2016年06月25日

セリン、桃太郎トマト、・・

セリン・・

セリンは生体内で合成可能なアミノ酸なんだそうです。

グリシンなどから作り出せ、非必須アミノ酸です。

代謝において重要といわれています。

ラテン語で絹を意味する言葉を由来にこの名前がついたそうです。

というのも、絹糸に含まれる蛋白質の一種であるセリシンの加水分解物から初めて単離されたからです。






桃太郎トマト・・

トマトといえば一時期流通上の関係で熟す前に収穫して、流通の過程で赤くなるという状態でした。

ところが、桃太郎トマトの登場で、その常識が覆りました。

傷みにくい桃太郎トマトのおかげで、完熟してから出荷できるようになったからです。

完熟後のほうが味もよく、桃太郎トマトは全国で栽培されるようになりました。






脂質異常症の自覚症状・・

自覚症状が乏しいというか、何もないことも多いのが、サイレントキラーと言われるゆえんです。

具合の悪さを感じることなく悪化が進み、突然倒れるということもあるので怖いです。

対策としては、そういう自覚症状の薄い病気だということに気付くこと、そして普段からの生活改善を継続するしかないのでした。


続きを読む

kenkou100 at 05:02|Permalink健康のいろいろ 

2016年06月19日

アスパラギン、ファーストトマト、・・

アスパラギン・・・

アスパラガスからはじめて単離されたということが、この名前の由来になったそうです。

アスパラガスを食べた後に、それはこの物質の代謝副産物に起因して独特の匂いがすることがあるそうです。

体内でアスパラギン酸から作られるので、非必須アミノ酸となっているそうです。






ファーストトマト・・

果肉がしっかりした、大玉でお知りにとんがりがある特徴のあるトマトです。

日持ちが悪いため、早熟なうちに収穫する方法がとられ、味が犠牲にされた経緯があります。

そのためか日持ちのいい桃太郎が登場するとあっという間にとってかわられた感じでした。

近頃は味が見直され完熟したものが一部で流通しているみたい。






高トリグリセリド血症・・・

脂質異常症の一つで、血液中にトリグリセリドが多すぎる場合です。

「高TG血症」と略されることもあるそうです。

ちなみにトリグリセリドは中性脂肪とも言われます。

内臓脂肪型肥満の人に多いタイプの脂質異常症です。

運動不足とか食べ過ぎなどが原因でしょうね。


続きを読む

kenkou100 at 06:02|Permalink健康のいろいろ 

2016年06月13日

ヒスチジン、トマト、・・

ヒスチジン・・・

塩基性アミノ酸の一種であり、人にとっては必須アミノ酸の一つです。

脱アミノ化を受けた後、炭素骨格が糖新生に用いられるという糖原性を持つんだそうです。

ヒスタミンおよびカルノシン生合成の前駆体でもあります。

特に乳幼児の成長に必須なアミノ酸として知られます。





トマト・・・

トマトを食べる時、昔は砂糖が普通だったように思います。

その後マヨネーズが定番にとってかわり、近頃はいろんな食べ方が増えたような気がします。

ピザやスープなどの具材として火を通すことも珍しくなくなりました。

高糖度のフルーツトマトと呼ばれるトマトも気になるところです。






低HDLコレステロール血症・・

HDLコレステロールは、善玉コレステロールとも言われます。

このコレステロールは動脈硬化を防ぐと言われており、少すぎると問題です。

HDLが40mg/dL未満の場合、低HDLコレステロール血症にあたります。

高すぎると問題となる、LDLや総コレステロールとは逆ですね。


続きを読む

kenkou100 at 06:03|Permalink健康のいろいろ 

2016年06月07日

フェニルアラニン、ペピーノ、・・

フェニルアラニン・・・

側鎖にベンジル基を持つ、人にとっては必須アミノ酸の一つです。

アラニンの側鎖の水素原子が1つフェニル基で置き換えられた構造に由来する名前です。

牛乳、卵、肉などに多く含まれているとされています。

脳内で神経伝達物質に変換されるそうで、すごく重要そうですね。





ペピーノ・・

時には珍しい野菜を食べてみるのも面白いと思います。

たとえばペピーノというナス科の実があります。

原産地はエクアドルだそうで、日本ではあまり目にする機会も少ないと思います。

生で食べることができ、メロンのような風味が楽しめるそうです。

寒さや暑さに強くないそうなので、日本での栽培では注意が必要なようです。





高LDLコレステロール血症・・・

コレステロールの検査値の中でも特に心血管疾患に繋がるんだとか。

悪玉コレステロールが血液中に多く存在する場合なんだそうです。

悪玉といってももともと悪いものではなく、多すぎることが問題ということです。

140mg/dL以上の場合が高LDLコレステロール血症となります。


続きを読む

kenkou100 at 06:02|Permalink健康のいろいろ 

2016年06月01日

メチオニン、佐土原なす、・・

メチオニン・・・

血液中のコレステロール値を下げ、活性酸素を取り除く作用があるといわれています。

側鎖に硫黄を含んだ疎水性のアミノ酸で、必須アミノ酸の一つです。

果物、肉、魚肉、野菜、ナッツ、マメ科に多く含まれているそうですので、普通の食生活をしていたら大丈夫そうですね。






佐土原なす・・

宮城県では伝統野菜として知られる、江戸時代から作られていたナスです。

名前の通り佐土原がルーツです。

赤紫色で大型なので、家庭ではそのまま焼くのは大変かも。

でもアクがすくなく、焼きナスがおいしいそうです。

実は熊本の「赤なす」のルーツにもなっているようです。





高コレステロール血症・・・

高コレステロール血症が、生活習慣による脂質異常症の多くがこのタイプだそうです。

血液中の総コレステロール値が220mg/dL以上の場合をいいます。

悪玉コレステロールの心血管リスクが注目されるようになり、総コレステロールの数値は重視されなくなっているようです。


続きを読む

kenkou100 at 06:02|Permalink健康のいろいろ 

2016年05月26日

リシン、熊本赤なす、・・

リシン・・

塩基性アミノ酸に分類される必須アミノ酸の一つです。

植物性蛋白質における含量が低いそうで、肉、魚、豆などを食べることが大事とされています。

たとえば三大穀物である米、小麦、トウモロコシには少ないとのことなので、主食だけでは十分ではないってことですね。






熊本赤なす・・

大正時代から生産されていたそうです。

もともとは農家によってもバラつきのあったナスでした。

しかし選りすぐりを「ヒゴムラサキ」という品種として開発して、ブランド化の流れもあるようです。

アクが少なく、塩もみする程度でスライスしたものを食べてもおいしいそうです。






脂質異常症・・・

高脂血症といえば脂質が高いことによる異常を指しますが、実は2007年7月から、不足する場合も含めて脂質異常症と呼ぶことになりました。

脂質異常症の診断基準には4つあります。

それは、高コレステロール血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症です。



続きを読む

kenkou100 at 06:08|Permalink健康のいろいろ 

2016年05月20日

イソロイシン、大長茄子、・・

イソロイシン・・・

スポーツサプリメントなどにも配合されている、人体にとっての必須アミノ酸のひとつです。

鶏肉やサケ、牛乳などに多く含まれているそうです。

筋肉の強化や、疲労を回復に役立つといわれています。

1904年にサトウダイコンの糖蜜から発見されたんだとか。

イソロイシンは医薬品にも活用されています。





大長茄子・・

「おおながなす」の名前通り、とにかく長いナスです。

ナスとは思えないフォルムで、70センチに達するものもあるんだとか。

棒みたいなナスです。

皮がかたいということで、漬物には向かないようですが、焼きナスなどにはおいしいようです。

おそらく日本で一番長くなるナスでしょう。






高脂血症と運動・・

ウォーキングや水泳などの有機酸素運動がいいみたいです。

あまり無理しないペースと強度で行うことがだいじです。

また急に始めることもよくないので注意が必要です。

この運動療法は、食事療法と一緒に行うことで、より効果があがるようです。

また運動を習慣にすることも大事なことです。



続きを読む

kenkou100 at 05:05|Permalink健康のいろいろ 

2016年05月14日

ロイシン、ばってんなす、・・

ロイシン・・・

疎水性アミノ酸に分類される、人にとっての必須アミノ酸の一つです。

幼児では生長、成人では窒素平衡に必須なんだそうです。

「筋肉をつくる」「疲労を抑える」ともいわれているそうです。

ロイシンのサプリもあるようですが、サプリの場合は過剰摂取に特に注意が必要です。






ばってんなす・・・

九州は熊本の、JA熊本うきのナスです。

オリジナルブランドとして出しています。

特徴としてはアクが少なく、糖度も高いため、生でもおいしいということです。

サラダにそのまま入れたり、あるいは、味噌をつけて食べたりしてもいけるそうです。

小ぶりで、煮物などの料理にもいいみたいですし、いいとこだらけのナスですね。






高脂血症と食生活・・・

高脂血症にならないような食生活は、肥満も防止するので、見た目にもよさそうです。

まずは食べ過ぎないこと。

そして卵黄やたらこなど、コレステロールを取りすぎないこと。

また吸収を妨げる食物繊維は食べるといいです。

コレステロールの低下に役立つ青魚や大豆もおすすめな食材です。


続きを読む

kenkou100 at 05:03|Permalink健康のいろいろ 

2016年05月08日

スレオニン、博多なす、・・

スレオニン・・

人の必須アミノ酸の一つで「トレオニン」と表記される場合もあるようです。

穀物中にはトレオニン含量は比較的高いようですが、消化吸収が悪いんだとか。

なんだか気難しいアミノ酸ですね。

多く含む食品としては、カッテージチーズ、鶏肉、魚、肉、レンズマメなどがあります。






博多なす・・

博多なす選果基準を通過した、福島県産ブランドなすです。

長なすの筑陽という品種で、露地栽培やハウス栽培などで通年で栽培され、全国に出荷されています。

「博多なす忍」というPRキャラクターがいますが、実は皮に含まれるナスニンも掛けているのかも。

すらっとした長い形のナスで、あくが少なく、どんな料理にも合うようです。





高脂血症の予防・・・

予防することが、高脂血症の基本的な対策です。

要は食べ過ぎないことと、適度な運動をすることが基本になります。

また喫煙もいい影響がないので控える、又はやめることが大事です。

遺伝的になりやすい人もいるので、身内に前例がある人の場合は特に注意が必要です。



続きを読む

kenkou100 at 05:09|Permalink健康のいろいろ 

2016年05月02日

トリプトファン、奥三河天狗茄子、・・

トリプトファン・・・

アミノ酸の一種で、人間に必要な必須アミノ酸の一つです。

不眠症、時差ボケ、うつ病等に関係するそうで、これらの症状に処方される場合もあるそうです。

ちなみに過剰摂取にも問題があるので、摂りすぎには注意が必要です。

サプリメントを考えもなく摂るのはよくないかも。






奥三河天狗茄子・・

愛知県伝統野菜の一つされる、奥三河で昔から栽培されているナスです。

産地の旧津具村は、天狗伝説が伝わる土地。

さらに、ときに奇形ナスが、まるで天狗の鼻のような突起を伴うことからこんな名前になったようです。

大型のナスで、焼きナスや天ぷらなどがおいしいそうです。






高脂血症と動脈硬化・・・

高脂血症から動脈硬化になっていく流れは危険です。

この段階では本人は気づいていないことも多いみたい。

でもそのまま放置すると、命に関わる心臓病や脳卒中へと進んでしまう危険が大きいです。

高脂血症を予防することで、動脈硬化の予防にもつながり、隠れた健康リスクを回避できるみたいです。



続きを読む

kenkou100 at 05:04|Permalink健康のいろいろ