2017年04月03日

健口通信 平成29年 4月 / 5月号

◆歯医者に来て自分の健康を考える〜院長 鈴木 政弘〜 

春を前にしてなかなか暖かくならず、足踏み状態といった感じの新潟市ですが、ふと見回すと、足元には早春を告げる花々がちゃんと咲いており、木々には新芽が芽吹いています。どこからか小鳥が楽しそうにさえずる声も聞こえ、春はすでにしっかり訪れていることに気づかされる今日この頃です。
新しいことを始めるのにちょうど良い新年度を迎えますが、皆様は何か計画されていることはおありですか?当院では、四月よりいくつか新しいチャレンジを行う予定ですが、特に子供達に今まで以上にしっかりとした取り組みを行っていきたいと考えております。大学の小児歯科からの応援も、土曜日に加えて、月2回水曜日の午後を当てます。子供達への対応は治療より予防が重要です。虫歯予防自体はそれほど難しくありませんが、きれいな歯並びに育てる事はとても難しく、医院の力が試されるところです。小栗先生を中心に一歩ずつ歩みをすすめて参ります。
先号でお約束しました、歯の健康が全身の生涯の健康につながる理由についての説明ですが、今回は、「歯が良いと医療費が少なくて済む」という耳寄りなお話です。厚生労働省で集積されている医療機関からの診療報酬の情報があるのですが、そのビッグデータを分析し、歯周病病名保有患者における歯の数と医科医療費の関連を検討したところ、歯の数が多い者ほど医科医療費が少ないことが明らかとなりました。これまでも地方から、例えば、香川県で、20本以上の人の年間医科医療費が35万5688円だったのに対し、4本以下の人では60万8740円と1・7倍になること等が報告されていましたが、ビッグデータから全国的な事実であることが証明されました
今回の説明は、歯の健康が全身の生涯の健康につながる直接的な理由ではありませんが、「歯の健康は、身体にもお財布にもやさしい」というのは大きなモチベーションとなるのではないでしょうか?次号以降はもっと学術的な理由についてお話したいと思います歯の健康が生涯の健康につながる理由を、今後分かり易く整理して説明し、お伝えしていこうと思います。

◆4 ・ 5 月のお知らせ 


4月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、         

8日(土)勝見祐二先生                           

22日(土)山田瑛子先生      となります。       


   5月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、

13日(土)勝見祐二先生

27日(土)山田先生      となります。 

 

◆4・ 5 月のおすすめ

歯の美白、ホームホワイトニング★
輝く白い歯を手に入れたい!と思いませんか?
何度も通院しなくても、ご自宅での空き時間を使って手に入るってご存知でしたか?
それは、ホームホワイトニング!歯の型取りをして自分専用のホワイトニングトレーを作り、ジェルを入れてピタッとはめるだけ!掃除をしながら、テレビを見ながら、お家で歯の美白ができちゃうんです
スタッフも始めています!新しい季節、自分磨きに歯の美白も取り入れてみませんか?
  ★  
型取りからトレーのお渡しまで10日前後お時間を頂きます。
 
★★    ホワイトニングセットにはジェルが2本入っております。1本で約7回分です。ジェルは追加購入が可能です。
 ★★★ 1日2時間を目安に、まずは2週間チャレンジ!
※歯のホワイトニングは自費診療になります。詳細はスタッフまでお気軽にお問い合わせください。


木・日曜、祝祭日は休診です。2017年4月より、基本的に第一金曜日も休診となります
お約束の日時にお越しになれない場合は、お分かりの時点でお早めにご連絡くださいますようよろしくお願い申し上げます。

kenko_smile at 17:58|PermalinkComments(0)

2017年01月31日

健口通信 平成29年 2月 / 3月号

◆歯医者に来て自分の健康を考える〜院長 鈴木 政弘〜 
新しい年を迎え、早ひと月、新潟市にもやはり結構な雪が降り、寒い日が続いて新潟らしい冬となっています。さらなる大雪やインフルエンザの流行など心配はありますが、もう少しの辛抱です。着実に陽は明るくなって春の足音を感じます。鍋などで冬ならではの味覚を楽しみつつ、うがい・手洗いに朝一番の歯磨きを加えてインフルエンザを防ぎ、元気に春を迎えましょう。
皆様にとって頼りになる「かかりつけ歯科医院」を目指し、情報伝達に努めているつもりですが、最近歯科の重要性を伝える記事を多く目にするようになり、歯の健康が生涯の健康につながるということを知っている方が増えているように感じます。やはり高齢者が多くなり、人生を楽しく元気に過ごすため、健康に関心を寄せる方が非常に多くなっているからだと思います。「全世界で最も蔓延している病気は歯周病である」と歯周病は地球上で一番多い病気としてギネスブックに登録されています。日本でも成人の約8割がかかっているとされ「国民病」と言ってもよい病です。しかしながら、平成26年の厚生労働省の調査で、一日に全国の歯科に歯周病で通院する患者数は42万8200人で、高血圧症の外来患者数56万6800人と比較すると少ないという事実があります。
歯周病はサイレントディジーズ、「もの言わぬ病」とも言われます。自覚症状のないままに進み、痛みの自覚症状に気づいた時には、病気が進行していて、治療が難しくなっている場合があるので厄介です。歯周病は、歯と歯肉の間にある隙間、歯周ポケットから細菌が侵入し、歯を支えている骨を溶かしてしまう病ですが、その実態は細菌による歯周組織の感染症です。細菌と慢性炎症がキーワードとなり、歯周病は身体全体に影響を及ぼしていることがいろいろわかってきました。
歯の健康が生涯の健康につながる理由を、今後分かり易く整理して説明し、お伝えしていこうと思います。

◆2 ・ 3 月のお知らせ 


2月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、         

4日(土)勝見祐二先生                           

25日(土)斎藤太郎先生      となります。       


      3月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、

11日(土)勝見祐二先生

25日(土)斎藤太郎先生      となります。 

 

◆2・ 3 月のおすすめ

 
歯ブラシ ルシェロ & ピセラ
スタッフも愛用中、磨きやすさ抜群のおすすめ歯ブラシ、ルシェロ&ピセラ(ルシェロのコンパクトサイズ)
歯ブラシ『ルシェロ』には、こだわりがいっぱいです!
奥歯に届きやすいネックの角度、そして持ち手には逆の角度をつけて、前歯も磨きやすく設計されています。
また、長い毛と短い毛を段差で植毛することで、歯と歯の間・歯の表面もしっかり磨けます。
さらに、先端に山切りカットの集中植毛!ワンタフトブラシのように、ピンポイントで汚れをかきだします。
そして、虫歯予防に最適なベーシックタイプと、歯周病予防に最適なペリオタイプをご用意。
ベーシックタイプは、長短のラウンド毛が効率的にプラークを除去。ベタベタ汚れもしっかり落とします。
ペリオタイプは、長い毛が先の細いテーパー毛。歯周ポケットにやさしく入り、スキマの汚れを除去します。
女性や10代の方には、コンパクトなルシェロ『ピセラ』シリーズがおすすめ。
お薬を症状に合わせて選ぶように、歯ブラシもお口の大きさやお悩みに合わせて、自分に合った1本を見つけてみましょう!さあ、あなたはどのルシェロ?

木・日曜、祝祭日は休診ですお約束の日時にお越しになれない場合は、お分かりの時点でお早めにご連絡くださいますようよろしくお願い申し上げます。

kenko_smile at 17:35|PermalinkComments(0)

2016年11月29日

健口通信 平成28年 12月 / 平成29年 1月号

   歯医者に来て自分の健康を考える〜院長 鈴木 政弘〜 

冷たい雨に落ち葉が濡れ、日ごと寒気加わる季節となりました。これから師走を迎え、何かと忙しい毎日かと思いますが、皆さま体調を崩されることなく、お元気に、また楽しく過ごされることを祈っております。

振り返りますと、今年もあっという間の一年でしたが、心配しておりましたスタッフの人数減少による影響は、私が感じる部分では少なく済んで安心しております。それでも、私の治療の予約や土曜日の診療予約が思うように取れず、お困りの方もおられると思います。その点は大変申し訳なく思いますが、小さい医院故の制限があり、ご容赦願いたいと思います。一方、贔屓目かもしれませんが、スタッフの対応はしっかりやってくれているというのが私の感想です。経験の浅い者が多く少人数ながらも、忙しい状況でもチームワーク良く対応し、患者さんに対して真心を込めて、一生懸命仕事をしてくれていると感謝しています。

そんな患者さん想いのスタッフが、来院される方々により一層喜んでいただきたいという想いで始めてくれたのがフェイシャルメンテです。好評のようです。「歯医者で顔も?」と思われるかもしれませんが、歯医者が昔とは違うイメージの場所に変わりつつあるのは事実です。先日、日本経済新聞に「糖尿病を予防したければ歯医者へ行け」という記事が載っていました。歯周病が糖尿病の要因になっていることから、歯のケアをすることにより血糖値が下がり糖尿病の予防につながるという内容でした。この記事は閲覧週間ランキングで3位だったそうで、関心が高かったことがうかがわれます。

その記事の中で、内科医は検査データばかり重視する傾向があるが、歯科医は目や手で感じる治療をしていると内科医自身が言ってくれています。とても嬉しく思いました。口幅ったいですが、「お口の中をみれば健康状態や気質までわかる」というのは真実だと思います。ただし、私はまだまだ・・ですので、これからも精進して参ります。

 

◆ 12 ・ 1 月のお知らせ 

  1. 年末年始の診療日程は下記の通りです。

    年内は、12月28日()の午前中までです。午後からは休診となります。

    年明けは、1月4日()より通常通り診療致します。

     

  2. 12月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、         

    10日(土)勝見祐二先生                           

    17日(土)斎藤太郎先生      となります。       

    1月の新潟大学口腔外科からの出張医の診療は、

    14日(土)勝見祐二先生

    28日(土)斎藤太郎先生      となります。 

     

◆ 12 ・ 1 月のおすすめ
   
ルシェロフロス
ビビッドなクリアカラーでカワイイ見た目とウラハラに、圧倒的なプラーク除去率を誇るのがこちら、ルシェロフロス。
その除去力の高さのヒミツは、1400本ものマイクロファイバー。プラークを繊維内にしっかりと絡め取り、除去することができます。この繊維、1本の細さはなんと髪の毛の1/100!!そのためとてもやわらかく、しなやかな使い心地。ミントワックス付きで、歯間にもスムーズに挿入できます。歯ブラシだけでは落としきれない歯と歯のあいだのお掃除には、ルシェロフロスが打ってつけです◎優秀な相棒を添えて、キレイな歯で新年を迎えましょう。 



木・日曜、祝祭日は休診です。お約束の日時にお越しになれない場合は、お分かりの時点でお早めにご連絡くださいますようよろしくお願い申し上げます。




kenko_smile at 14:23|PermalinkComments(0)