2010年05月

2010年05月29日

食事とこんにゃくダイエット、睡眠薬とその効果、・・・いろいろ

食事とこんにゃくダイエット・・こんにゃくダイエットは、食事にこんにゃくを取り入れることで、満腹感とカロリーオフの両立がポイントです。
こんにゃくに含まれるグルコマンナンという水溶性の食物繊維が胃の中で膨張するために満腹感がえられるそうです。便秘解消にも役立つといわれてますが、こんにゃくだけでは栄養バランスを崩しますので、バランスのいい食事にこんにゃくをとりいれることが大事です。

睡眠薬とその効果・・「ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬の場合、服用後、血液中に吸収されて時間が増すごとに血中濃度が上昇し、精神的な緊張や不安が和らいだり解消したりにつながることもあります。抗不安薬とも呼ばれます。薬が作用する時間の長さで区別され、用途も変わってきます。寝つきを良くする為には「超短時間作用型」が一般的に用いられています。このほか、「短時間作用型」「中時間作用型」「長時間作用型」などがあります。


おからこんにゃくの商品・・ダイエット食品として人気のおからこんにゃく。実は忙しい人や料理が苦手な人でも、手軽におからこんにゃくを食べることができるようになってます。例えば、唐揚げ用パックや、ウインナー、レトルトハンバーグなどなど。小さいお店ではなかなか見つからないかもしれませんが、大きなスーパーや宅配、インターネットショップを利用すれば比較的簡単に手に入れることができます。

続きを読む

kenkou100 at 06:09|Permalink 健康のいろいろ 

2010年05月25日

お米にこんにゃく、強い睡眠導入剤、・・・いろいろ

お米にこんにゃく・・お米にこんにゃくって意外な組み合わせだと思いますよね。でも、これダイエットにすごく有効かもしれません。違和感を最小限に、満腹感を出しつつカロリーを抑える秘密兵器になってくれるかも。お米をたくときにこんにゃくを混ぜるだけ。普通にごはんを食べてるようにいただけると思います。ご飯でカロリー減を達成できれば、ダイエットもかなり楽になりそうですよね。

強い睡眠導入剤・・ひどい不眠やベンゾジアゼピン系薬剤では効き目がないときに投与される睡眠導入剤に、「バルビツール酸系」の「ラボナ」などの催眠鎮静薬があります。また「シクロピロロン系」のアモバンは超短時間で効き目があらわれる睡眠薬です。不眠のための薬にもいろいろあります。ケースに応じて使い分けることが大事ですので専門家のアドバイスを必ずもらいましょう。


ダイエットとおから茶・・おからダイエットでおからを続けるのが大変という人には、おから茶がいいかもしれません。おから茶にはイソフラボンが豊富に含まれており、このイソフラボンは女性ホルモンによく似た働きをするようです。そのため更年期障害や生理痛の改善、美肌効果なども期待できるようです。おから茶は自宅で簡単に手作りできます。しかもノンカフェインであるため子どももお年寄り皆一緒に飲むことができます。

続きを読む

kenkou100 at 05:08|Permalink 健康のいろいろ 

2010年05月18日

こんにゃくとデトックス、睡眠導入剤いろいろ、・・・いろいろ

こんにゃくとデトックス・・デトックスとは英単語で意味は「解毒」です。健康志向の高まりでデトックスということばがかなり一般的になりました。デトックスを標榜するものにはいろいろありますが、こんにゃくもまたデトックスの効果があるようです。食物繊維が不要なものを吸着して体外まで運んでくれるということでしょう。デトックスは健康面や美容面で注目されており、こんにゃくダイエットは健康や美容にもよさそうですね。

睡眠導入剤いろいろ・・「ベンゾジアゼピン系」睡眠導入剤は、毒性が低く比較的安全な薬なので不眠治療薬として広く利用されているようです。「ハルシオン」として有名な一般名トリアゾラムがあります。不安などを抑制する効果をもつ薬です。「チエノジアゼピン系」も比較的安全性の高い睡眠導入剤で、例えば商品名「グッドミン」一般名ブロチゾラムがあります。


おから団子とダイエット・・おから団子はおからを用いたダイエット食品の一つです。一日3食のうち、1食から2食の主食をおから団子に置き換えることでダイエットを進めます。1食分のおから団子10個はおよそ130キロカロリーで、ご飯は一膳なら約270カロリーなので、おかずを普通どおりに食べても食事全体のカロリーは抑えられます。しかも豊富な食物繊維のおかげで満腹感も得られるのが嬉しいです。

続きを読む

kenkou100 at 05:05|Permalink 健康のいろいろ 

2010年05月12日

こんにゃくとラーメン、睡眠導入剤とは、・・・いろいろ

こんにゃくとラーメン・・ダイエットのタブー、ラーメンをこんにゃくが変えました。コンニャクを麺づくりに利用することでラーメンのカロリーをおさえ、ダイエット中でもラーメンが心置きなく楽しめるようになりました。ダイエットでは好きなものが食べられないというのがストレスになりがちです。こういう食品はダイエットの頼もしい味方になってくれそうですね。

睡眠導入剤とは・・睡眠導入剤とは、不眠や睡眠不足などの治療の際に用いられる薬剤です。睡眠導入剤にもいろいろあります。化学構造に着目して分類される次の5つの分け方があります。「ベンゾジアゼピン系」「チエノジアゼピン系」「バルビツール酸系」「シクロピロロン系」「抗ヒスタミン剤薬」の5つです。それぞれ特徴があり利用状況などに違いがあります。


スープでおから・・おからダイエットでは、毎日おからを食べることになります。ですので、おから料理もいくつかないと飽きてしまいますね。おからのレパートリーの一つにスープもどうぞ。作り方は簡単。炒ったおからにだし汁を加え、次に塩を加えて煮立たせ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。お好みで野菜や豆腐などの具を入れると完成です。ちなみに、ダイエット用食品の一つとして、おからスープのレトルト商品も売られてますので、忙しい方はこちらを利用すると便利ですね。

続きを読む

kenkou100 at 06:31|Permalink 健康のいろいろ 

2010年05月06日

こんにゃくでカロリーマイナス?、ストレスによる不眠の解消、・・・いろいろ

こんにゃくでカロリーマイナス?・・こんにゃくは低カロリーな食材です。と同時に食物繊維が豊富で、体内で脂肪を吸着して体内に吸収させないようにする力があります。つまりカロリー収支で考えれば、コンニャクを食べなかったときより、コンニャクを食べたときのほうがカロリーがおさえられることがあるということです。こんにゃくに含まれている水溶性食物繊維は粘着性が高いために、胃から腸へ移動する時間はかなりかかり腹持ちがいいという特徴もあるようです。ダイエットに是非試したいコンニャクですね。

ストレスによる不眠の解消・・ストレスによる不眠症なら、原因になるストレスを和らげたり、なくしたりする事が大事です。意外に話すだけでもストレスに解消役立ちます。まずは、家族や友人に話を聞いてもらってみるのがいいでしょう。もしくは、専門カウンセラーや保健師さんなどに話を聞いてもらうことも良いでしょうね。気分転換やリラックスすることがまずは大事です。寝るときも「眠くなったら寝ればいい」くらいの気軽に構えることも大事です。


乾燥おからでダイエット・・おからダイエットでは毎日おからをたべることが基本です。ところが普通のおからは80%が水分でできており、いたみやすい食品です。そこで便利なのが乾燥おからです。乾燥おからは常温で長期保存ができます。しかも、サイズ的にも普通のおからに比べコンパクトに収納できます。使うときは生おからに戻してハンバーグやコロッケに加えるほか、乾燥おからのままでお好み焼きや、揚げ物の衣代りに使うこともできます。便利な乾燥おからを活用しましょう。

続きを読む

kenkou100 at 06:30|Permalink 健康のいろいろ