コラム

こんにちは。薄毛克服情報のKenkosapriです。

私のブログを簡単にサーフィンしていただけるようナビゲーションメニューを作成しました。是非ご利用ください。

興味あるタイトルをクリックして下さいネ!

■薄毛知識
 髪とは
 薄毛とは
 薄毛の4大要因
 女性の薄毛
 女性の薄毛治療
 薄毛の遺伝は本当か?
 薄毛・抜け毛のセルフチェック
 抜け毛の防止と毎日のケアとストレス発散
 円形脱毛症の症状と治療
 脂漏性脱毛症
 粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)
 びまん性脱毛
 トリコチロマニア(抜毛癖)
 抜け毛の原因・対策
 コスモ石油とミルボン、育毛剤で共同事業
 コラーゲン 薄毛・脱毛に効果のある成分
 ミノキシジル 薄毛・脱毛に効果のある成分
 頭皮マッサージで頭皮も体もリフレッシュ
 プロペシア
 パーマ・カラーリングの毛髪への影響
 円形脱毛症と男性型脱毛症(AGA)

■男性型脱毛症(AGA)知識
 AGAとは
 男性型脱毛症(AGA)
 男性型脱毛症(AGA)の原因とパターン
 男性型脱毛症(AGA)に大きく影響するのは男性ホルモンなり
 男性型脱毛症(AGA)の発症率
 男性型脱毛症の欧米との意識の違い
 
■サプリメント
 サプリメントとは
 いつまでも黒髪サプリ は医者が選ぶ白髪対策サプリメントです
 ヘアフォーミュラは髪の健康維持のための育毛サプリメントです
 Hatto 育毛サプリメント
 
 
■シャンプー
 薄毛対策の第1歩はシャンプーです
 シャンプーの種類と選び方
 正しいシャンプーとスタイリングが薄毛予防と改善策
 オールマイティシャンプーはレバティの自信作
 クリアクレイシャンプーは天然黄土配合で表皮・毛根を活性化!
 ウーマシャンプー アミノ酸系で頭皮・髪・環境に優しい
 インディアン伝承シャンプーはネットで大人気
 薄毛対策シャンプー「スカルプD」
 スカルプDのシャンプーは効くのか?
 

■育毛剤・養毛剤・発毛剤
 育毛剤の効果と成分
 育毛剤、養毛剤、発毛剤の違い
 育毛剤・養毛剤・発毛剤の成分と効用
 プロペシアは飲む発毛剤
 薄毛対策には飲むタイプとつけるタイプ
 発毛?育毛?養毛?
 薬用リリィジュミスト トライアルセットがお得です
 薬用 プロテインエッセンスは卵の殻からできたエッセンス
 M-1 発毛・育毛ミストはサラヴィオ化粧品の40年の酵素研究の結晶です
 ケフトル毛髪活性セットは発毛率87%
 柑気楼 元気な髪と毛根を育てます
 セファニーズ5αは頭髪専門医が薦める育毛剤
 リリィジュミスト トライアルセット300円(税込み)
 リリィジュ 薄毛・抜け毛でお悩みの女性に!
 イブエヴァーは髪の成長を促す薬用育毛剤
 育毛ローション「ラズベリーケトンローション」

■ヘアケア総合商品
 ヘアケアデパート発見!
 ニーズプラスは頭髪治療の専門クリニックが開発したヘアケアシリーズ
 アッシュヴォアは女性のための髪と頭皮のスペシャルケアシリーズ
 鳴門わかめ配合の女性のためのシャンプー&トリートメント
 
■書籍
 脱毛・育毛の本、本屋になし

■発毛・育毛プログラム
 増毛で薄毛解決
 Dr.Takahamaの全額返金補償付の育毛プログラム
  
■増毛・かつら
 増毛は薄毛対策の一つ

■植毛・クリニック
 植毛にも2種類の方法がある
 大阪のビバリーヒルズクリニック
 マンガで見る髪の相談室
 植毛で髪の悩み解決
 ドクターズヘア

■コラム
 こんにちは
 


 

 
  
 


 

育毛剤・養毛剤・発毛剤

こんにちは。薄毛克服情報のKenkosapriです。

今日は、飲む発毛剤「プロペシア」の効き目にも個人差があるということをお話します。

風邪薬でもシャンプーでも、自分の体質・感覚にあって、よく効くと感じられるものと、そうでないものがあります。自分に合わないからといって、それが効かないものであるというのは早計であって、他の人にはすごく効果のあるものもたくさんあります。要するに効き目にも個人差があるということです。

男性型脱毛症(AGA)はジヒドロテストステロンという体内物資がが主な原因となって、脱毛を進行させます。

飲む発毛剤「プロペシア」の主成分はフィナステリドという物質で、フィナステリドがジヒドロテストステロンの増加を押さえ、脱毛の進行を抑えることができます。

しかし、このフィナステリドがより有効に作用する人と、どちらかというと効きにくい人の2つに分かれてくるということが明らかになってきました。

なぜこのような違いが出てくるのかを調べていくに当って、人間の遺伝子が大きく影響しているということがわかってきました。

男性ホルモンに対する感受性に関係し、男性ホルモン受容体遺伝子のDNAを検査することによってわかるということです。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンが5αーリダクターゼによって変換された物質でジヒドロテストステロンはテストステロンより強力な男性ホルモンの一種ということです。体内の男性ホルモンの状態にどれほど敏感に反応するかは人によって違い、遺伝的に決まっているといわれています。

男性ホルモンの感受性が高い人は5αーリダクターゼの働きによってジヒドロテストステロンが少し増えても、それに反応して男性型脱毛症(AGA)が進行します。このような人に対しては、ファナステリドの比較的少量の使用でも、5αーリダクターゼの働きを抑え、ジヒドロテストステロンの増加を防ぎ、男性型脱毛症(AGA)を抑えることができます。

どうですか、男性ホルモンの感受性の高い人は、男性型脱毛症(AGA)が進行しやすいけれども、ファナステリドが聞きやすいということですね。私ははじめ、感受性が高くて男性型脱毛症(AGA)が進行しやすいために、ファナステリドが効きにくいと思っていましたが、逆のようです。

ものの捉え方も様々で、この理解を間違うと、とんでもない治療法を選択してしまうこともあるとつくづく感じました。

この続きは、またお話します。


この記事に対するトラックバック、コメント、口コミ情報をお待ちしています。

AGA知識

こんにちは。薄毛克服情報のKenkosapriです。

今日は男性型脱毛症(AGA)の2つの治療法についてお話します。

男性型脱毛症(AGA)は脱毛を抑える防衛的な治療と、発毛を促進する攻撃的治療の攻撃的な治療というように、大きく分けて2つの治療法に分けられます。またこの2つの治療法は独立した治療法ではなく、2つの治療法を組み合わせて、総合手的に男性型脱毛症を抑え、発毛を促進する必要があります。

男性型脱毛症(AGA)は、進行型脱毛症であるため、一旦発症すると放置すれば、硬毛の軟毛化、脱毛量の増加、薄毛、毛量の全体的な減少が次第に進んでいきます。

そのような脱毛の進行を食い止める薬が「ファナステリド」です。「ファナステリド」は飲む発毛剤」として、「プロペシア」が有名です。発毛剤ですから、一見攻撃的な治療法のイメージがありますが、まずは、脱毛の進行を食い止め、次に発毛を促進するという意味で、防衛型治療と位置づけられています。

「ファナステリド」で脱毛を抑えるとともに、頭皮環境を整えるためのシャンプーとシャンプーの仕方の改善と、生活習慣の改善も防御型治療といえます。

男性型脱毛症(AGA)の人は、一般的に皮脂が多く、汗をかきやすく、頭皮が湿潤な傾向が見られ、フケが増加します。しかしこれをあまり気にしすぎて、シャンプー時に頭皮をゴシゴシ強くこすりすぎると、頭皮のあれや炎症を引き起こし、髪の毛に更に悪い影響を与えてしまいます。適切なシャンプーの仕方を身につけて、皮脂、フケ、かゆみを取り除くことが大切です。

またシャンプーは、個人差はありますが、刺激性の低いアミノ酸系がお勧めです。

一方、男性型脱毛症(AGA)だけでなく、様々なタイプの薄毛、脱毛に対して、発毛を積極的に促す治療で攻撃型治療を行ないます。

代表的なものに「ミノキシジル」という成分を含んだ薬剤で「ロゲイン」「リアップ」が商品名として有名な発毛剤です。

加えて、防御型治療とダブル部分で生活環境の改善も挙げられます。ストレス、食事、喫煙についても、できることから改善することが有効です。またビタミンやミネラルなどの補給の目的にサプリメントの使用も考えられます。

これらは、髪への悪い影響を取り除き、積極的に発毛を支援するという意味で攻撃型治療といえます。

便宜的に防御型、攻撃型と分けていますが、それぞれに共通した点も多く、この2つの治療法を個人の状況にあわせ、うまく組み合わせることで、治療期間の短縮を狙えます。




この記事に対するトラックバック、コメント、口コミ情報をお待ちしています。


お気に入り

薄毛克服情報を








Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
あし
相互リンク