着てきたけど、びしょ濡れや〜。

DSC_0192
blog-7884

 

ちょっと、スナップ!

blog-7814

blog-7811
blog-7815


スタジオでの撮影を終え…、電車を途中下車。 ちょっと、荷物が重たかったけど…スナップ写真が撮りたくなりまして、うろうろと気持ちの良い汗をかいて来ました。

blog-7810

blog-7813
blog-7812


ありきたりの物、古びた物、美しくない物…これらと、どう向き合うか? やっぱ、ストレス解消になってることが実感できるね…。 

出てきた、1ペソコイン

blog-7807その昔フィリピンには、スキューバダイビングでよく行った…。 首都マニラや有名なセブはもちろん…パラワン島やミンダナオ島にも行った。 スル海のど真ん中で潜った事もある。 その時の思い出を蘇らせるように、唐突に1ペソコインが転がり出てきました。 まさに、新任のデュテルテ氏がダバオ市長に就任したばかりの時だった気がします。 大型バイクに跨って、自らパトロールに出かける事で当時も話題になっていたのを覚えています。

その時からなにかと話題の多い現職フィリピン大統領ですが、今はISの拠点封じ込めに集中しているということです。 もともと南部のミンダナオ島は言語も違い、モスレムの方達も多く、内戦が長く続いてきた場所です。 シリアから拡散したIS勢力がここに目をつけたのも分かるような気がしますが、ここは何としてもデュテルテさんに頑張ってもらいたいものです。 
QRコード
QRコード
Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
訪問者数

  • ライブドアブログ