2010年02月

2010年02月24日

おからの食べ方に注意、ウォーキングは正しく歩く、・・・いろいろ

おからの食べ方に注意・・おからを調理する際に油を吸収しやすいという性質があります。例えばマヨネーズで和えると、マヨネーズの油分をどんどん吸収し高カロリーな料理になりかねません。また、おからだけを大量に食べ続けることもいいとはいえません。一日あたり50グラムを目安にしてみてはいかがでしょうか。食べ過ぎると食物繊維が多過ぎて、他の栄養素、特に鉄分の吸収を阻害する可能性もあるようです。

ウォーキングは正しく歩く・・ウォーキングは正しく歩く事が効果を高める秘訣です。注意する点としては、「背筋を伸ばすこと」「視線を少し遠くに(だいた10mくらい先を見る)」「普段より早い速度(軽く汗をかく程度)」「いつもより大きめの歩幅」「膝を伸ばしたまま足を前に出すように。足は着地するときはかかとから・離すときは爪先から」です。


睡眠と寝室環境・・安眠のためのポイントの一つに寝室環境があります。心身ともにリラックスできる部屋作りが大切です。静かさと暗さの確保のため、防音カーテン、遮光カーテンが便利です。温度については、理想的な室温は夏が25℃で冬は15℃、湿度は50%です。不眠症に悩む方なら、まずは寝室環境を見直してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

kenkou100 at 06:07|Permalink 健康のいろいろ 

2010年02月21日

おからは腐りやすい、ウォーキングと腰痛、・・・いろいろ

おからは腐りやすい・・経済的で健康にも美容にも期待度の大きいおからダイエットですが、注意することもあります。おからは腐りやすいため保存方法に注意が必要です。冷蔵庫で保存して賞味期限内に食べきりましょう。もし長期保存したい場合には小分にして冷凍です。冷凍の際は、からいりして水分を飛ばしてから冷凍すると固まらないので使うときに便利です。

ウォーキングと腰痛・・ウォーキングで嬉しいことの一つに腰痛の改善をあげる人がいます。どういうことかというと、ウォーキングをすることで自然に下半身が鍛えられます。また下半身に溜まっている血液を上半身の方に押し上げることで、全身に新鮮な血液な栄養が行き渡るよう活性化でき、腰痛の原因の疲労物質も促されていくようです。もちろんやり過ぎは良くありませんので注意しましょうね。


不眠症と布団・・不眠解消の環境づくりのため布団選びは重要です。とくに敷布団選びがポイントです。睡眠中の身体にストレスがかからないものを選ぶには、仰向けに寝て体が軽いS字になる状態のものがいいです。布団がやわらかすぎると、体が沈みこんで腰に負担がかかります。かたすぎると、身体の血行的によくないです。寝ている間は寝返りを打つものですから、適度なかたさとともに広さも重要です。両手を広げた程度の広さは欲しいですね。

続きを読む

kenkou100 at 04:11|Permalink 健康のいろいろ 

2010年02月16日

おからのおやつ、ウォーキングと20分、・・・いろいろ

おからのおやつ・・ダイエットの挫折理由に甘いものがやめられなかったという人は多いです。ムリしてガマンしてもリバウンドも怖いです。それならいっそ、カロリーを控えたおやつを代わりに食べることでダイエットに取組んでみてはいかがでしょうか。例えばケーキで、軽くから煎りしたおからを使って小麦粉の量を減らすとか、夏にはおからアイスクリームというのもいいですよ。

ウォーキングと20分・・ウォーキングがダイエットにいいのは多くの人が認めることです。どうしていいのか?20分という数字が関係しています。つまり有酸素運動をして脂肪を燃焼させるためには20分以上運動を継続することが大事です。ジョギングの20分は大変ですが、ウォーキングの20分なら手軽に続けられますよね。その手軽さがポイントなんですね。


おからダイエットの秘訣・・数あるダイエットの中でも、おからダイエットは成功率の高い方法と言われています。その秘密は無理なく続けられるということでしょう。おからによる満腹感がダイエットのストレスをやわらげてくれるのかもしれませんね。ダイエットは続ける事が大事です。効果が見込めても続けることができなければ失敗してしまいますからね。おからダイエットをサポートする商品が多いことも、ダイエット継続の手間を省いてくれて、成功率の高さに貢献しているようです。

おからこんにゃくの商品・・ダイエット食品として人気のおからこんにゃく。実は忙しい人や料理が苦手な人でも、手軽におからこんにゃくを食べることができるようになってます。例えば、唐揚げ用パックや、ウインナー、レトルトハンバーグなどなど。小さいお店ではなかなか見つからないかもしれませんが、大きなスーパーや宅配、インターネットショップを利用すれば比較的簡単に手に入れることができます。

おからハンバーグ・・ハンバーグも子供たちが喜ぶメニューですね。子供たちと一緒のメニューでダイエットができます。おからハンバーグではひき肉をこねる過程でおからを合わせます。おからの量は肉の半分くらいが目安で、多すぎるとぱさぱさした感じになるでしょう。好みやダイエットの目標に合わせて調整しましょう。子供たちには普通のハンバーグを作ってあげてもいいかもしれませんね。

中古車のマイカー、どの程度で買取り・下取りできるのか?それによって愛車の買い替えはかなり違ってくるはずです。中古車買取り相場!愛車査定比較でマイカーの高い査定額のもらい方をしることから。気軽に査定比べを試せる便利な方法がネットに登場しています。販売店の下取りに任せっぱなしにするのはもったいないです。





kenkou100 at 06:18|Permalink 健康のいろいろ 

2010年02月12日

おからジュース、水中ウォーキング、・・・いろいろ

おからジュース・・おからの食べ方の一つに「おからジュース」があります。おからジュースでダイエットに成功した人もいるようです。おからジュースのいいところは、手軽であることと、それによって食物繊維の摂取に役立ち便秘の改善への効果もきたいできることです。おからは液状にするとより吸収されやすくなるともいわれてます。作り方もかんたんで、おからと水をミキサーで混ぜるだけ。スーパーなどでも売っている「おからペースト」を買ってくれば、ミキサーも不要です。おからジュースでのダイエット試してみてはいかがでしょうか。

水中ウォーキング・・もし、プールに通える人なら水中ウォーキングというのもいいですね。水中では水の抵抗があるため結構な運動量になります。プールといえば泳ぐだけが運動ではありません。水中ウォーキングを運動に取り入れている人は多いです。水中ウォーキングにはいろいろな歩き方がありますのでいろいろ工夫してみるのも楽しいです。


おからダイエットとメタボ・・メタボリックシンドロームとは内臓脂肪の増大によって、高血圧症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高い状態のことです。自覚症状が薄いため知らないうちに進んでいるという怖い面があります。そんなメタボ対策に栄養も充実している おからダイエットが最適です。メタボは他人事ではありません。40歳から74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボまたはその予備軍といわれてます。見た目だけじゃなく、健康のためにもおからダイエット始めてみませんか?

続きを読む

kenkou100 at 05:22|Permalink 健康のいろいろ 

2010年02月08日

おからとイソフラボン、朝の散歩、・・・いろいろ

おからとイソフラボン・・おからは、栄養バランスに優れている上に低カロリーで、満腹感を得られるというダイエットには理想的な食材です。おからに含まれる栄養素の中で、大豆イソフラボンが注目されてます。それは大豆イソフラボンが女性の美容と健康維持にとても重要な役割を果たすからです。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持ち、バストアップ効果や美肌効果、生理不順の改善などにもいいといわれてます。更年期障害や乳がん、骨粗鬆症、動脈硬化など女性ホルモンの減少が原因で発症する病気の改善にもいいようです。

朝の散歩・・健康のため朝の散歩はいかがでしょうか?ウォーキングでもいいかもしれませんね。健康のため朝あるく人は意外に多いです。続ければ顔見知りの人も増えるでしょう。最初は恥ずかしさもあるかもしれませんが、すぐ慣れます。朝の静かな街の中を歩くのも違った風景が見れて面白いですよ。


おからこんにゃくのメニューいろいろ・・おからこんにゃくのハンバーグは普段のハンバーグよりもやわらかい出来になるでしょう。コロッケにもいいです。ちなみに、おからこんにゃくの水気を絞ることが重要なポイントです。おからこんにゃくのから揚げや焼き肉風は、肉のような食感を生かしたメニューです。フードプロセッサーでペースト状にしたおからこんにゃくはデザートにもなります。ヘルシーでダイエットにも役立つメニューです。

続きを読む

kenkou100 at 06:12|Permalink 健康のいろいろ | 歯のいろいろ

2010年02月04日

豆腐とおからダイエット、内臓脂肪型肥満、・・・いろいろ

豆腐とおからダイエット・・豆腐も優れた健康食品として有名です。豆腐は日本の伝統的な食材であり、海外でも注目されています。豆腐には大豆の植物性たんぱく質や脂肪を豊富に含んでいます。メタボ改善やダイエットにも取り入れられてきました。でもこの優れた豆腐と比べても、例えば食物繊維については、おからのほうが多く便通の改善にも役立ちます。おからってすごいですね。

内臓脂肪型肥満・・内臓脂肪型肥満は別名「隠れ肥満」とも呼ばれています。見た目は太っていないのに、内臓には脂肪がたくさんついているという状態です。健康的に肥満は解消すべきことなので、見た目に関わらずダイエットが大切です。このタイプの肥満に対してももウォーキングダイエットがすごく注目されています。


おからこんにゃくの利用方法・・肉のような食感を持つおからこんにゃくは、ダイエット中の肉の代わりとして最適です。例えば、3食中1食をおからこんにゃくに置換えて食事するという方法があります。残り2色は普通のお肉も食べられますので、無理なくダイエットを進める事ができるでしょう。それとダイエット成功の秘訣は記録をとることです。食事内容や運動内容、便通、体重などの記録が意外にダイエット成功の可能性を高めてくれます。

続きを読む

kenkou100 at 05:47|Permalink 健康のいろいろ