「玄米を食べるのは、おもに皮と胚芽から栄養素をとるためである。だから、玄米じたいを食べなくても、他の方法で穀物の皮と胚芽を食べればよい。そうすれば、ビタミン、ミネラル、繊維質がとれるのである。」
これは、1−5で書いたものである。大事なことだと思ったので再度のせた。
1−5では、玄米に代わるものとして、いくつか並べておいた。しかし、情報がたりないと思ったので、発芽(はつが)玄米と玄米粉について紹介することにした。

〔発芽玄米〕
・玄米をほんの少し発芽させ、やわらかくした米。
・やわらかいので玄米よりかむ回数が少なくてすむ。
・白米に混ぜてたくのが普通。電気ガマで簡単にたける。
・私が食べた感じでは、けっこう歯ごたえがあった。
・米を売っている店には、たいてい売っている。

〔玄米粉〕
・リブレフラワーという商品名で市販されている。
・リブレフラワーは玄米を高熱で煎(い)って微粉末化したもの。
・10〜30g食べれば玄米食の効果がある。
・微粉末のため、そのまま飲食することができる。旅行などにもっていき、お湯に入れて飲めば玄米食の効果が得られる。
・スープやシチューに加えたり、パンやクッキーの素材にもなる。
・離乳食や老人食にも利用できる。
・製造元は螢轡リオMA(03−5511−8871)。
・自然食品店、デパートや大手スーパーの自然食品コーナー、一部の薬局などで購入できる。
・便利すぎるくらい便利であるが、料理に入れると、入れた人しか玄米粉が入っていることを意識できない。