薄毛克服情報育毛剤・養毛剤・発毛剤飲む発毛剤「プロペシア」の効用の差

こんにちは。薄毛克服情報のKenkosapriです。

今日は、飲む発毛剤「プロペシア」の効き目にも個人差があるということをお話します。

風邪薬でもシャンプーでも、自分の体質・感覚にあって、よく効くと感じられるものと、そうでないものがあります。自分に合わないからといって、それが効かないものであるというのは早計であって、他の人にはすごく効果のあるものもたくさんあります。要するに効き目にも個人差があるということです。

男性型脱毛症(AGA)はジヒドロテストステロンという体内物資がが主な原因となって、脱毛を進行させます。

飲む発毛剤「プロペシア」の主成分はフィナステリドという物質で、フィナステリドがジヒドロテストステロンの増加を押さえ、脱毛の進行を抑えることができます。

しかし、このフィナステリドがより有効に作用する人と、どちらかというと効きにくい人の2つに分かれてくるということが明らかになってきました。

なぜこのような違いが出てくるのかを調べていくに当って、人間の遺伝子が大きく影響しているということがわかってきました。

男性ホルモンに対する感受性に関係し、男性ホルモン受容体遺伝子のDNAを検査することによってわかるということです。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンが5αーリダクターゼによって変換された物質でジヒドロテストステロンはテストステロンより強力な男性ホルモンの一種ということです。体内の男性ホルモンの状態にどれほど敏感に反応するかは人によって違い、遺伝的に決まっているといわれています。

男性ホルモンの感受性が高い人は5αーリダクターゼの働きによってジヒドロテストステロンが少し増えても、それに反応して男性型脱毛症(AGA)が進行します。このような人に対しては、ファナステリドの比較的少量の使用でも、5αーリダクターゼの働きを抑え、ジヒドロテストステロンの増加を防ぎ、男性型脱毛症(AGA)を抑えることができます。

どうですか、男性ホルモンの感受性の高い人は、男性型脱毛症(AGA)が進行しやすいけれども、ファナステリドが聞きやすいということですね。私ははじめ、感受性が高くて男性型脱毛症(AGA)が進行しやすいために、ファナステリドが効きにくいと思っていましたが、逆のようです。

ものの捉え方も様々で、この理解を間違うと、とんでもない治療法を選択してしまうこともあるとつくづく感じました。

この続きは、またお話します。


この記事に対するトラックバック、コメント、口コミ情報をお待ちしています。

<<男性型脱毛症の防衛的治療と攻撃的治療薄毛克服情報のトップへナビゲーションメニュー>>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お気に入り

薄毛克服情報を








Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。


人気blogランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
あし
相互リンク