2009年11月

2009年11月27日

食生活とおからダイエット、ウォーキングと服装、・・・いろいろ

食生活とおからダイエット・・おからダイエットをきっかけに食生活を見直してみてはいかがでしょうか?欧米の食生活が普段の生活でもかなり入ってきてますが、健康面で考えれば日本食が見直されてます。欧米人とは体型的にも異なる日本人ですから日本食のほうがあっているのでしょう。おからダイエットでは、食事メニューをおからで置き換えていくことでダイエットするものですが、ダイエットの効果が出た後も、今度は健康のため、おからを続けることはいいことだと思います。

続いて、ウォーキングと服装・・ウォーキングでは服装にも注意しましょう。基本は季節にあった服装をするということです。走れば暑くなるからといって、薄着のしすぎは風邪を引くもとです。またダイエットを意識しすぎて汗をかこうと夏でも厚着したりというのもあまりよくないでしょう。暑さで倒れてしまうかもしれません。服装もがんばりすぎないことがコツかもしれませんね。

それから、おからでダイエット・・ダイエットにもいろいろありますが、おからダイエットは知ってますか?おからとは大豆から豆乳をしぼった後に残る「かす」のこと。カスといっても栄養価はかなり高くしかも安く手に入るのが嬉しいです。おからに含まれるイソフラボンという成分はシミをできにくくするなど、おからダイエットなら美容にも効果がありそうです。


続きを読む

kenkou100 at 06:40|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年11月24日

おからダイエットの隠れた美容効果、ウォーキングのシューズ、・・・いろいろ

おからダイエットの隠れた美容効果・・栄養満点のおからだから、ダイエットだけではないいい事があるようです。例えば、おからは便秘にもいいのですが、便秘が改善すればそれを原因とすニキビなど肌トラブルの改善にもつながります。またおからの成分には良質の植物性たんぱく質が含まれていますが、このたんぱく質に含まれる成分が肌にいいようです。直接肌に塗ることで、シミをできにくくしたり美白や保湿にもいいようです。

続いて、ウォーキングのシューズ・・ウォーキング用のシューズ選びは大事です。まずはサイズです。きちんと合ったシューズにしましょう。またウォーキング用には軽量シューズではなく少し重さがあるシューズを選びましょう。かかと部分がしっかりしているものを選びます。歩くときに受ける衝撃などをカバーしてくれます。靴底に厚みがあるものも同じような効果があります。

それから、睡眠薬の副作用・・睡眠薬には副作用も考えられます。ですので、利用には専門医の指導にきちんと従う必要があります。例えばどんな副作用があるかというと、「持ち越し効果」と呼ばれる思ったより効果が長続きして目覚めが悪く眠気が続くことなどや、「反跳性不眠」や「退薬症侯」等と呼ばれる服用を中止又は量を減らすことで起こる不眠や不安、頭痛などといった様々な症状があります。

続きを読む

kenkou100 at 06:45|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年11月21日

不眠症と枕、ウォーキングダイエットと紫外線、・・・いろいろ

不眠症と枕・・寝るときに枕が気になる人は多いです。少しでも安眠環境を良くするために、枕選びは意外に重要です。枕選びのポイントは、形、やわらかさ、放熱性、吸水性などでしょう。例えば高すぎる枕は肩こりや寝違いの原因にもなります。普段立っているときの状態に近い形で、首を圧迫せず寝返りの邪魔にならないものがいいでしょう。熱がこもると安眠の妨げになります。また寝てるときは結構汗もかきます。ポイントをおさえてお気に入りの枕を見つけましょう。

続いて、ウォーキングダイエットと紫外線・・ウォーキングダイエットのため日中外を歩くのはいいのですが、紫外線ケアはしっかりしたいですね。ダイエットでせっかくやせても、肌の悩みを増やしては嬉しさが半減してしまいます。曇りでも紫外線は出ているのです。対策として例えば、日が落ちてからとか早朝のウォーキングというのもいいかもしれません。

それから、睡眠薬服用の注意・・睡眠薬は通常、専門医の診断と処方がないと手に入らないです。専門医の注意やアドバイスをしっかり聞いて、守りましょう。例えば、睡眠薬を服用するときはアルコールやカフェインを控えなければいけません。アルコールを飲むと効き過ぎることもありますし、カフェインは効果を打ち消すこともあります。当たり前ですが、服用中の自動車の運転は危険です。病気などで他の薬を服用しているとき、あるいは服用する可能性があるときは専門医に必ず相談しましょう。妊娠中も注意が必要です。とにかく専門医の言葉は注意して聞きましょう。


続きを読む

kenkou100 at 06:57|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年11月18日

睡眠改善薬のこと、ウォーキングダイエットと排気ガス、・・・いろいろ

睡眠改善薬のこと・・不眠に悩む人の薬のうち、睡眠導入剤や睡眠薬は医師の処方に基づいて購入する事ができます。一方で、一般の薬局で自分で購入できるのが、睡眠改善薬です。ところで日本で初めての睡眠改善薬は、エスエス製薬の「ドリトル」です。またグラクソ・スミスクラインの「ナイトール」などいくつか見つける事ができます。
続いて、ウォーキングダイエットと排気ガス・・ウォーキングダイエットでウォーキングするコース選びはとても重要です。ウォーキングは有酸素運動であり、十分に呼吸を行いながらする運動です。その運動が車から排出される排気ガスの多いところで行なわれていれば、むしろ健康的にはマイナスになりかねません。公園などできるだけ排ガスから遠いところで行いましょう。
それから、睡眠薬とその効果・・「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬の場合、服用後、血液中に吸収されて時間が増すごとに血中濃度が上昇し、精神的な緊張や不安が和らいだり解消したりにつながることもあります。抗不安薬とも呼ばれます。薬が作用する時間の長さで区別され、用途も変わってきます。寝つきを良くする為には「超短時間作用型」が一般的に用いられています。このほか、「短時間作用型」「中時間作用型」「長時間作用型」などがあります。
続きを読む

kenkou100 at 05:18|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年11月15日

おからクッキーのいろいろ、ウォーキングの時間帯、・・・いろいろ

おからクッキーのいろいろ・・おからクッキーのダイエットでの人気から、おからクッキーにもいろいろバリエーションが登場しました。例えば、黒ゴマおからクッキーはダイエット食品の定番です。黒ゴマも低カロリーで栄養価が高く味わいも良くしてくれます。豆乳おからクッキーも人気ですし、寒天と組合わせ、より満腹感が得られる、おから寒天クッキーもあります。いろいろ選んでみるといいですね。

続いて、ウォーキングの時間帯・・ウォーキングを効果的に行うためにいい時間帯は、食後1〜2時間です。体内にある血糖値と言うのは空腹時には低いし、食事をしたあとだと上がっていますだから適度な値になる食後しばらくしてからの方がいいのです。7時くらいに夕飯を食べて9時くらいにウォーキングを始めるといいかもしれませんね。人通りも車通りも少なくなるためにウォーキングしやすいかもしれません。

それから、強い睡眠導入剤・・ひどい不眠やベンゾジアゼピン系薬剤では効き目がないときに投与される睡眠導入剤に、「バルビツール酸系」の「ラボナ」などの催眠鎮静薬があります。また「シクロピロロン系」のアモバンは超短時間で効き目があらわれる睡眠薬です。不眠のための薬にもいろいろあります。ケースに応じて使い分けることが大事ですので専門家のアドバイスを必ずもらいましょう。

続きを読む

kenkou100 at 06:19|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年11月11日

おからクッキーのいいところ、ウォーキングダイエットの準備、・・・いろいろ

おからクッキーのいいところ・・おからクッキーにはいいところが満載です。そもそもクッキーというのが手軽で良いですね。おやつのときも、食事の補助のときも、調理も何も要らずにすぐ食べられます。しかもおからクッキーは商品が増えたため風味も好みのものが選べます。栄養的にも豊富で、食物繊維が便秘解消にも役立ちます。栄養価が高くカロリーの低いおからクッキーなら食事制限につきまとうストレスを最小限にできますし、ダイエットを継続することが楽になりますね。

続いて、ウォーキングダイエットの準備・・ウォーキングでダイエット効果をきちんと出すには、ただ歩いてもダメです。正しい歩き方をしなければなりません。ですのでウォーキングをはじめるまえに、歩き方のチェックをきちんとしましょう。上下左右に揺れながら歩いていたり、膝を曲げて歩いていたりしないでしょうか?きちんとチェックしましょうね。チェックを怠ると、思うように効果が上がらないかもしれませんよ。

それから、睡眠導入剤いろいろ・・「ベンゾジアゼピン系」睡眠導入剤は、毒性が低く比較的安全な薬なので不眠治療薬として広く利用されているようです。「ハルシオン」として有名な一般名トリアゾラムがあります。不安などを抑制する効果をもつ薬です。「チエノジアゼピン系」も比較的安全性の高い睡眠導入剤で、例えば商品名「グッドミン」一般名ブロチゾラムがあります。

続きを読む

kenkou100 at 06:41|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年11月08日

おからクッキーとダイエット、ウォーキングと有酸素運動、・・・いろいろ

おからクッキーとダイエット・・カロリーが低い上に、満腹感が得やすいのが特徴の「おからクッキー」が人気です。クッキーといえば、通常はダイエットの敵みたいな存在ですが、おからクッキーなら健康的なダイエットの味方になってくれそうです。おからクッキーはいろいろな会社から発売されてますが、普通のクッキーよりは高いです。そこでいっそのこと手づくりするのもアリですね。

続いて、ウォーキングと有酸素運動・・ウォーキングは有酸素運動です。有酸素運動によって脂肪を燃焼させることができます。人間に必要なエネルギーは、糖分を分解する場合と、脂肪を分解する場合の二つの過程で作られます。この二つの過程は有酸素運動でできます。脂肪を燃焼させてダイエットを成功させましょう。

それから、睡眠導入剤とは・・睡眠導入剤とは、不眠や睡眠不足などの治療の際に用いられる薬剤です。睡眠導入剤にもいろいろあります。化学構造に着目して分類される次の5つの分け方があります。「ベンゾジアゼピン系」「チエノジアゼピン系」「バルビツール酸系」「シクロピロロン系」「抗ヒスタミン剤薬」の5つです。それぞれ特徴があり利用状況などに違いがあります。

自動車の価値を考えるときに国内の価値観だけでは判断できなくなっているっことに気づく必要があります。海外にも販路が広がってますからね。昔と違う判定基準@廃車。雑誌や販売店の売値で相場調べしても、それがすべてではありません。ネットの一括査定がある現在、利用しないのはもったいないです。


続きを読む

kenkou100 at 06:14|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年11月04日

おからダイエットやりかた、ウォーキングで何故ダイエット?、・・・いろいろ

おからダイエットやりかた・・おからでダイエットといってもどうやるの?という疑問はありませんか?おからを使ったダイエットの多くは、普段の食事におからを取り込むというものです。おから料理としては煮物が定番ですが、その他にもハンバーグやコロッケなどにおからを混ぜると、ボリュームはそのままで高いカロリーは抑えることができます。

続いて、ウォーキングで何故ダイエット?・・ウォーキングをすると何故痩せる?今ではあまり疑問を抱く人は少ないかもしれませんね。ウォーキングによるダイエットはいろいろ耳にしますので。歩き始めて大体20分間は血液中にある糖質が燃焼されるそうです。20分以降は血液中にある糖質が燃焼されてしまうので、変わりにエネルギーになる血液中の脂肪を燃焼していくという仕組みになっているそうです。

それから、ストレスによる不眠の解消・・ストレスによる不眠症なら、原因になるストレスを和らげたり、なくしたりする事が大事です。意外に話すだけでもストレスに解消役立ちます。まずは、家族や友人に話を聞いてもらってみるのがいいでしょう。もしくは、専門カウンセラーや保健師さんなどに話を聞いてもらうことも良いでしょうね。気分転換やリラックスすることがまずは大事です。寝るときも「眠くなったら寝ればいい」くらいの気軽に構えることも大事です。

続きを読む

kenkou100 at 06:33|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2009年11月01日

おからでダイエット、肥満解消とウォーキング、・・・いろいろ

おからでダイエット・・ダイエットにもいろいろありますが、おからダイエットは知ってますか?おからとは大豆から豆乳をしぼった後に残る「かす」のこと。カスといっても栄養価はかなり高くしかも安く手に入るのが嬉しいです。おからに含まれるイソフラボンという成分はシミをできにくくするなど、おからダイエットなら美容にも効果がありそうです。

続いて、肥満解消とウォーキング・・運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが、ウォーキングは有酸素運動です。有酸素運動であるウォーキングするということは、体内に酸素を取り込み、体内にある糖質と脂質をエネルギーに換えるという作用により、肥満解消につながります。ウォーキングだけじゃなく、他の運動や食事の工夫も組み合わせることがより効果アップにつながります。

それから、不眠の原因・・不眠は誰もが陥る可能性があります。その要因には様々なものがあります。要因に応じて治療が必要となったり、治療方法が異なったりします。例えば、生活環境の変化などの「生理的要因」、病気などによる「身体的要因」、薬物やアルコールへの依存が原因の場合もあります。中でも最も多いのは生活の不安など「精神的心理的要因」のようです。


続きを読む

kenkou100 at 06:23|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ