40台の主婦の健康生活

健康に役立つ情報やおすすめアイテムを紹介します。

寒いと家から出られなくなりますね。買い物に行くのも一苦労です。
キャベツが安くなっていたので少し多めに買いました。
キャベツはビタミンCが豊富で、イソシアネートという抗ガン作用のある成分も含まれています。
意識して摂りたいものですね。

買い物に車を運転してると、ときどき変な音がします。
故障のようだけどそろそろ買い替えてもいいし…。
修理と車の買い替えとどちらがいいのか分かりません。
少し変わったカラーの車だから買い取ってもらうのも難しいかな?
まずは調べてみようと思います。

しばらくぶりの更新になってしまいました。
大寒波の影響でほんとうに寒いですね
体調を崩さないようにみなさんお気をつけ下さい。

この頃はプライベートで嬉しいことがあれば、その次には悲しいことがあったりと慌ただしい毎日です。
気持ちは負けないようにしっかりと気を引き締めていきたいと思います。

久しぶりなので今日はこの辺で。

保険の更新時期が近かったので、複数の保険会社を比較できるファイナンシャルプランナー(FP)の無料相談を受けてみました。
今のところ健康体ですが、何かあってから保険を見直していたのでは間に合いませんからね。
病気になった後に保険に入るのは難しくなりますし、保険料も上がります。


保険の見直しで大幅に保険料を削減

いま加入している保険は、知り合いの勧めで入った保険会社のもので内容もあまり気にしていませんでした。
ところがFPの方によると保障内容に不要なものが多く、更新ごとに保険料が上がるタイプだったので、かなり高い保険料を払っている状態でした。
見直しをしてもらったら保険の支払総額が50万円も少なくなり、さらに浮いた金額で保障内容を充実させることができました。
やはりモノやサービスを購入するときには比較検討することが大切ですね。相談にのっていただいた【保険の森】 のFPさん、ありがとうございました。

暑い日が続きますね。
この時期は体調を崩されることも多いと思います。

夏は1日に約1リットルの汗をかくと言われています。
汗をかいたと感じていなくとも、実はそれだけたくさんの汗をかいているのです。

汗をかくと水分を補給しますが、十分に水分補給をしているのに「だるい」「食欲がない」といった感じを覚えることがあります
これは汗と一緒に、体に必要な「ミネラル」も出てしまっているからだと言われています。
ミネラルには、カルシウムや鉄、ナトリウムなどが含まれます。
これらは身体にとって欠かせない成分ですが、知らず知らずのうちに汗と一緒に出てしまうと体調不良を起こしてしまいます。


夏におすすめのミネラルを含んだ食材


夏の食事には、ミネラルを含んだ食材を食べることを気をつけるといいでしょう。
おすすめの食材は主に3つのタイプに分けられます。

・汗を抑えると言われる「酸味」の食材
 酢、梅干し、トマトなど

・冷房などの寒さから守ると言われる「温性」の食材
 にんにく、にんじん、ねぎなど

・身体を整える「甘味」の食材
 卵、とうもろこし、かぼちゃなど

これらの3つの食材をバランスよく取って、夏バテしない身体を作ってみませんか。

ブログネタ
ジムに通ってます に参加中!
私は30歳を過ぎる頃から健康を意識するようになり、ジムに通い始めました。
やっぱり適度に運動をするようになってからは体調も良くなり、大きな病気なることもなく現在に至っています。

ジムのトレーナーから聞いた、運動、主にダイエットに関する注意点を3つご紹介します。


水分を摂ることはとても重要


昔の体育会系の部活動では、水分を摂らない過酷な訓練をしていることがありました。

これは今では間違った方法だと言われていますが、私はジムに通い始めた時は、運動時にほとんど水分を摂取していませんでした。

ですが、これはダイエットの観点からすると大きな機会損失です。

トレーニング中に水分を摂取することで、汗が出やすくなります。

その汗と一緒に老廃物や脂肪も体外に出されるのです。

運動でダイエットをしている方には必須の知識だと思います。


有酸素運動は筋トレの後にする


ジムでのトレーニングというと、筋トレの他にウォーキングやジョギングといった有酸素運動をイメージされる方が多いと思います。

筋トレは無酸素運動です。人間の体は無酸素運動をすることで成長ホルモンが出ると言われています。成長ホルモンは脂肪の分解を促進させ、ダイエットに繋がります。

無酸素運動を長く継続することで、体は非常に酸素が欲しくなります。つまりこの状態からジョギングなどの有酸素運動をすることで、より効率的に成長ホルモンが出るようになります。


運動をしても食事の内容を変えないと大きな効果は出ない


ダイエットには、脂肪と炭水化物を減らさないといけません。
脂肪は想像がつくと思いますが、ご飯やパンなどの炭水化物も減らす必要があるなんて驚きでした。

炭水化物というと分かりにくいですが、糖質+食物繊維のことを指しています。
つまり炭水化物は糖質であり、食べ過ぎると血糖値が上がることになります。

ダイエットを目的としているのに、血糖値が上がる生活をしていてはいけませんね。
食べ物の種類にもよく気をつけるように教わりました。


ジムを利用する際に気をつける点はたくさんありますが、ダイエット目的の方はこれらに気をつけてくださいね。

↑このページのトップヘ