2011年02月

2011年02月28日

肥満の種類、お米にこんにゃく、・・・いろいろ

肥満の種類・・

 健康ブームを経て、肥満のことかなり詳しい人も増えてきました。

例えば、肥満って2種類の肥満があることは知ってますか?

「皮下脂肪型」と「内臓脂肪型」です。

一度は耳にした事があると思います。


 皮下脂肪型は見た目に太ってみえる肥満ですが、内臓脂肪型は見た目には分かりにくいです。

生活習慣病で気をつけたいのは、むしろ分かりにくい内臓脂肪型の肥満です。





お米にこんにゃく・・・

お米にこんにゃくって意外な組み合わせだと思いますよね。

でも、これダイエットにすごく有効かもしれません。

違和感を最小限に、満腹感を出しつつカロリーを抑える秘密兵器になってくれるかも。

お米をたくときにこんにゃくを混ぜるだけ。

普通にごはんを食べてるようにいただけると思います。

ご飯でカロリー減を達成できれば、ダイエットもかなり楽になりそうですよね。





消費カロリー比較・・

消費カロリーを比較してみました。

60分行った場合の平均的な数値です。

ウォーキング(300kcal)、ジョギング(420kcal)、水泳(360kcal)、(自転車)140kcal、(徒歩)160kcal、エアロビクス(300kcal)、お風呂(160kcal)。

ウォーキングと徒歩の違いは倍・半分で、しかもジョギングや水泳と比べて意外に効果が高いと思いませんか。



続きを読む

kenkou100 at 07:04|Permalink 健康のいろいろ 

2011年02月21日

健康増進スープダイエットの注意、・・・いろいろ

健康増進スープダイエットの注意・・・

 基本的に健康的なダイエットを目指す野菜スープのダイエットですので、子供からお年寄りまで利用できるのですが、実は万能ではありません。


 例えば、野菜スープダイエットを控えた方がよいケースとして重い腎臓病の人、腸閉塞を起こしている人、ひどい下痢をしている人など、水分やミネラルの摂取を制限されている場合などがあります。






こんにゃくとデトックス・・

デトックスとは英単語で意味は「解毒」です。

健康志向の高まりでデトックスということばがかなり一般的になりました。

デトックスを標榜するものにはいろいろありますが、こんにゃくもまたデトックスの効果があるようです。

食物繊維が不要なものを吸着して体外まで運んでくれるということでしょう。

デトックスは健康面や美容面で注目されており、こんにゃくダイエットは健康や美容にもよさそうですね。





ウォーキングで効果的に痩せよう・・・

ウォーキングは多くの人に知られ、実際に取り組んでいる人がすごく多いです。

そのためか、昔と違って始めることに照れくささはあまり感じなくなってきたのでは無いでしょうか?

ジョギングと異なり、無理しないでできるところも嬉しいですね。

年齢にも関係ありません。

メタボ対策にもいいです。

でもやるなら効果的に行いたいですね。

そのためには正しいフォームと適切な時間、そして継続して行う事が大事です。



続きを読む

kenkou100 at 06:55|Permalink 健康のいろいろ 

2011年02月15日

健康増進型野菜スープの力、・・・いろいろ

健康増進型野菜スープの力・・

 健康増進型野菜スープはタダ痩せるだけではく、その名のとおり健康の増進に役立ちます。

例えば、血圧が高めの人の食事改善や、肌の張りツヤに手応えを感じる人もいるようです。


 また便のお通じに手応えを感じる人もいます。

便秘や痔の改善にも役立ちますね。

野菜の持つミネラルやビタミン、食物繊維、そしてファイトケミカルが及ぼす力のようです。






こんにゃくとラーメン・・

ダイエットのタブー、ラーメンをこんにゃくが変えました。

コンニャクを麺づくりに利用することでラーメンのカロリーをおさえ、ダイエット中でもラーメンが心置きなく楽しめるようになりました。

ダイエットでは好きなものが食べられないというのがストレスになりがちです。

こういう食品はダイエットの頼もしい味方になってくれそうですね。





ウォーキングは正しく歩く・・

ウォーキングは正しく歩く事が効果を高める秘訣です。

注意する点としては、「背筋を伸ばすこと」「視線を少し遠くに(だいた10mくらい先を見る)」「普段より早い速度(軽く汗をかく程度)」「いつもより大きめの歩幅」「膝を伸ばしたまま足を前に出すように。

足は着地するときはかかとから・離すときは爪先から」です。



続きを読む

kenkou100 at 05:52|Permalink 健康のいろいろ 

2011年02月09日

健康増進とスープと心がけ、・・・いろいろ

健康増進とスープと心がけ・・

 甘い野菜を使ったスープダイエットの基本的なルールは、1日2回(朝食前・午後三時)、空腹時に200mlずつスープを飲むこと。

そのほかには特に制限は無いのですが、不摂生は避けるべきです。

また腹八分目の食事を心がけることも効果的。

とにかく健康的な生活に野菜スープを取り入れる事ができるのがベストです。






こんにゃくでカロリーマイナスって・・

こんにゃくは低カロリーな食材です。

と同時に食物繊維が豊富で、体内で脂肪を吸着して体内に吸収させないようにする力があります。

つまりカロリー収支で考えれば、コンニャクを食べなかったときより、コンニャクを食べたときのほうがカロリーがおさえられることがあるということです。

こんにゃくに含まれている水溶性食物繊維は粘着性が高いために、胃から腸へ移動する時間はかなりかかり腹持ちがいいという特徴もあるようです。

ダイエットに是非試したいコンニャクですね。






ウォーキングと腰痛・・・

ウォーキングで嬉しいことの一つに腰痛の改善をあげる人がいます。

どういうことかというと、ウォーキングをすることで自然に下半身が鍛えられます。

また下半身に溜まっている血液を上半身の方に押し上げることで、全身に新鮮な血液な栄養が行き渡るよう活性化でき、腰痛の原因の疲労物質も促されていくようです。

もちろんやり過ぎは良くありませんので注意しましょうね。






続きを読む

kenkou100 at 06:07|Permalink

2011年02月03日

健康増進型野菜スープ、こんにゃくで満腹感、・・・いろいろ

健康増進型野菜スープ・・

 健康増進とダイエットのための野菜スープ。

調味料もまったく加えず、野菜だけで作ったスープ。

具の野菜を食べずに、スープだけを飲みます。


 食べ方は朝食前とおやつどきの午後3時の1日2回がベストのタイミングといわれてます。

200mlづつ飲むことで、空腹時の血糖値のコントロールにも役立つとか。

最初は1ヶ月ほど続ける事を目標にするのがいいようです。





こんにゃくで満腹感・・・

ダイエットで一番辛いことは何でしょうか?

もしかしたら空腹感かもしれませんね。

また食事で満腹感を得る事がなくガマンしなければならないときもストレスになるかもしれません。

こんにゃくは97%が水分で作られているため、カロリーはかなり低いのに植物繊維のおかげで満腹感をえることができる食品です。

ダイエットの強い味方ですね。

上手にこんにゃくを取り入れてストレスを抑えたダイエットを継続したいですね。





ウォーキングと20分・・・

ウォーキングがダイエットにいいのは多くの人が認めることです。

どうしていいのか?

20分という数字が関係しています。

つまり有酸素運動をして脂肪を燃焼させるためには20分以上運動を継続することが大事です。

ジョギングの20分は大変ですが、ウォーキングの20分なら手軽に続けられますよね。

その手軽さがポイントなんですね。






続きを読む

kenkou100 at 06:17|Permalink 健康のいろいろ