2017年11月29日

健口通信 平成29年 12月 / 平成30 1月号

  • 歯医者に来て自分の健康を考える〜院長 鈴木 政弘〜 

    今年の新潟の晩秋はあまり天候に恵まれず、寒い日、時雨れる日が多く、特に日曜は決まって冷たい雨だったような気がします。冬の訪れも早そうで、例年より早くタイヤ交換をしなくてはと気が急いています。ただ、魚沼からの患者さんが、庭で見つけたカマキリの巣が低い所にあったので今年は小雪ではと話されていました。ぜひこのカマキリさんの予想が当たり、今年も大雪から免れると良いですね。

    この時期、毎度の事ですが、一年の時の速さに驚かされます。皆様は良い一年お過ごしになられましたか?

    医院は、お陰様で無事運営された気が致します。メンバーも安定し、秋には新しく歯科衛生士木下さんを迎えました。二、三年前は、新しいメンバーばかりで、滞りなく診療を続けるだけで精一杯という時期も正直ありました。しかし、そうした困難を今のスタッフはチームワーク良く乗り越え、逞しく成長してくれました。現在は医院の更なる進化のために、自己成長に努めてくれています。

    医院の更なる進化とは何か?第一に、来院される皆様の本当にお役に立つ事、喜んでいただく事、そしてその質を常に向上して行く事だと思います。

    歯とお口の健康を守り育てることが、全身の健康につながり、人生の幸せと結びつくものであることは、決して大げさな物言いではないことが理解されてきています。以前ご紹介した糖尿病内科医の西田亙先生は、「歯医者さんは、身体を清めてもらう神社のようなもの。口から来る穢れを清めれば肺炎にもならず血糖値も下がる」と言ってくれています。

    真の歯とお口の健康は、子供の時から、更に言うとお母さんのお腹の中にいる時から考える必要があります。「言うは易く、行うは難し」で、真の小児歯科医療はとても難しく、当院でも十分できていないのが実状ですが、今後の最重要課題として位置付けております。皆でしっかり取り組んで参ります。

     

  • 年末年始の診療のお知らせ

    年内は、12月28日()の午前中まで診療しております。

    12月28日()午後から、1月4日()まで休診です。

    新年は、1月5日()より通常通り診療いたします。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

     

  • 12 ・ 1 月のお知らせ 

12月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療予定は、         

2日(土)勝見祐二先生                           

16日(土)山田瑛子先生      となります。       

1月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、

13日(土)勝見祐二先生

27日(土)山田瑛子先生        となります。 

 

  • 12・ 1 月のおすすめ

    ★歯医者さんのキシリトールチョコレート★

    お待たせしました!冬季限定、大人気の虫歯にならないチョコレートが入荷いたしました★

    砂糖不使用、甘味料としてキシリトール100%。歯磨きのあとや就寝前でも、糖尿病の方にも安心してお召し上がりいただける美味しいチョコレートです。食後に摂取すれば、お口の中の虫歯菌の繁殖を防ぎ、虫歯の発生率を抑制できることが期待されます。美味しくて、お口にも体にもやさしいチョコレート。売り切れて入荷待ちになることもしばしば?!

    今だけのこの時期にぜひ、お試しください!!

     

    木・日曜、祝祭日は休診です。また、基本的に第一金曜日も休診となります。

    お約束の日時にお越しになれない場合は、お分かりの時点でお早めにご連絡くださいますようよろしくお願い申し上げます。



kenko_smile at 10:34|PermalinkComments(0)

2017年09月30日

健口通信 平成29年 10月 / 11月号

  • 歯医者に来て自分の健康を考える〜院長 鈴木 政弘〜 

    日暮れの早まりとともに朝晩めっきり涼しくなり秋を実感する季節となりました。虫の音が心地良く、秋の夜長を読書や音楽など文化的に愉しみたいところですが、夏から続くビールに枝豆の習慣から脱却できず、虫の音を味わう間もなく、睡魔に負け早々に眠りに落ちる日々を過ごしております。ダメですね・・皆様はもっとしっかり秋を楽しまれていることと思います。楽しい思い出のお裾分けが聞けたら幸せです。私も秋の楽しみ、色々見つけ報告したいと思います。

    お口の中には数百種類、数千億個もの細菌が棲息していること、それらの細菌群によって虫歯、歯周病が引き起こされていることを先号でお伝えしました。歯周病の原因になる菌は100種類以上と言われていますが、共通に空気を嫌う性質があります。そのため、歯周病菌は空気が届きにくい場所を求めます。その格好の場所が、歯と歯茎の間の溝、歯周ポケットです。健康な状態であっても1、2ミリの溝があるのですが、この隙間に入り込んだ歯周病菌が毒素や酵素を分泌します。これらに抵抗し、身を守ろうと体の方では免疫細胞を集めて戦いを挑み、炎症が起こります。初期段階では歯茎の腫れだけで歯肉炎の状態です。歯肉炎からさらに進むと歯を支える骨(歯槽骨)にまで炎症が及び、これを歯周炎と言います。歯周炎では歯槽骨の破壊も起こっていて、これは炎症や歯周病菌が出している毒素から逃れるために自分自身が汚染された骨を排除している現象で、免疫反応によるものです。骨が溶けると歯周ポケットが深まって歯周病菌はどんどん増殖して骨の吸収がさらに進み、歯を支える力が弱まって歯がぐらつくようになります。

    歯周病が細菌感染症であり、歯周炎という炎症が実体であることを理解する必要があります。口の中の病気、歯周病が身体全体の健康に影響することを説明するのに、「炎症」がキーワードとなります。次号以降で説明していきたいと思います。

  • 10 ・ 11 月のお知らせ 

10月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、         

14日(土)勝見祐二先生                           

28日(土)山田瑛子先生      となります。       

11月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、

4日(土)山田瑛子先生

11日(土)勝見祐二先生        となります。 

 

  • 10・ 11 月のおすすめ

    EO水〜電気分解酸性水〜★

    水に少々の塩を加え、特殊な電気分解を行うことにより、『EO水』は生まれます。

    EO水には、病原微生物を素早くやっつける力があります。また、薬品とは異なり、有機物に触れると普通の水に戻るので残留性もなく、人や環境にとってもやさしいのです。

    当院では器具類の洗浄や、またうがい薬として使用しております。ご自宅用にお買い求めいただくことも可能ですので、どうぞご利用ください。(500mlの専用遮光容器に入れてお渡しします。冷蔵庫で1カ月保存できます。)

    これからの季節、風邪の予防にうがい薬としてぜひ、お役立てください★

    ※飲み物ではありません。人体には無害ですが、多少のにおいと酸味がありますのでご注意ください。

     

    木・日曜、祝祭日は休診です。2017年4月より、基本的に第一金曜日も休診となります。

    お約束の日時にお越しになれない場合は、お分かりの時点でお早めにご連絡くださいますようよろしくお願い申し上げます。



kenko_smile at 14:32|PermalinkComments(0)

2017年08月01日

健口通信 平成29年 8月 / 9月号

◆歯医者に来て自分の健康を考える〜院長 鈴木 政弘〜 

梅雨明けが遅れ蒸し暑さの続く今年の新潟ですが、皆様はお元気にお過ごしでしょうか?7月は九州で豪雨、新潟でも大雨が続き、診療中に携帯の非常アラームが鳴るということが何度もありました。いつどこで起こってもおかしくない自然災害の恐怖と隣り合わせに過ごしている危うさを感じさせられました。一方、7月24日、この日が東京オリンピックの開催日であることを知り、3年後に迫った夢の祭典、どの競技を見に行こうかなと、現実的にとても楽しみに感じられるようになってきました。出場を目指す若い人々は3年の間にとてつもない成長を遂げると思います。ただ傍観者として楽しむだけでなく、自分自身も成長という言葉を意識して過ごし、3年後を迎えたいと思いました。
歯の健康が生涯の健康につながる事をお伝えしていますが、「口は命の入り口、心の出口」という言葉を以前ご紹介したことがあります。口は消化管の入り口であり、水・栄養・空気を摂取して命の源を作り出し、身体を作っています。それと同時に、細菌などの有害なものも取り込んでいます。
大人の口の中には数百種類以上の細菌がいると言われています。唾液中や舌・頬粘膜にもいますが最も棲息しているのが歯の周りです。毎日しっかり歯を磨いている人の口の中は1000億〜2000億、あまり磨かない人は4000億から6000億、ほとんど磨かない人は1兆個以上もの細菌が棲みついていると言われます。
歯についた細菌同士が集まってスクラムを組んだ状態にあるのが歯垢であり、プラークとも呼ばれています。1ミリグラムのプラークに1億個以上の細菌が存在します。まさに歯糞です。 
この細菌群に蝕まれることによって虫歯となり歯周病となるのですが、歯だけに留まらず、全身にも様々な影響を及ぼしている事が次々と明らかとなっています。当院では顕微鏡で自分の口のバイ菌を見てもらっていますが、まだの方はぜひ一度見てみて下さい。

8 ・ 9 月のお知らせ 

   
夏季の診療時間について

    
8月4日()と、10日()は診療いたします。10日()の最終受付は17時です。
    
11日()から17日()までは夏季の休診となります。
    
8月18日()より通常通り診療いたします。
    
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。
  
  
 8月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、         
    
    
5日(土)山田瑛子先生                           
    
24日(土)勝見祐二先生      となります。
       
    
9月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、
   
    
9日(土)勝見祐二先
    
30日(土)山田瑛子先生        となります。

8・ 9 月のおすすめ

MIペースト★
私たちの歯は、ミネラルからできています。食事をすると、食べ物の中の糖から酸が作り出され、歯のミネラルは少しずつ溶け出してしまいます。ミネラルが溶け出して、目で見てもわかる穴が空いてしまった状態が虫歯なのです。
MIペーストは、酸性になったお口の中を中性に戻す効果があります。そしてたっぷりのミネラルを歯に補うことができます。
ミント・バニラ・ヨーグルト・ストロベリー・メロンと、豊富な5つのフレーバーからお選びいただけます。お子様にも使っていただけますので、ご家族みなさんで歯のミネラルパックを始めてみませんか?  
※牛乳由来成分が入っていますので、アレルギーの方はご注意ください。

木・日曜、祝祭日は休診です。2017年4月より、基本的に第一金曜日も休診となります
お約束の日時にお越しになれない場合は、お分かりの時点でお早めにご連絡くださいますようよろしくお願い申し上げます。

kenko_smile at 14:18|PermalinkComments(0)