2009年10月

2009年10月29日

睡眠薬の副作用、ウォーキングのフォーム、・・・いろいろ

睡眠薬の副作用・・睡眠薬には副作用も考えられます。ですので、利用には専門医の指導にきちんと従う必要があります。例えばどんな副作用があるかというと、「持ち越し効果」と呼ばれる思ったより効果が長続きして目覚めが悪く眠気が続くことなどや、「反跳性不眠」や「退薬症侯」等と呼ばれる服用を中止又は量を減らすことで起こる不眠や不安、頭痛などといった様々な症状があります。
続いて、ウォーキングのフォーム・・ウォーキングをしてダイエットをする場合注意しないといけないことがあります。それは正しいフォームで行わないと効果も半減してしまうということです。背筋を正しく伸ばして立つことが大切です。頭のてっぺんを糸で引かれているような感じです。あごを軽く引いて目線を遠くにするのです。分かりましたか?
それから、不眠症とは・・不眠症とは、睡眠時間が短く身体的又は精神的に不調があらわれることです。2割程度の人が不眠の悩みを持つといわれています。寝つきが悪い「入眠障害」や、眠りが浅くすぐ目が覚める「熟眠障害」などがあります。ちなみに、枕が替わって寝られない「一過性不眠」や1〜3習慣ほど寝られない日が続く「短期不眠」は原因がわかれば解決することが多く専門医の診断は不要といわれています。

続きを読む

kenkou100 at 06:46|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年10月26日

睡眠薬服用の注意、ウォーキングをしてダイエット、・・・いろいろ

睡眠薬服用の注意・・睡眠薬は通常、専門医の診断と処方がないと手に入らないです。専門医の注意やアドバイスをしっかり聞いて、守りましょう。例えば、睡眠薬を服用するときはアルコールやカフェインを控えなければいけません。アルコールを飲むと効き過ぎることもありますし、カフェインは効果を打ち消すこともあります。当たり前ですが、服用中の自動車の運転は危険です。病気などで他の薬を服用しているとき、あるいは服用する可能性があるときは専門医に必ず相談しましょう。妊娠中も注意が必要です。とにかく専門医の言葉は注意して聞きましょう。

続いて、ウォーキングをしてダイエット・・ウォーキングが一時ブームとなったことから、ウォーキングをしてダイエットをしようと考えている人は多いと思います。ウォーキングというのは歩くことで、運動をすることを目的としています。ただ漫然と歩くのとは違います。意識をして歩くことによって、消費カロリーも多くなるし、運動量も多くなるということです。ウォーキングは有酸素運動です。ダイエットを効果的にするには無酸素運動との組み合わせも大事です。ということで簡単な筋トレと組み合わせるのが良いようです。

それから、理想のウォーキング・・ウォーキングの理想形は、正しいフォームで正しいペース。そしてシューズや服装も抜かりなく。コースも危険が伴わないところを選びましょう。さらに時間帯。理想的な時間は、夕食を食べた後2時間後がいいようです。ウォーキングの後にお風呂で疲れと汗を流すのがベストですね。


続きを読む

kenkou100 at 06:43|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年10月22日

睡眠薬とその効果、栄養機能食品、・・・いろいろ

睡眠薬とその効果・・「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬の場合、服用後、血液中に吸収されて時間が増すごとに血中濃度が上昇し、精神的な緊張や不安が和らいだり解消したりにつながることもあります。抗不安薬とも呼ばれます。薬が作用する時間の長さで区別され、用途も変わってきます。寝つきを良くする為には「超短時間作用型」が一般的に用いられています。このほか、「短時間作用型」「中時間作用型」「長時間作用型」などがあります。

続いて、栄養機能食品・・「栄養機能食品」という用語は、「食品衛生法」や「健康増進法」などに基づいています。「栄養機能食品」とは、食生活において、必要な栄養素(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養素の機能を表示する食品のことです。「栄養機能食品」では、定められた範囲内で栄養機能表示ができます。

それから、ウォーキングとグッズ・・ウォーキングに便利なグッズがあります。例えば「手袋」。寒い日には防寒として、日差しが強い日は日焼け止めに重宝です。「携帯電話」も普段どおり持っていると便利です。「デジカメ」を持ち歩き、目にした珍しい風景や面白風景を撮ると楽しみが増えますね。夜間であれば小型の「懐中電灯」も大切です。


続きを読む

kenkou100 at 05:31|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年10月13日

強い睡眠導入剤、エイジング、・・・いろいろ

強い睡眠導入剤・・ひどい不眠やベンゾジアゼピン系薬剤では効き目がないときに投与される睡眠導入剤に、「バルビツール酸系」の「ラボナ」などの催眠鎮静薬があります。また「シクロピロロン系」のアモバンは超短時間で効き目があらわれる睡眠薬です。不眠のための薬にもいろいろあります。ケースに応じて使い分けることが大事ですので専門家のアドバイスを必ずもらいましょう。

続いて、エイジング・・「エイジング」とは、一般に「加齢」とか「老化」などという意味で使われています。よく耳にするのが「アンチエイジング」という形ですね。アンチエイジングにはいろいろな方法がありますが、再生医療の活用は究極の方法の一つでしょうね。期待度の高い方法の一つです。

それから、ウォーキングと速度・・ウォーキングダイエットで気を付けるべきことのひとつに「歩く早さ」があります。普段より早く歩く事が基本ですが、目安の一つに心拍数を使う方法もあります。ウォーキング後で心拍数を1分はかり、「(220−現在の年齢−通常時の心拍数)×0.4〜0.6+通常時の心拍数」程度になるように調整するというものです。ウォーキングしながら心拍数を図って早さ調整するのも一つの手です。


続きを読む

kenkou100 at 06:08|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年10月08日

睡眠導入剤いろいろ、運動不足、・・・いろいろ

睡眠導入剤いろいろ・・「ベンゾジアゼピン系」睡眠導入剤は、毒性が低く比較的安全な薬なので不眠治療薬として広く利用されているようです。「ハルシオン」として有名な一般名トリアゾラムがあります。不安などを抑制する効果をもつ薬です。「チエノジアゼピン系」も比較的安全性の高い睡眠導入剤で、例えば商品名「グッドミン」一般名ブロチゾラムがあります。

続いて、運動不足・・現代人の多くの人が運動不足です。運動不足は、健康を維持する上で決していいことではありません。健康であり続けるためには、運動はとても大事です。ところで運動というと、なんとなくスポーツやジョギングなどをイメージすることが多いと思います。また、ブームがあったビリーズブートキャンプや、ウォーキングなど、といったものを思い浮かべる人も多いでしょうね。運動不足解消に、スポーツやブートキャンプなどのトレーニングを始めるのもいいかもしれません。いっしょにできる仲間がいると、楽しく続けることもできたりします。

それから、ウォーキングと時間帯・・ウォーキングは夜に行うのがいいといわれています。その理由は、脂肪は夜寝ているときに体内につくそうで、その前に燃焼させてしまうという考えですね。とはいえ、夜でなければならないというわけではないです。時間はどうあれ、ある程度決まった時間に行う事も大切です。準備運動や運動後のストレッチも忘れずに。


続きを読む

kenkou100 at 05:44|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ