こんなんですが毎日働いてまっせ

私の職業が半ノマド的にいけるから復職がなんとなく、半年ぐらいかかりつつ徐々にできるようになったけれど、
そうでない場合、リワークプログラムをやったとしても、なかなかうまく行かずまた休職した、退職したなんて話をよく聞きます。

退院したからって、半年一年休んだからって、体調良くなりましたー、で急に健康な時みたいにバリバリ働けませんわ。
じんわりじんわり、半年かかっても私の場合まだまだもうちょいですというより、未だふらついてますから。

とはいえ、復職初期の物凄いふらつきや、パソコンを10分と見れない、なんて言う状況からは抜け出し、しょぼついた目で大量の書類を作成し、外の現場にも毎日のように出ています。

重症メニエールで、復職無理なんじゃね?からよくここまで来たわな。
とはいえ、漢方、点滴、神経注射やらその他色々やっている上で辛うじて動けている範囲です。

結局、会社側、同僚からのたくさんの支援があり、仕事ができていて幸せですが、
私の場合は更にある程度の裁量と自由があったからなんとかやってこれてます。

エリート向けのリワークプログラムとかだったらまず無理だな。

本当は、ごちゃごちゃと定型化しすぎない、
周囲の理解と支えで、シンプルな方が復活できるもんでないのかなと。
精神保健福祉、社会福祉やカウンセリングを勉強して来た身であり、自分も病気をしてどちらの側も経験した身として、
シンプルなサポートが一番良いと思うのです。

これがメンタル面の病気の場合、尚のこと時間がかかるものと理解し、焦らず、リワーク準備の教育的入院から、通所のリワークプログラムへの参加に移行し、徐々に復職が本当は良いのだろうなと、またまた思うのです。

いくら専門家でも、健康な専門家が考えるリワークプログラムって、健康な人が考えるから、随所に無理があるような気がしてならない。


人気ブログランキングへ

1月半ばに発作があってからは落ち着いて一安心。
未だふらつきながらもアホだと思うぐらい毎日仕事してます。

毎日、乳酸菌タブレット、ヨーグルト、ビタミン剤、ノニジュース、漢方を飲み、神経ブロック注射をし、前よりはマシです。

耳鼻科の先生に、こりゃあメニエールなのは確かだけれど、自律神経狂いすぎているから、一度心療内科に行ってみて。
となり、早速行き、狂いまくった自律神経のバランスを整える薬を出してもらい、確かに効いている。。
自律神経失調症の薬っちゅう薬はないみたいですけどね。

この状態で何とか仕事を休まず(去年散々休職したけど)できているのは本当メンタル強いねと、心療内科の医師に褒められ、とても調子こいてます。

とはいえ、首が痛すぎて、目が霞みすぎ残像がきつく、色々な症状があり低髄のグレーゾーンゆえ、点滴を週に2回やってますが、これが効く。
ヨードアレルギーゆえ、riシンチ検査ができなげなため、グレーゾーンすぎる人が危険をおかしてまで検査をするのも恐ろしくな状態。
先生にとっては超邪魔な患者ですが、点滴をすると改善する為、しばらく通います。

グレーゾーンすぎる人達が落ち着ける医療を何とか考えられないかと、
元医療職、資格保持者としては色々思うところが大いにあります。

やはり、一度はつまんねと逃げ去った大学院に戻って頭を練り練りしたい。と思うほど、
グレーゾーンの患者の生き方、就職やら考えていきたいもんだと本当思います。




人気ブログランキングへ

6ヶ月近くグルグル大回転発作がなかったところに、発作が出てしまい残念。
しかも、夜寝ている時に何か目が変だなとなり、起き上がってみると足がふらつくしおかしい。
そこですぐにトラベルミンとバルトレックスを飲んでじっとしていたが、しばらくして目を開けたらグルグル回っている。ガーン。
きちまったかと悲しみが走るも仕方なし。明け方はきつかったけれど、4〜5時間で発作はおさまり、昼からは外出できたのでセーフ。どうしても行かねばならぬ用事があったので、目が霞み、フラつきつつも行けて本当に良かった。
以前の発作ならば、10時間は動けなかったから、発作時間は徐々に短くはなっているみたい。
バルトレックスを飲まなかった時期の発作は週2回で1日10時間は大回転だったから、バルトレックスを飲むようになってから随分と発作の頻度も少なくなり、長さも短くなりです。
8月〜10月は発作がなくもバルトレックスをパルス的に飲んでいたけれど、11〜1月は飲まずにいたから飲んでおけば良かった。

しかし、今回の発作前、異様な耳鳴りと、チャプチャプと鳴るような変な耳の感覚があり、気味が悪かった。

人気ブログランキングへ

このページのトップヘ