薄毛知識

こんにちは。薄毛克服情報のKenkosapriです。

今日は抜け毛とストレスの関係について説明します。

私は脱毛とストレスについて調べていましたが、この2つの因果関係は個人差が大きく影響するため、ストレスは薄毛の一つの要因にはなるが、決定的な原因ではないとの説が大半です。

ただ、私を例にとっても、ストレスは薄毛に大きく影響しているという自覚症状があるため、調べていくうちに下記の記事に行き着きました。

抜け毛の原因とストレスもその原因になりうることを端的に表現されていると感じ紹介させていただくことでしました。


清潔な頭皮を保つこととストレスを抱え込まない


一般的に、髪の毛は1日に約50〜100本が
自然に抜けて生え替わると言われています。

年齢が50代になると、この数は150本程度に増えるため、
髪のケアは年を取るごとにますます大事に。

「日ごろ気をつけている抜け毛予防ランキング」に寄せられた抜け毛対策の
第1位は、《毎日洗髪して清潔に保つ》でした。

髪の毛の根元にある毛根は小まめに洗わなければ
汚れや皮脂がたまり、毛髪の成長を妨げる、刺激物質に変化するなど、
抜け毛の原因となります。

また、2位の《シャンプー後の濯ぎを十分にする》のように
シャンプー液をしっかりと洗い落としておかないと、
フケやかゆみが出やすくなってしまいます。

清潔な頭皮を保つことと同様に多くの人が気を付けているのは、
4位の《刺激の少ないシャンプーリンスを使う》以下、
5位の《整髪料をつけない/付けすぎない》、
そして10位の《パーマ、カラーリングをしない》など、
髪や毛根に負担を掛けないようにすることでした。

9位となった《ストレスをためない》はメンタル面に関するものですが、
ストレスも結局は体内での生体反応、つまり刺激につながるもの。

ストレスによって 脳下垂体が刺激されると、毛髪の生成にかかわる
成長ホルモンや コルチゾールなどの分泌が減少します。

また、体がストレスから身を守ろうとすると、 アドレナリン作用によって
皮脂が必要以上に分泌され、毛穴もふさがれてしまいます。

清潔な頭皮を保つことと,ストレスを抱え込まないこと
この2つを守っていく事が、髪と長い友だちでいるための秘けつのようですね。

ストレスによって成長ホルモンの分泌が妨げられるという部分が非常に参考になりました。

また、このブログは、内容が簡潔にまとめられ、薄毛に悩む方にとって非常に読みやすく、参考になりますのでご紹介します。
一度訪問されたらいかがでしょうか。

ブログタイトル:健康育毛サイト・髪は自力で生える!


この記事に対するトラックバック、コメント、口コミ情報をお待ちしています。

シャンプー

こんにちは。薄毛克服情報のKenkosapriです。

今日はK-BO-BOプロジェクトで人気の「スカルプD」を紹介します。

「もう薄毛芸人とは言わせない」というフレーズがちょっとひょうきんで親しみがあります。最初は、お笑いの悪ふざけかと思いましたが、色々雑誌を読んでいると、どうもこの吉本芸人の人たちは本気のようです。

このK-BO-BOプロジェクトというのは、個人的には非常に面白い企画だと思います。

・芸能人というと、テレビ・雑誌など露出度の高く、一見自分の薄毛を何とか隠そうという傾向があります。薄毛を世間に公言して薄毛対策に取り組むとは勇気のいる事だと思います。

・芸能人が使用商品を指定して対策に取り組むため、効果の確認が容易にできます。

・複数の芸人が商品を試すため、個人差があってもそれを目で確認することができます。

・薄毛というと内向きの暗いイメージがありますが、芸人を起用することで薄げもギャグにしてしまうほど、同じ薄毛の話題でも明るく感じます。

使用しているシャンプーは、

原西さん、岩尾さん、井上マーさんがOILYスカルプシャンプー(脂性肌用)
宮迫隊長、ワッキーさんがNORMAL&DRYスカルプシャンプー(普通肌・乾燥肌用)です。

また、5人が共通して使用しているのがスカルプパックコンディショナーです。

テレビの特番で、この吉本芸人の5人の薄毛改善度を放映してもらいたいものです。改善のスピードの違いがあっても、それが個人差であると信憑性があり、より受け入れられるはずです。そのスピードの違いが体質にあるのか、ヘアケアの仕方に違いにあるのかを追求してみるのも面白いと思います。

シャンプー一つとっても、宣伝方法を変えることによって、これほど反響があるとは、予想していませんでした。それほど薄毛に悩む人が多いということ、悩む人は本人だけでなく、家族も同じように悩んで心配しているのではないでしょうか?

私も個人的にこの企画に参加してみたいと思います。

「スカルプD」については下記の詳細をご確認ください。

      ↓   ↓   ↓




この記事に対するトラックバック、コメント、口コミ情報をお待ちしています。

ブログランキングに参加しています。下記のランキングへ応援のクリック、よろしくお願いします。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
BlogPeople

薄毛知識

こんにちは。薄毛克服情報のKenkosapriです。

今日はパーマ・カラーリングについてお話します。

パーマやカラーリングはファッションとして人気がありますが、実は髪の毛にとっては、大きなダメージになります。

パーマ・カラーリングに使用される薬剤は、髪の毛と頭皮に強い刺激を与えます。

カラーリングや白髪染めは、アルカリで髪表面のキューティクルを強制的に開かせて、その隙間から内側へ薬剤をしみ込ませるのです。

パーマは、髪の毛を構成するケラチンという物質を薬剤で壊し、異なった形に整えて再び結合させ固定します。また薬剤を浸透させるための熱も髪の毛にダメージを与えます。

髪の毛の表面や内部に化学変化を起こす薬剤は、乾燥、枝毛、切れ毛などを引き起こします。

男性が髪を染めたり、パーマをかけたりするのは、女性同様、普通になりました。ヘアスタイルには欠かせませんが、髪の毛のためにはいいことはなく、髪の毛を傷める結果になります。

また、薬剤は髪の毛に対して化学変化を起こさせるものとして使用されますが、必然的に頭皮にもその薬剤がついて、刺激を与えます。

結論を言えば、パーマ、カラーリングは髪の毛や頭皮にとって、「百害あって一利なし」です。薄毛・脱毛の悩みをお持ちの方は、髪を自然の状態に保つことを考えることが不可欠です。
お気に入り

薄毛克服情報を








Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
あし
相互リンク