2016年11月29日

健口通信 平成28年 12月 / 平成29年 1月号

   歯医者に来て自分の健康を考える〜院長 鈴木 政弘〜 

冷たい雨に落ち葉が濡れ、日ごと寒気加わる季節となりました。これから師走を迎え、何かと忙しい毎日かと思いますが、皆さま体調を崩されることなく、お元気に、また楽しく過ごされることを祈っております。

振り返りますと、今年もあっという間の一年でしたが、心配しておりましたスタッフの人数減少による影響は、私が感じる部分では少なく済んで安心しております。それでも、私の治療の予約や土曜日の診療予約が思うように取れず、お困りの方もおられると思います。その点は大変申し訳なく思いますが、小さい医院故の制限があり、ご容赦願いたいと思います。一方、贔屓目かもしれませんが、スタッフの対応はしっかりやってくれているというのが私の感想です。経験の浅い者が多く少人数ながらも、忙しい状況でもチームワーク良く対応し、患者さんに対して真心を込めて、一生懸命仕事をしてくれていると感謝しています。

そんな患者さん想いのスタッフが、来院される方々により一層喜んでいただきたいという想いで始めてくれたのがフェイシャルメンテです。好評のようです。「歯医者で顔も?」と思われるかもしれませんが、歯医者が昔とは違うイメージの場所に変わりつつあるのは事実です。先日、日本経済新聞に「糖尿病を予防したければ歯医者へ行け」という記事が載っていました。歯周病が糖尿病の要因になっていることから、歯のケアをすることにより血糖値が下がり糖尿病の予防につながるという内容でした。この記事は閲覧週間ランキングで3位だったそうで、関心が高かったことがうかがわれます。

その記事の中で、内科医は検査データばかり重視する傾向があるが、歯科医は目や手で感じる治療をしていると内科医自身が言ってくれています。とても嬉しく思いました。口幅ったいですが、「お口の中をみれば健康状態や気質までわかる」というのは真実だと思います。ただし、私はまだまだ・・ですので、これからも精進して参ります。

 

◆ 12 ・ 1 月のお知らせ 

  1. 年末年始の診療日程は下記の通りです。

    年内は、12月28日()の午前中までです。午後からは休診となります。

    年明けは、1月4日()より通常通り診療致します。

     

  2. 12月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、         

    10日(土)勝見祐二先生                           

    17日(土)斎藤太郎先生      となります。       

    1月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、

    14日(土)勝見祐二先生

    28日(土)斎藤太郎先生      となります。 

     

◆ 12 ・ 1 月のおすすめ
   
ルシェロフロス
ビビッドなクリアカラーでカワイイ見た目とウラハラに、圧倒的なプラーク除去率を誇るのがこちら、ルシェロフロス。
その除去力の高さのヒミツは、1400本ものマイクロファイバー。プラークを繊維内にしっかりと絡め取り、除去することができます。この繊維、1本の細さはなんと髪の毛の1/100!!そのためとてもやわらかく、しなやかな使い心地。ミントワックス付きで、歯間にもスムーズに挿入できます。歯ブラシだけでは落としきれない歯と歯のあいだのお掃除には、ルシェロフロスが打ってつけです◎優秀な相棒を添えて、キレイな歯で新年を迎えましょう。 



木・日曜、祝祭日は休診です。お約束の日時にお越しになれない場合は、お分かりの時点でお早めにご連絡くださいますようよろしくお願い申し上げます。




kenko_smile at 14:23|PermalinkComments(0)

2016年09月30日

健口通信 平成28年 10・11 月号

  • 歯医者に来て自分の健康を考える〜院長 鈴木 政弘〜 

    今年はリオデジャネイロオリンピックがあったお陰で夏をいつも以上に楽しむことができた気がします。パラリンピック閉幕とともに一気に秋に変わった感じで、明るいうちに帰宅できていたのが、今はすっかり真っ暗、毎年こんな急だったっけ?と、そんなはずないのでしょうが、今年は夏から秋への変化が唐突だった気がしますが私だけ? 

    これから秋本場、私は今年は読書の秋でいこうと思います。皆様もそれぞれの秋、存分にお楽しみ下さい。

    先号では、小学校の歯科検診に行くと、子供達の虫歯は減少しているものの、歯肉炎や不正咬合が増加しているのが心配だという事をお伝えしました。

    新潟大学の新入生の歯科検診の結果で、矯正の専門医から診て、歯並びに問題を認めない学生の割合が報告されているのですが、どれ位だと思いますか? 実は、5%いないのです。これでは不正咬合が普通で、正常咬合が異常?といったおかしな事態となっています。 周りも歯並びが悪いので自分の歯並びがおかしくともあまり気にならず、歯並びが良いのは、アイドルや芸能人など特別な人達といった意識になっているかもしれません。

    歯並びの治療は、虫歯の治療と違い、一般の歯科医にはできません。小児歯科医でも確実に矯正治療ができるとは限りません。開業当初、歯並びの問題を相談された時には、矯正専門医を紹介しておりました。医院を変えるというのはハードルが高いのか、紹介しても必ずしも受診されないという問題があったため、開業5年目から矯正専門医を雇い、昨年からは、新潟大学矯正歯科で長年の臨床経験を有する小栗先生に勤務してもらっています。

    乱れてしまった歯並びの治療は、残念ながらすべての人が受けることはできません。歯並びが悪くならないよう何とか予防できたらと常に念じてきました。しかし、虫歯予防とは比較にならない位、大変難しい課題です。それでも、小栗先生とともに、この課題に挑戦し、克服していきたいと思います。

     

  • 10 ・ 11 月のお知らせ 

  1. 10月8日(土)は学会のため、小児歯科がお休みになります。

    他の診療・口腔外科の診療は、通常通り行います。

     

  2. 10月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、         

    8日(土)勝見祐二先生                           

    22日(土)斎藤太郎先生      となります。       

    11月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、

    5日(土)勝見祐二先生

    19日(土)斎藤太郎先生      となります。 

     

  • 10・ 11 月のおすすめ

    ワンタフトブラシ★プラウト

    歯みがきに大切なのは、ブラッシングの時間や回数だと思われがちですが、実は 『みがき残しをなくすこと』 なのです。

    いかに効率よく磨き残しを減らすか・・そこで役に立つのが、ワンタフト(1つの毛束)ブラシ「プラウト」です。プラウトは通常のワンタフトブラシと比べて、毛の本数が倍以上!また、毛先に段差がなくなめらかになっているので、歯と歯のスキマにしっかり入り、落としにくい部分の汚れも除去することができます。

    そして、柄の角度にもこだわりがあります。口の動き・開け方を徹底的に分析して、自然に毛先をあてることができる角度を追究しました。『かゆいところに手が届く』気持ち良さを感じてください!一度使ったらヤミツキになりますよ◎

     

     

    木・日曜、祝祭日は休診です。

    お約束の日時にお越しになれない場合は、お分かりの時点でお早めにご連絡くださいますようよろしくお願い申し上げます。



kenko_smile at 11:45|PermalinkComments(0)

2016年07月30日

健口通信 平成28年 8・9 月号

   歯医者に来て自分の健康を考える〜院長 鈴木 政弘〜 

梅雨が明け本格的な夏の到来ですね。今年の新潟は大雨はなかったものの梅雨空の日が多かったような気がします。しかし梅雨前の天候が良かったそうで農作物の出来はまずまずとの事。患者さんから頂いた赤塚のスイカ、とても甘くシャキシャキしていて大変美味しかったです。夏は果物に野菜、とても美味しいですよね。たくさん食べて滋養と潤いをつけ、暑い夏を乗り切りましょう。それと熱中症対策、こまめな水分補給と体調管理に心を配り、油断せずお元気にお過ごし下さい。

新潟県の12歳児の虫歯本数が全国最少で16年連続日本一を記録したというニュースがありましたが、何本かご存知ですか。平成二十七年歯科疾患実態調査によると、12歳児の一人平均むし歯数、全国平均が0.9本に対し、本県は0.4本でした。また、4人に3人はむし歯が1本もありませんでした。私が大学に入学した昭和55年、当時は12歳児の90%以上がむし歯をもち、一人平均むし歯数が5本以上という状況でしたので、30数年の間に12歳児のむし歯は10分の1以下に激減したということになります。

毎年の学校歯科検診の現場でむし歯の少なさは実感しておりますが、手放しで喜べる心境にはなれません。それは、むし歯がきわめて多く養育環境に原因があると思われる児童が一部にいること、むし歯はないが歯肉炎を有している児童がきわめて多いこと、歯並びの良い児童がきわめて少ないことを目にしているからです。

むし歯数の減少が、子供達が歯磨きをしっかりして自分の歯を守る予防行動を自立して行った結果なら良いのですが、実際は家庭での親の強い予防意識によって実現できたものと考えられます。その証拠に、低学年の児童より親の手が離れる高学年の児童に歯肉炎が目立ちます。

子供達の歯の健康を守り育てる事が生涯の健康に大きな影響を与える事がわかっています。かかりつけ歯科医院の最も大切な仕事の一つと考えます

 

   8 ・ 9 月のお知らせ 

   夏季休業期間は以下のとおりです。

8月10日()午前のみ診療、午後休診

8月11日()〜8月15日()

8月16日()より通常通り診療いたします。よろしくお願い致します。

 

   8月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、         

6日(土)勝見祐二先生                           

20日(土)斎藤太郎先生      となります。       

9月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、

10日(土)勝見祐二先生

17日(土)斎藤太郎先生      となります。 

 

   8・ 9 月のおすすめ

リラックマキシリトールグミ

美味しくてお口の健康を守るキシリトール製品の中でも、お土産としてとってもおすすめなのがこちら!

かわいいリラックマパッケージの、リラックマキシリトールグミです。弾力のあるヨーグルト味のグミの中には、プル〜ンととろけるイチゴグミ。やみつきになる食感&おいしさです!もちろんノンシュガー、虫歯の原因になる糖類は一切不使用です。

キシリトールは砂糖と同じくらいの甘みがあるのに、砂糖より低カロリーだってご存知でしたか?

甘い、低カロリー、虫歯菌を抑制する・・・血糖値も上昇しにくいので、カロリー制限のある方や妊婦さんにもおすすめです。

ご自身へのご褒美にも、贈り物にもぴったりです★通年取り扱っておりますので、どうぞお試しください!

 

木・日曜、祝祭日は休診です。

お約束の日時にお越しになれない場合は、お分かりの時点で早めにご連絡くださいますようよろしくお願い申し上げます。




kenko_smile at 14:38|PermalinkComments(0)