AGA知識

薄毛のことを調べていくとAGA(エージーエー)という言葉にぶつかります。
ではAGAとは何なのでしょうか?

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。

AGAの人は全国で1,300万人、そのうち気にかけている人は850万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。AGAは進行性です。何もせずにほうっておくと、髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためAGAは早めのケアが大切です。

AGAの特徴は、脱毛の進行状態にあります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。

AGAの兆候が現れたら早めのケアが必要です。
「早めのケアっていってもどうすればいいの?」というのが、実情だと思います。
1つは、生活習慣の改善
  不規則な生活、栄養の偏った食生活、深酒などの心当りはありませんか?
  生活習慣の改善が第一です。
2つ目は、頭皮のケア
  フケのたまった頭ではないですか?脂性で頭がべたべたしてないですか?
  刺激性の高い整髪料を使用してませんか?
3つ目は、進行度が早い場合、専門家の処置を受けてみるべきです。
4つ目が、進行が抑えきれない場合、心の健康を維持するために、増毛、カツ   
 ラの使用を検討すべきです。

筆者も、薄毛・脱毛に大いに悩み、現在カツラを使用しています。
でも、まだあきらめたわけではありません。
自毛回復に向けて、日夜努力しています。




この記事に対するトラックバック、コメント、口コミ情報をお待ちしています。



ブログランキングに参加しています。下記のランキングへ応援のクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
BlogPeople

薄毛知識

薄毛」という言葉をウィキペディアで検索したら、「脱毛症」という検索結果が表示されました

脱毛症
(だつもうしょう)とは、本人が生えることを期待していた毛髪(主に過去に生えていた箇所の毛)が生えなくなった状態のことである。通俗的には禿げ(はげ)と言われる。生理学的には、ヒトの頭髪の形状は年齢や個々人の個性により多様であり、こうあらねばならないという正解があるわけではない。故に脱毛症は、本人の期待の上にだけ成立する抽象的な概念である側面がある。かつては台湾ハゲとも言っていた。

● 脱毛症の類型
男性型脱毛症と脂漏性脱毛症、老人性脱毛症、円形脱毛症、制癌剤の投与などが原因の薬物脱毛症、瘢痕性脱毛症、出産後に起こる産後脱毛症がある。また、精神疾患の抜毛症がある。

●男性型脱毛症
男性の大半は加齢と共に多少なりとも前頭部と頭頂部の毛量が減少していく。そのため、これは正常な生理的現象であるとし、病気としては扱われない。後述するような医学的対処も行われているが、医薬品は生活改善薬の一種であり、外科的手法は美容外科手術の一種である。病気の治療ではないので健康保険は適用されない。

皮膚内の毛髪の形成部分に酵素5α-リダクターゼの働きによって男性ホルモンである「テストステロン」から生成された「ジヒドロ・テストステロン」という物質が作用し、毛髪の成長を妨げた結果としてうぶ毛しか形成されなくなることによって起こるものといわれている。毛髪自体が消滅しているわけではない。人類の頭髪がなぜこのような特徴を持つのかは明らかにされていない。男性型脱毛症が始まる年齢は人によってまちまちであり、早ければ10代後半から始まることもある。20代までに始まる男性型脱毛症は若年性脱毛症として区別することがある。また、近年女性にも男性型脱毛症を発症する人が増えてきた。女性の男性型脱毛症は頭頂部を中心に広い範囲が薄くなるもので生え際の後退はなく、一般的な男性型脱毛症とは薄くなりかたは違うが、メカニズムは同じものである。

日本やアジアでは、若ハゲは昔から軽蔑される風潮がある。特に近年はカツラ業界や育毛剤業界が盛んにテレビコマーシャルを流しており、若年性脱毛症を深刻な悩みの原因とする若い男性は多い。そのように人の劣等感を煽り立てて商売をするいわゆるコンプレックス産業のあり方を疑問視する声もある。

●老人性脱毛症
人間は60歳を超えると、性差にかかわりなく髪の毛を含む体毛が薄くなっていく。これを老人性脱毛症といい、男性型脱毛症と異なり頭部全体(さらには全身)にわたって毛の減少がある。進行には個人差があり、男性型脱毛症を併発することが多い。

以上、フリー百科事典「ウィキペディア」の詳細を参考にして下さい。

薄毛(脱毛症)を歓迎する人は、まずいないでしょう。
円形脱毛症と薄毛(脱毛症)は全く違います。
上記男性型脱毛症のところでもありますが、薄毛は病気ではありません。
よって健康保険の適用外です。とはいっても本人にとっては大きな悩みですので、しっかりした対策が必要です。


この記事に対するトラックバック、コメント、口コミ情報をお待ちしています。



ブログランキングに参加しています。下記のランキングへ応援のクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
BlogPeople

お気に入り

薄毛克服情報を








Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
あし
相互リンク