薄毛克服情報育毛剤・養毛剤・発毛剤育毛剤の効果と成分

こんにちは。薄毛克服情報のKenkosapriです。
今日は育毛剤効果成分についてお話します。

市販の育毛剤は、頭皮や毛穴を清潔に保ち、血行を促進することで、髪の毛を作る「毛包」が脱毛モードにならないような環境作りをします。

毛髪は一定のサイクルで生え変わっており、このサイクルが正常に機能しているうちは毛が抜けても元通りに生えてきます。

しかしこのサイクルが狂ってくることがあります。そうなると髪の毛が生えるペースより、脱毛のペースが早くなり、薄毛が進行するという状態に陥ります。

このサイクルが狂うという原因の一つに頭皮の環境があります。育毛剤には頭皮を清潔にする成分、血行をよくする成分、栄養分を与える成分などが配合され、髪の毛の成長のじゃまになる要因を取り除きます。

「フラバノン」「アデニシン」などは、最近認可された成分ですが、この名前はCMなどでも良く使われています。

効果の有無にかかわらず、医学的な検証のできていないものは医薬部外品や化粧品として扱われますが、手に入りやすいというメリットもあります。

育毛剤は、毛包が髪の毛を作るための補助用品という認識が必要で、薄毛を根本的に改善する治療薬と考えてはいけません。

育毛剤を医薬部外品と医薬品に分け、主な作用とその成分をまとめてみました。

■医薬部外品
 1.血行促進作用
  塩化カルプロニウム、チンキ(トウガラシチンキ、ショウチョウエキス、
  センブリエキス等)、ニコチン酸ベンジルエステル、ビタミンE誘導体
  (トコフェロール)

 2.栄養補給・細胞賦活作用
  ペンタデカン酸グリセリド、ソフォラ抽出エキス、ニンジンエキス、
  ニコチン酸アミド、プラセンタエキス、パントテニルエチルエーテル
  (ビタミンB群)、ジアルキルモノアミン誘導体(DADA)

 3.抗炎症・抗菌作用
  ヒノキチオール、βグリチルレチン酸

 4.毛母細胞・毛乳頭作用
  6-ベンジルアデニン(サイトプリン)、t-フラバノン、アデノシン

■医薬品
 ・脱毛の進行予防・発毛促進
  ミノキシジル、ファナステリド、塩化カルプロニウム、セファランチン

色々難しい成分を書いていますが、育毛剤を購入される際にどういった成分が配合されているかの参考にして下さい。



この記事に対するトラックバック、コメント、口コミ情報をお待ちしています。

ブログランキングに参加しています。下記のランキングへ応援のクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
BlogPeople

<<プロペシアは飲む発毛剤薄毛克服情報のトップへダブルインパクトは飲む育毛サプリメント年に一度の大感謝祭12月25日まで>>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お気に入り

薄毛克服情報を








Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
あし
相互リンク