2007年07月

2007年07月31日

コンポジットレジン、メタボリックシンドローム、・・・いろいろ

コンポジットレジン。前歯や奥歯の小さい虫歯の治療などに使用される、歯の色に近い白い詰め物にコンポジットレジンがあります。コンポジットレジンは白いというのがいいですね。歯の詰め物が白以外ですと目立ってしまって、口をあけるのもいやになります。
続いて、メタボリックシンドローム。メタボリックシンドロームという言葉が、最近急速に知名度を上げました。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)では、生活習慣病や生活習慣病のリスクを複数併せもつ状態で、自覚が無いまま症状を進めていく場合もあるようです。メタボリックシンドロームは、メタボとか、メタボリックとか略され、誰でも耳にしたことがあると思います。
それから、義歯。虫歯などで歯がなくなったときに、歯を補うための人工の歯を総称して義歯といいます。義歯には色々なものがあります。例えば入れ歯や差し歯、インプラント義歯などなど。歯がなくなっても治療方法があるといえ、できるだけ義歯のお世話にならずにいたいですね。続きを読む

kenkou100 at 07:30|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2007年07月29日

根管治療、健康管理を携帯活用で、・・・いろいろ

根管治療。根管治療とは、虫歯が深く進んでしまったときの歯の根の治療のことです。虫歯は痛いものですが、その虫歯が歯の根まで到達するって、どれだけ痛いんでしょうね。虫歯が深すぎると逆に歯の神経が麻痺しちゃうんでしょうか。
続いて、健康管理を携帯活用で。健康管理の話題です。健康管理でも携帯電話を使ったサービスが始まります。サービスはソフトバンクリブラという新会社が実施するようです。血圧計や体組成計などの測定値を携帯電話を使ってサーバーに蓄積することで、利用者は自分の健康状態を日々パソコン上で確認できると言うものです。健康管理が楽しく便利になりそうです。
それから、架工義歯(ブリッジ)。架工義歯(ブリッジ)は、歯がなくなったときの歯の治療に使われます。架工義歯(ブリッジ)は、少数の歯が欠損したときの治療で用いられる人工の歯です。残っている両側や片側の歯を使って、人工の歯を固定していきます。
続きを読む

kenkou100 at 07:36|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2007年07月28日

犬歯、練り歯磨きいろいろ、・・・いろいろ

犬歯。犬歯は八重歯などといわれることもある、尖った形の歯です。前歯の切歯を囲むように生えて、全部で犬歯は4本あります。お裁縫で糸を切るときは、犬歯できります。犬歯は寿命的に一番最後まで残る場合が多い歯のようです。
続いて、練り歯磨きいろいろ。練り歯磨きにもものすごい種類がありますね。それだけ、歯磨きに関心が高いことの表れかもしれませんが、あまり多い練り歯磨きなので、選ぶときにとても全ての練り歯磨きを比較することなんかできないです。いつもの練り歯磨きを選ぶか、テレビCMでイメージが残った練り歯磨きを選ぶかでしょうね。冷風機で快適健康生活をめざして。
それから、親知らず。親知らずは一番奥にある歯です。人によっては親知らずが生えない人がいるようです。そんな人は永久歯の本数は28本だそうです。親知らずは歯ブラシが届きにくいので、虫歯になりやすい歯のようですね。
続きを読む

kenkou100 at 05:31|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2007年07月27日

クラスプ、歯ブラシいろいろ、・・・いろいろ

クラスプ。入れ歯についている、針金のような装置のことをスクラプといいます。スクラプは入れ歯を固定するためのものです。自分の残っている歯に、クラスプを引っ掛けることで、入れ歯を固定します。スクラプには、できるだけ目立たないようしたものもあるようです。続いて、歯ブラシいろいろ。歯ブラシには驚くほど種類があります。歯ブラシを買いに行くと、ものすごい数の歯ブラシに驚かされることがあります。歯ブラシの形や大きさ、歯ブラシの毛の種類などなど。歯ブラシにはいろいろなバリエーションが増えました。それだけ、歯のケアに対する関心が高まってきていることでしょうね。
それから、奥歯。奥歯って食べ物を噛むときに重要な歯ですね。奥歯が虫歯になるとご飯がおいしくないですね。でも奥歯は歯磨きが難しいせいか、結構虫歯になったりします。奥歯のケアはしっかりやらないとダメですね。続いて、歯周病。歯の病気というと虫歯を思い出しますが、歯周病も歯に関する病気です。歯周病には、歯肉炎や歯周炎などがあり、歯の周りの組織に関わる病気です。歯周病も虫歯と同じように、歯垢や歯石をしっかり落としていれば予防になるようです。
もひとつ最後に、アマルガム。歯の治療に用いる、歯の修復材料にアマルガムというものがあります。アマルガムは水銀が使われているため、現在では歯の修復材料としてアマルガムを使うことはほとんど無いようです。

kenkou100 at 07:15|Permalink 歯のいろいろ | 健康のいろいろ