日々、思う事をダラダラと…。

かけがえのない地球環境をたいせつに…。ナチュラリストおやじの戯言。

近所で、お散歩写真…。

DSC_7127

新型コロナ感染防止の緊急事態宣言は、取り敢えず一部解除されたものの…ここ神奈川県はまだ継続。 事態は終息した訳ではなく、外出や人との接触はまだまだ十分注意が必要だ。

DSC_7159
DSC_7186

それでもやっぱり、買い物ついでにご近所の公園に足を伸ばしてみた。 花壇があって特別に花を栽培してる訳でもなく、ガーデニングに凝った場所でもない、森の中に遊歩道が続くだけの公園。

DSC_7215
DSC_7193

しゃがんでいると、やっぱり「何か居るんですか…?」と声を掛けられる。 すいませんが、今日もひたすら葉っぱを撮っています。 何気ない道端にも、別世界があるんだよなあ…。

DSC_7133
DSC_7301

苔や昆虫のマクロ撮影は奥が深い…とよく聞きますが、その一歩手前くらい。 お手軽に入れる、静寂の世界という訳です。 しかも、細かいところまでよく出来てるよね。

DSC_7296

複雑な気持ちだなぁ…。

DSC_6612

自宅のパソコンを更新いたしまして、それを機会に写真現像ソフトも新たにLuminar4を追加しました。
長らくニコンキャプチャーNX2を使用していましたが、こちらと併用する形で使って行こうかなと思っております。 使ってみた感想は…実によくできた素晴らしいソフトです。 以上、何も言うことありません。 YouTubeなどにいろいろコメントが出ていますので、そちらをどうぞ…。

DSC_5570

ただし、写真は『真実を写すもの』と言う信念もありまして…個人的見解としては、やりすぎ注意ということでしょうか。 謳い文句通りの素晴らしい描写も、条件的にあり得ないバレバレ写真にしてしまっては意味がありません。 勿論、作品として意図的に行う…自由な発想を邪魔するものではありません。

DSC_5424

この写真のようにその地を知る者にしては、太陽はその方向には沈まない事は見れば分かります。 でも、作品としてはオリジナルよりもはるかにドラマチックな写真になっています。 良いのか、悪いのか…判断が分かれるところです。 使用上の心得…バレなきゃOK!

DSC_5594

一方、ポートレイトについては秀逸です。 ポートレイトの基本は、モデルさんをいかに美しく・可愛く引き立てるかだと思っております。 その部分に於いては、非常に簡単な操作でこちらの思いが伝わるような気がします。 慣れてくれば、もっと色々出来るのかも知れませんね。


また、仲間が…。

blog-11061

前回の作品から、少し間を開けました。 C国発Cの影響か、時間はあるけどモチベーションが上がらない。 「暇だから、プラモでも作るか…。」は、どうも当て嵌まらないようです。

blog-11060
blog-11059

今回も、メッサーシュミットでございます。 1944年、/JG11司令官 アントン・ハックル大尉(少佐)の乗機 Bf109 G-6/R6 (Hasegawa 1/48) です。 派手なマーキングやエンブレムが無い分、飛行隊司令官を示す二重くさびマークや、白く塗りつぶした尾翼の撃墜マークがかっこいいですね。

blog-11062
blog-11065

比較的、手持ちの資料が豊富にあって分かりやすいマーキングではありますが、一ヶ所だけ…カウリングの下面が黄色または機体下面色のままという食い違う資料がありました。 ここは、渋く…機体下面色RLM76としました。

blog-11064
blog-11063

お散歩写真…。

blog-11042
blog-11052

新型コロナ感染拡大防止のための緊急事態宣言発令にともない、不要不急の外出は自粛しなければなりません。 その影響で、経済活動もストップ。 社会的にもいろいろな影響が出始めています。
人との接触をなるべく控えて、まんじりともせず自宅に引き篭もる。 これが収束への早道という事になります。

blog-11044
blog-11043

blog-11047
blog-11048

そうはいっても、買い物に出無い訳には行きません。 買い物ついでに近くの公園に足を伸ばして、久しぶりのスナップ撮影をしてみました。 もちろんマスク着用のうえ、人との距離を保っての撮影を心がけました。

blog-11045
blog-11046

天気は上々…。 残念ながら、ツツジは時期が終盤…チューリップも開きすぎて絵になりません。 花に関しては、一番の時期を逃した印象です。 また、来年という事になりますね。

blog-11051
blog-11049

blog-11057
blog-11050

ただし、道端には面白いものが沢山あります。 接写リング一つあるだけで、ありきたりの世界を別世界に変えてくれます。 はじめると、結構夢中になれる訳で…一人道端にしゃがみ込みカメラを覗くオッさん…。 不審です。

blog-11053
blog-11054

blog-11056
blog-11055

古びた公園のベンチの木目…側溝のグレーチングに溜まった小石…昨年の紫陽花の残骸…などなど。 とりあえず、なんでも絵になる光や形や角度を探します。 おっと、本来の買い物を忘れるところでした。

blog-11058

出来たよ〜!

blog-11009
blog-11013


経過報告しておりました、メッサーシュミット Bf109 F-2 (Hasegawa 1/48) が完成しました。 作ったのは、1941年7月にフランスに駐留していた ハンス ハーン大尉 の使用機。

blog-11008
blog-11010


機首全体が赤く塗られているのが個性的ですが…実はイラスト以外の資料を見た事がありません。 現存する写真でもあるのでしょうか? 比較的写真資料の豊富なハーン大尉(最終・少佐)ですが…最近は黄色に塗られたイラスト資料もあったりして…本当に赤かったのでしょうか?

blog-11014
blog-11012


でも、かっこいいから…そのまま赤くしました。 フランス戦は、まだまだドイツが有利だったころ…マーキングも派手なモノが多いような気がするし…。

今週末も、籠城。

車通勤にすると、家から駐車場と会社の往復…。 感染の事を考えると、仕事上でも営業に出る訳に行かず、デスクワークと検査・出荷準備が中心となります。 こうなるとほぼ会社の人以外は、他人と会う機会がほとんど無い事になります。 なんだか、複雑な気持ち。

blog-11006
blog-11007


今週末も、自宅に引き篭もりです。 有り余る時間を利用して、前回の74式戦車の写真を撮り直してみました。 バックは自から撮影した写真のパネルを、不気味な雰囲気を作るためだけに使っています。 とりあえず、その辺にあるモノでなんでもやってみるって事で…。

電車通勤禁止!

新型コロナの感染が止まりません。 今日からしばらくの間、我が社は電車通勤が禁止になりました。 社有車を使って、乗り合いで通勤するようにとの事です。
我が社は、製造業であり配送業でもあり…現物を目の前にしての仕事となりますので、テレワークではなかなか対応が難しい職種と言えます。

正直どの情報をどこまで信用して良いのか、さっぱり判断ができませんね。 それでも自分勝手な判断は禁物…不必要な買い込みや外出など…冷静な判断と行動が大事なのでしょうね。 緊急事態宣言後も大きくそれが変わる事はありませんが、終息するまではルールに従って粛々と進めるしかありません。 

時間はたっぷり…?

DSC_0061 新型コロナの影響で、今週末は外出を自粛する方が多い事と思います。 私も今週末は引き篭もり…。 ありがたい事に、私の場合は何をしようか悩む事は一切ありません。 家事一般もさる事ながら、模型作りも含めて…他の撮影をした写真の整理やこの先の撮影プランなど…やる事・やりたい事が目白押し、時間がむしろ足りないくらいです。 普通にサラリーマンをしていると、平日にできない事はことごとく週末の時間を有効に使うしかありませんね。

まだ未完成ですが、土日の二日間でここまで仕上げました。 この続きは、また来週末という事になります。

戦車は、ほぼお初です…。

blog-10937
blog-10934

実車をわざわざ見に行くぐらい、陸上自衛隊の74式戦車が好きでして…。 模型としては、戦車はほぼ作った事がありませんでした。 あえて言えば、その昔…キャタピラーがまだゴム部品だった頃ですかね。 それが何故突然に…? 今回もYouTube先生の教えを頂きながら、ちょっといろいろ汚してみたかったんでしょうねぇ。

blog-10933
blog-10938

今回のキットはタミヤの74式戦車。 細かい作業や小さい部品が苦手…1/35というサイズがとても作りやすい大きさでした。 手持ちの資料が乏しい事もありまして、キットのまま組み立てています。 それでもさすがにタミヤさん、実車感満点に組み上がります。 前回のメッサーシュミットに比べると、古いキットなのでしょうか…多少のバリや引けが気になりますが…。

blog-10935
blog-10936

自衛隊の車両はいつも綺麗に整備されているので、ちょっと汚し過ぎなのかもしれませんが…厳しい演習の最中となれば、もっと激しく汚れるでしょうから…思い切ってやってみました。 戦車ですからね…泥んこだらけがカッコイイ。

はい、今日はここまで…。

blog-10911三連休なので、初日はプラモ作りに使おうと決め込んでおりました。

という事で、今度は気分を変えて戦車…陸上自衛隊の74式戦車 (Tamiya 1/35)です…。
陸自の戦車と言えば、ヒトマル、キュウマル、ナナヨンとなりますが…第2世代の74式は最古参…それでも、まだまだ現役です。
私はこのカメの甲羅のような砲塔の形が大好きで、ペタッと低いフォルムと相まって世界各国のどの戦車よりもカッコよく見えます。

そのせいでしょうか、張り切りすぎて一気にここまで進んでしまいました。 飛行機とはまた違った手順と感覚で、ついつい没頭してしまい時間の感覚がなくなってしまいました。 足回りは手付かず細かい装備品も未塗装です。 まだまだ先がありますが、今日はこんなところで…。
QRコード
QRコード
Archives
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ