薄毛克服情報薄毛知識抜け毛の防止と毎日のケアとストレス発散

こんにちは。薄毛克服情報のKenkosapriです。

今日は抜け毛とストレスの関係について説明します。

私は脱毛とストレスについて調べていましたが、この2つの因果関係は個人差が大きく影響するため、ストレスは薄毛の一つの要因にはなるが、決定的な原因ではないとの説が大半です。

ただ、私を例にとっても、ストレスは薄毛に大きく影響しているという自覚症状があるため、調べていくうちに下記の記事に行き着きました。

抜け毛の原因とストレスもその原因になりうることを端的に表現されていると感じ紹介させていただくことでしました。


清潔な頭皮を保つこととストレスを抱え込まない


一般的に、髪の毛は1日に約50〜100本が
自然に抜けて生え替わると言われています。

年齢が50代になると、この数は150本程度に増えるため、
髪のケアは年を取るごとにますます大事に。

「日ごろ気をつけている抜け毛予防ランキング」に寄せられた抜け毛対策の
第1位は、《毎日洗髪して清潔に保つ》でした。

髪の毛の根元にある毛根は小まめに洗わなければ
汚れや皮脂がたまり、毛髪の成長を妨げる、刺激物質に変化するなど、
抜け毛の原因となります。

また、2位の《シャンプー後の濯ぎを十分にする》のように
シャンプー液をしっかりと洗い落としておかないと、
フケやかゆみが出やすくなってしまいます。

清潔な頭皮を保つことと同様に多くの人が気を付けているのは、
4位の《刺激の少ないシャンプーリンスを使う》以下、
5位の《整髪料をつけない/付けすぎない》、
そして10位の《パーマ、カラーリングをしない》など、
髪や毛根に負担を掛けないようにすることでした。

9位となった《ストレスをためない》はメンタル面に関するものですが、
ストレスも結局は体内での生体反応、つまり刺激につながるもの。

ストレスによって 脳下垂体が刺激されると、毛髪の生成にかかわる
成長ホルモンや コルチゾールなどの分泌が減少します。

また、体がストレスから身を守ろうとすると、 アドレナリン作用によって
皮脂が必要以上に分泌され、毛穴もふさがれてしまいます。

清潔な頭皮を保つことと,ストレスを抱え込まないこと
この2つを守っていく事が、髪と長い友だちでいるための秘けつのようですね。

ストレスによって成長ホルモンの分泌が妨げられるという部分が非常に参考になりました。

また、このブログは、内容が簡潔にまとめられ、薄毛に悩む方にとって非常に読みやすく、参考になりますのでご紹介します。
一度訪問されたらいかがでしょうか。

ブログタイトル:健康育毛サイト・髪は自力で生える!


この記事に対するトラックバック、コメント、口コミ情報をお待ちしています。

<<スカルプDのシャンプーは効くのか?薄毛克服情報のトップへ鳴門わかめ配合の女性のためのシャンプー&トリートメント>>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お気に入り

薄毛克服情報を








Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
あし
相互リンク