薄毛克服情報薄毛知識プロペシア

今男性型脱毛症(AGA)に効果があると、多くの病院が使用している、「プロペシア」という飲む育毛剤について調べてみました。

プロペシアとは
米国医薬品メーカー、メルク社が開発した世界初の飲む育毛剤です。
FDA(米食品医薬品局)認可の処方箋薬で98年1月21日より処方が開始されました。
プロペシア(フィナステリド)は米メルク社が前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発され、その副作用として異常発毛があったことから発毛剤として使用されるようになりました。
プロペシアは製品名で、一般名をフィナステリドといい、世界60ヶ国以上で販売されている、最強の「経口育毛剤」との呼び声が高いAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。
AGAの治療薬としては効果と安全性が認められた世界ではじめての医療用医薬品でもあります。
国内でも2005年12月14日に万有製薬から発売が開始され、現在では13,000の医療機関で髪に悩む人に処方されています。プロペシアを入手するためには、医師の処方箋が必要となります。

プロペシアの効果
プロペシアは男性における男性型脱毛症のみの適応となっており、他の脱毛症に対する適応はありません。このプロペシアの服用は20歳未満での安全性及び有効性は確立されておりません。また、プロペシアは女性には禁忌となっていますので、女性は服用してはいけません。男性型脱毛症の主な原因物質はジヒドロテストステロン(Dihydrotestosterone=DHT)で、DHTは5α‐還元酵素によってテストステロンから産生されます。男性型脱毛症(AGA)は、時間の経過とともに進行していきます。このDHTから脱毛シグナルが出ると髪は長く太く成長をする前に抜け落ちてしまい、細く短い毛が多くなり、薄毛が目立つようになります。プロペシアは5α‐還元酵素を阻害しDHTの産生を抑制します。

プロペシアの効果的な治療方法
プロペシアは錠剤で1日1回(1mg)の服用が基本とされ、頭髪医療先進国の欧米でも、プロペシア(一般名:フィナステリド)とロゲイン(一般名:ミノキシジル)の併用が、男性型脱毛症の標準的な治療法として認知されています。

かなり効果的な薬のようです。
並行輸入などあるようですが、AGAクリニックに受診して医師のカウンセリングを受けた上で処方してもらうことをお勧めします。
実は、筆者も考えてます。 



この記事に対するトラックバック、コメント、口コミ情報をお待ちしています。



ブログランキングに参加しています。下記のランキングへ応援のクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
BlogPeople

<<トリコチロマニア(抜毛癖)薄毛克服情報のトップへ頭皮マッサージで頭皮も体もリフレッシュ>>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お気に入り

薄毛克服情報を








Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
あし
相互リンク