2018年08月29日

インヨウカク、さがほのか、・・

インヨウカク・・・

精力剤として有名な生薬だそうです。

東北地方南部以南の森林に、自生するイカリソウです。

落葉多年草です。

園芸用や薬用に栽培されることもあります。

本来は中国原産の同属のホザキノイカリソウのようです。

ヒツジがこれを食べて精力がついたという伝説に基づいた名前なんだとか。





さがほのか・・

主に九州において栽培されているイチゴの品種です。

佐賀県で生まれ、2001年に品種登録されました。

「大錦」と「とよのか」の掛け合わせて生まれた品種です。

実がしっかりしていて、甘味が強く、酸味は控えめのようです。

ややスリムな見た目で、日持ちもするようです。





ほくと大納言・・・

北海道で栽培されるあずき(大納言)のひとつです。

極大粒ということなので、粒小化の心配が少ないんだとか。

しかしその一方で、収穫前の降雨による雨害粒が多発したんだとか。

その欠点が理由で栽培面積が減ったようです。

栽培面積に影響が出るほどの大きな弱点ということですね。








銅の摂取・・

人を含む多くの生物の中に存在する銅タンパク質など、銅は生命にとって欠かせない元素なんだとか。

工業的な意味合いのほうに慣れて、なかなか栄養として考えるのは不思議ですが。

ただ、意識的に摂らなくても、必要量も少ないし、多くの食材に含まれているとあって、不足になることはほとんどないようです。






茨木県のメロン・・

鉾田市はメロンの出荷量が日本一といわれています。

茨木県のメロンは、品種的には、アンデスメロン(青肉種)・オトメメロン(青肉種)・クインシーメロン(赤肉種)・プリンスメロン(青肉種)などです。

坂東市では、 妃(アールスフェボリット赤肉種)があるみたい。



kenkou100 at 06:15│ 健康のいろいろ