薄毛克服情報薄毛知識ヘアサイクル

こんにちは。薄毛克服情報のKenkosapriです。
今日は、ヘアサイクルについて説明します。

私たち人間の髪の毛の構造は、大きく分けて皮膚の中にもぐりこんで外から見えない部分の毛根と、皮膚の外に出ている部分の毛幹があります。花をたとえて言えば、皮膚が地面、毛根は土の中に伸びていく根、毛幹が幹にあたります。

毛根は、毛包というサヤのような膜に包まれ、毛包の上部に付属する皮脂腺が皮脂を分泌しています。毛根の下部は卵形にふくらんで、毛球と呼ばれます。毛球の底のくぼんだ部分に毛乳頭と呼ばれる髪の毛を作る部分があります。

毛球には、髪の毛を成長させる毛母細胞が詰まっています。毛母細胞は、毛乳頭に通じている毛細血管から栄養分を吸収し、分裂を繰り返して上に伸び、毛幹部分、つまり私たちが通常、髪の毛と呼んでいる部分を作っています。

髪の毛の成長のためには、頭皮周辺の血流が良好であること、毛母細胞の活性が十分に高いことなどが重要です。

毛幹は、もっとも外側で表面を覆いこむ1000分の1ミリ程度の薄い膜のキューティクルと呼ばれる毛小皮、髪の毛の大部分を占めるコルテックスと呼ばれる毛皮質、髪の毛の中心部を占めるメデュラと呼ばれる毛髄質という3つの層でできています。

日本人の髪の毛は頭全体で約10万本あり、毛母細胞の分裂によって、休止期までの一定期間伸び続けます。これを成長期といいます。髪の毛の成長期の長さは2-8年といわれています。

毛根部分での毛母細胞の分裂は、一定期間後に停止し、約2週間の退行期をへて、約3ヶ月の休止期に入ります。その後は抜け落ちます。そして、また成長期が始まり、新しい髪が生えてきます。

私たちの髪の毛は、こうした成長期、退行期、休止期を経て、髪の毛が伸び、抜け落ち、また新しい髪の毛が生えてくるということを繰り返しています。これをヘアサイクルと呼んでいます。

通常、髪の毛の約10%が休止期の状態であるといわれており、全体で10万本であれば、約1万本が休止期の中で抜け落ちていきます。一度に抜け落ちることはありませんが、平均して1日100本程度の髪の毛が抜け落ちているといわれています。

また髪の毛のボリュームは、髪の毛の本数と並んで髪の太さも大きく影響します。髪の毛の太さは、思春期から20歳前後までは太くなり、それ以降は30歳、40歳、50歳と年をとるにつれて細くなり、伸びる速度も遅くなります。

このように、ヘアサイクルの周期が狂い、また髪の毛の太さが細くなる事によって、薄毛が進行していきます。



この記事に対するトラックバック、コメント、口コミ情報をお待ちしています。


<<よいシャンプーの条件とシャンプーの構成成分薄毛克服情報のトップへ男性型脱毛症の防衛的治療と攻撃的治療>>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お気に入り

薄毛克服情報を








Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
あし
相互リンク