2009年09月

2009年09月30日

睡眠導入剤とは、うつ病、・・・いろいろ

睡眠導入剤とは・・睡眠導入剤とは、不眠や睡眠不足などの治療の際に用いられる薬剤です。睡眠導入剤にもいろいろあります。化学構造に着目して分類される次の5つの分け方があります。「ベンゾジアゼピン系」「チエノジアゼピン系」「バルビツール酸系」「シクロピロロン系」「抗ヒスタミン剤薬」の5つです。それぞれ特徴があり利用状況などに違いがあります。
続いて、うつ病・・「うつ病」は難しい病気ですね。「うつ病」は心の病です。抑うつ気分などの症状があります。うつ病の場合、励ましてはいけない等ということを聞いたりします。うつ病患者への接し方は安易にはいかなそうです。しかも、うつ病かどうかの判断は素人には難しいようです。うつ病については、専門の医師に相談することが大事です。うつ病の患者数は、潜在的な患者も含めると100万人とか200万人とかともいわれているようです。
それから、消費カロリー比較・・消費カロリーを比較してみました。60分行った場合の平均的な数値です。ウォーキング(300kcal)、ジョギング(420kcal)、水泳(360kcal)、(自転車)140kcal、(徒歩)160kcal、エアロビクス(300kcal)、お風呂(160kcal)。ウォーキングと徒歩の違いは倍・半分で、しかもジョギングや水泳と比べて意外に効果が高いと思いませんか。
続きを読む

kenkou100 at 05:23|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年09月26日

ストレスによる不眠の解消、う蝕、・・・いろいろ

ストレスによる不眠の解消・・ストレスによる不眠症なら、原因になるストレスを和らげたり、なくしたりする事が大事です。意外に話すだけでもストレスに解消役立ちます。まずは、家族や友人に話を聞いてもらってみるのがいいでしょう。もしくは、専門カウンセラーや保健師さんなどに話を聞いてもらうことも良いでしょうね。気分転換やリラックスすることがまずは大事です。寝るときも「眠くなったら寝ればいい」くらいの気軽に構えることも大事です。
続いて、う蝕・・「う蝕」とはいわゆる「虫歯(むし歯)」のことです。「う蝕」は口腔内の細菌が糖質から作った酸のために、歯が脱灰されて起こります。「う蝕」は「歯周病」と並ぶ歯科の二大疾患の一つです。永久歯よりも乳歯のほうが「う蝕」になりやすいこともあり、「う蝕」は子供にも多いです。「う蝕」は、風邪と同様に、どの世代でもなりうる一般的な病気です。
それから、ウォーキングで効果的に痩せよう・・ウォーキングは多くの人に知られ、実際に取り組んでいる人がすごく多いです。そのためか、昔と違って始めることに照れくささはあまり感じなくなってきたのでは無いでしょうか?ジョギングと異なり、無理しないでできるところも嬉しいですね。年齢にも関係ありません。メタボ対策にもいいです。でもやるなら効果的に行いたいですね。そのためには正しいフォームと適切な時間、そして継続して行う事が大事です。
続きを読む

kenkou100 at 06:06|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年09月22日

不眠の原因、ウォーキング、・・・いろいろ

不眠の原因・・不眠は誰もが陥る可能性があります。その要因には様々なものがあります。要因に応じて治療が必要となったり、治療方法が異なったりします。例えば、生活環境の変化などの「生理的要因」、病気などによる「身体的要因」、薬物やアルコールへの依存が原因の場合もあります。中でも最も多いのは生活の不安など「精神的心理的要因」のようです。
続いて、ウォーキング・・ウォーキングといえば「歩く」ことですが、特に運動を目的とした「歩き」のことを指して「ウォーキング」と呼んでいます。運動である「ウォーキング」は、単なる散歩とは違います。ウォーキングは運動ですので、歩くといっても一定程度のペースを維持します。だらだらやっても、運動にはならないですからね。ウォーキングでは歩くことに集中します。
それから、ウォーキングは正しく歩く・・ウォーキングは正しく歩く事が効果を高める秘訣です。注意する点としては、「背筋を伸ばすこと」「視線を少し遠くに(だいた10mくらい先を見る)」「普段より早い速度(軽く汗をかく程度)」「いつもより大きめの歩幅」「膝を伸ばしたまま足を前に出すように。足は着地するときはかかとから・離すときは爪先から」です。
続きを読む

kenkou100 at 04:53|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年09月18日

不眠症とは、インフルエンザ、・・・いろいろ

不眠症とは・・不眠症とは、睡眠時間が短く身体的又は精神的に不調があらわれることです。2割程度の人が不眠の悩みを持つといわれています。寝つきが悪い「入眠障害」や、眠りが浅くすぐ目が覚める「熟眠障害」などがあります。ちなみに、枕が替わって寝られない「一過性不眠」や1〜3習慣ほど寝られない日が続く「短期不眠」は原因がわかれば解決することが多く専門医の診断は不要といわれています。
続いて、インフルエンザ・・インフルエンザは、ウイルスによって起こる感染症です。発熱や鼻水、せき、筋肉痛、頭痛、のどの痛み等の症状がでます。風邪に似ている症状ですが、発熱はかなり高温となったりします。インフルエンザは、流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)とか、流感(りゅうかん)とかとも呼ばれます。家族の誰かがインフルエンザにかかると、皆でインフルエンザということにもなりかねないですね。
それから、ウォーキングと腰痛・・ウォーキングで嬉しいことの一つに腰痛の改善をあげる人がいます。どういうことかというと、ウォーキングをすることで自然に下半身が鍛えられます。また下半身に溜まっている血液を上半身の方に押し上げることで、全身に新鮮な血液な栄養が行き渡るよう活性化でき、腰痛の原因の疲労物質も促されていくようです。もちろんやり過ぎは良くありませんので注意しましょうね。
続きを読む

kenkou100 at 05:50|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年09月15日

理想のウォーキング、医療不信・医療不満、・・・いろいろ

理想のウォーキング・・ウォーキングの理想形は、正しいフォームで正しいペース。そしてシューズや服装も抜かりなく。コースも危険が伴わないところを選びましょう。さらに時間帯。理想的な時間は、夕食を食べた後2時間後がいいようです。ウォーキングの後にお風呂で疲れと汗を流すのがベストですね。
続いて、医療不信・医療不満・・病気の治療は重い病気ほど、患者にとっては不安です。治療を受けている医師の説明が少なかったり、分からなかったり、あまりに意外な内容だったりすると益々不安が募ります。かといって、自分の病気について、どう質問していいのかも分からなかったり、医師が気を悪くするかもしれないと勇気が出なかったりで、コミュニケーションが不足する場合もあります。医療不信や医療不満の原因はそのあたりなんでしょうね。
それから、ウォーキングと20分・・ウォーキングがダイエットにいいのは多くの人が認めることです。どうしていいのか?20分という数字が関係しています。つまり有酸素運動をして脂肪を燃焼させるためには20分以上運動を継続することが大事です。ジョギングの20分は大変ですが、ウォーキングの20分なら手軽に続けられますよね。その手軽さがポイントなんですね。
続きを読む

kenkou100 at 03:32|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年09月06日

ウォーキングとグッズ、いびき、・・・いろいろ

ウォーキングとグッズ・・ウォーキングに便利なグッズがあります。例えば「手袋」。寒い日には防寒として、日差しが強い日は日焼け止めに重宝です。「携帯電話」も普段どおり持っていると便利です。「デジカメ」を持ち歩き、目にした珍しい風景や面白風景を撮ると楽しみが増えますね。夜間であれば小型の「懐中電灯」も大切です。
続いて、いびき・・「いびき」は、寝ているときかく「ぐーぐー」とか「ごーごー」とかの、口の中が呼吸によって振動して出る音ですね。気道が狭くなると出やすいようです。いびきは、あまりかかない人と、いつもイビキをかく人がいますね。あまりイビキをかかない人でも、疲れているとイビキをかくこともあります。習慣的にかくイビキはそれほど心配の無いです。
それから、水中ウォーキング・・もし、プールに通える人なら水中ウォーキングというのもいいですね。水中では水の抵抗があるため結構な運動量になります。プールといえば泳ぐだけが運動ではありません。水中ウォーキングを運動に取り入れている人は多いです。水中ウォーキングにはいろいろな歩き方がありますのでいろいろ工夫してみるのも楽しいです。
続きを読む

kenkou100 at 06:32|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年09月01日

ウォーキングと速度、痛くない注射針、・・・いろいろ

ウォーキングと速度・・ウォーキングダイエットで気を付けるべきことのひとつに「歩く早さ」があります。普段より早く歩く事が基本ですが、目安の一つに心拍数を使う方法もあります。ウォーキング後で心拍数を1分はかり、「(220−現在の年齢−通常時の心拍数)×0.4〜0.6+通常時の心拍数」程度になるように調整するというものです。ウォーキングしながら心拍数を図って早さ調整するのも一つの手です。
続いて、痛くない注射針・・痛みの少ない注射針があると喜ぶ人はおおいです。痛みの少ない注射針があります。超極細の針のため、痛みが少ないのだそうです。テルモの直径0.2ミリの超極細の注射針「ナノパス」は、針が超極細のため注射時の痛みが少ないんだそうです。ちなみに直径0.2ミリは世界で最も細い注射針だそうです。健康診断などの採血で使われる注射針が、0.8ミリだそうですから、その細さは際立ってます。インスリンを一日に数回も自己注射しなければならないような、糖尿病患者を中心に人気のようです。
それから、朝の散歩・・健康のため朝の散歩はいかがでしょうか?ウォーキングでもいいかもしれませんね。健康のため朝あるく人は意外に多いです。続ければ顔見知りの人も増えるでしょう。最初は恥ずかしさもあるかもしれませんが、すぐ慣れます。朝の静かな街の中を歩くのも違った風景が見れて面白いですよ。
続きを読む

kenkou100 at 06:44|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ