2011年07月

2011年07月28日

豆乳クッキーづくり、健康的ダイエット、・・

豆乳クッキーづくり・・

豆乳クッキーは粉末豆乳を使って作ります。

まず卵1個、てんさい糖30g、塩小さじ1/4をよく混ぜ合わせます。

そこに、マーガリン30gを泡立て器で混ぜてから加え、よく混ぜ合わせます。

さらに薄力粉100gと粉末豆乳30gを振るい入れて、切るように混ぜ合わせます。

その後、冷蔵庫で30分ほど冷やします。

最後に棒状にして幅1cmで切り、170度に温めたオーブンで、約30分間焼いて完成。






健康的なダイエットを・・

 ダイエットをがんばる人ほど、体重やプロポーションなどに気をとられて健康面についておろそかにしがちです。

ムリな食事制限など、栄養バランスを崩してまで行うダイエットは、健康にも美容にも良くないです。


 ですので、ただ痩せればいいというのではなく、健康面にもムリしないということが実は重要ですね。

がんばって体や美容にマイナスでは意味がないですね。






おからコロッケ・・・

おからコロッケなら子供のいる家庭でも、子供と一緒に楽しめるおかずになります。

ダイエットする人だけのおかずじゃなく、みんなのおかずになれば手間もかからず、また経済的ですよね。

おからの量はじゃがいもの半分くらいです。

おからコロッケは通常のコロッケのひき肉や玉ねぎを炒める過程でおからも合わせ加えて、つぶしたジャガイモに加えます。

結構簡単ですよ。



続きを読む

kenkou100 at 05:30|Permalink 健康のいろいろ 

2011年07月21日

黒豆クッキーづくり、こんにゃく、・・

黒豆クッキーづくり・・・

黒豆クッキーづくりには、黒豆きな粉を使います。

マーガリン(50g)を柔らかくなるまで泡立てます。

次に溶きほぐした卵に三温糖(30g)を合わせて2、3回に分けてマーガリンにすり混ぜます。

これに薄力粉(100g)黒豆きな粉(20g)ベーキングパウダー(小さじ1)を振るい合わせたものを加えます。

また黒豆の水煮(1/2カップ)を加えて、切るようにして混ぜ合わせます。

生地を厚さ7mm・直径3cmの円形にし、160度に温めたオーブンで約15分間焼いて完成です。





こんにゃくダイエットのコンセプト・・

 ダイエットにもいろいろありますが、こんにゃくダイエットの特徴は、空腹感によるストレスをできるだけ減らしながら続けるという点にあると思います。


 カロリーが少なく、満腹感を得やすいこんにゃくの特徴を活かしたダイエットですね。

おまけにこんにゃくの食物繊維が便秘にも効いてくれれば、一石二鳥かも。





おからダイエットと「卯の花」・・・

おからダイエットではさまざまなメニューにおからを使っていきます。

ところで、おからを使った料理といって真っ先に思いつくものはおからの煮物「卯の花」ではないでしょうか。

作り方は簡単です。

にんじん、ごぼう、しいたけ、油あげなどをだし汁で煮ます。

そして軽く炒ったおからを合わせ、しょうゆ、酒、みりんで味付けして煮汁がなくなるまで煮たらできあがりです。




続きを読む

kenkou100 at 05:30|Permalink 健康のいろいろ 

2011年07月14日

黒豆クッキー、グルコマンナン、・・

黒豆クッキー・・

黒豆クッキーも気になるクッキーの一つです。

クッキーっていろいろな食材とコラボレーションできますね。

黒豆には良質なタンパク質が含まれてます。

そして黒豆といえばイソフラボンが知られてます。

イソフラボンとは、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」に似た構造で、それに似た効果が期待できるといわれてます。

健康食品として知られる黒豆を使ったクッキーです。






こんにゃくとグルコマンナン・・

 こんにゃくの主成分はグルコマンナンという成分。

そしてこのグルコマンナンは食物繊維が含まれている上に水溶性で、水に膨れるという性質があります。


 そのおかげで、食事前の水がこんにゃくによる満腹感をさらにパワーアップする秘訣です。

こんにゃくのようにカロリーが低いもので満腹感をえられることで、ストレスを少なくして、ダイエットの継続に役立ちそうです。





経済的なおからダイエット・・・

おからダイエットのいいところは経済的であるということもあります。

おからはスーパーなどで100グラム20円〜30円程度で購入でき、おからクッキーは手作りなら100グラムで20枚ほど作れます。

ほかのダイエット食品や、ダイエットのためにジムやエステに通ったらこの程度の費用では済まないですよね。

経済性にも優れた、おからダイエットです。



続きを読む

kenkou100 at 05:45|Permalink 健康のいろいろ 

2011年07月07日

雑穀クッキー作り、カロリーを控えた満腹感、・・

雑穀クッキー作り・・

大さじ3の好みの雑穀をフライパンで弱火でから煎りからスタート。

香ばしい香りと、煙が出たら火を止めます。

ボウルに、大さじ3のサラダ油と、35gのきび砂糖(又は白砂糖)を入れ、とろとろの状態まで混ぜ、そして、大さじ1の水を加えて混ぜます。

それに振るった100gの小麦粉と、塩ひとつまみを入れて、煎った雑穀を加えます。

生地全体がしっかりと馴染むよう、切るように混ぜ合わせ、それを、天板にオーブンシートを敷いてから、小さじ1杯分ずつ並べます。

フォークの背でつぶすように広げます。

180度に温めたオーブンで、約15〜20分間焼いて完成。






カロリーを控えた満腹感・・・

 ダイエットでは空腹感が耐えられないということで挫折する人が多いと思います。

では空腹感を何とかすれば、もしかしてダイエットが成功するのでは?


 そんなときにいい食材がこんにゃくでしょう。

こんにゃくは昔から知られた低カロリーの食品。

満腹感を得るため、こんにゃくを食べて「足りない感」を補えば、余計なカロリー摂取を抑える事ができるはず。






食生活とおからダイエット・・・

おからダイエットをきっかけに食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

欧米の食生活が普段の生活でもかなり入ってきてますが、健康面で考えれば日本食が見直されてます。

欧米人とは体型的にも異なる日本人ですから日本食のほうがあっているのでしょう。

おからダイエットでは、食事メニューをおからで置き換えていくことでダイエットするものですが、ダイエットの効果が出た後も、今度は健康のため、おからを続けることはいいことだと思います。




続きを読む

kenkou100 at 05:26|Permalink 健康のいろいろ 

2011年07月03日

雑穀クッキー、こんにゃくパワー、・・

雑穀クッキー・・

雑穀とは、あわ、キビ、ヒエなど。

健康ブームもあり、雑穀といえばピンとくる人も少なく無いでしょう。

食物繊維やミネラルなど豊富ということで、ヘルシーな食材として注目されてます。

そんな雑穀、クッキーにして手軽に食べられるカタチにするとダイエットに便利です。






こんにゃくダイエットのパワー・・・

 こんにゃくダイエットのパワーの秘密は、こんにゃくのグルコマンナンという成分にあります。


 グルコマンナンは腸内で弾力がある塊に変わるそうです。

そして。

この変わるときにコレステロールや脂肪分も塊の中に取り込んでくれるそうで、体の外へと運んでくれます。

場合によっては発がん性物質なども一緒に排出してくれるそうです。

ありがたい成分ですね。





おからダイエットの隠れた美容効果・・

栄養満点のおからだから、ダイエットだけではないいい事があるようです。

例えば、おからは便秘にもいいのですが、便秘が改善すればそれを原因とすニキビなど肌トラブルの改善にもつながります。

またおからの成分には良質の植物性たんぱく質が含まれていますが、このたんぱく質に含まれる成分が肌にいいようです。

直接肌に塗ることで、シミをできにくくしたり美白や保湿にもいいようです。





続きを読む

kenkou100 at 04:55|Permalink 健康のいろいろ