2015年03月

2015年03月29日

ブートキャンプ、レーシックと痛み、・・

ブートキャンプ・・・

かなり前に流行ったビリー隊長の「ブートキャンプ」。

ダイエットにはかなりいいみたいですが、その分きつい運動でした。

軍隊並みの運動をするのですから、体も十分引き締まるそうです。

でもきつすぎて長続きしない人も多かったようです。

ただ体を鍛えたい人にはぴったりかもしれないです。






レーシックと痛み・・

目の手術と聞くと、気になるのが痛みですね。

もちろん手術は麻酔するので痛くないでしょうけど、手術後はどうなのでしょうか。

術後の痛みがあることも若干あるそうです。

その場合は、目薬や鎮痛剤などで緩和する対応がされるんだとか。

手術を受ける前に不安なことはしっかり確認しておきたいですね。





腰椎椎間板ヘルニアの治療・・

急性の腰椎椎間板ヘルニアの場合は、楽な姿勢での安静を心がけるようにします。

それは、足のしびれや痛みが強いためです。

基本的には横を向いて寝るといいそうです。

注意したいのは、マッサージ等で刺激を与えると、かえって症状が悪化してしまうということでしょう。


続きを読む

kenkou100 at 06:50|Permalink 健康のいろいろ 

2015年03月23日

やすらぎのポーズ、レーシックと失明、・・

やすらぎのポーズ・・

やすらぎのポーズは数あるヨガのポーズの中でも基本のポーズです。

まずは上を向いて寝ころびます。

手は体につけずに斜めに広げておきます。

足もぴったりくっつけずに、30センチくらい開きます。

手と足の位置はどの場所が落ち着くかを試して探すといいみたいです。

そして手をおなかの上に重ねます。

男性は左手を下に、女性は右手を下にして重ねます。






レーシックと失明・・・

レーシックの不安の一つとして失明を挙げる人も案外おおいです。

でも失明までいたった事例は聞いたことがないです。

そこは勘違いが多い部分かもしれませんね。

でも、失明以外にも耐え難い後遺症というのはあります。

だからこそ、しっかり適正やリスクをチェックすることなく、安易に受けることは避けなければならないです。





腰椎椎間板ヘルニアの症状・・・

腰椎椎間板ヘルニアには坐骨神経痛の症状が多くみられるんだとか。

痛みは、人によって違い、中には夜も眠れないほどの激痛だったり。

一方で、ジワジワと痛むものだったりという人もいます。

症状の重さは、一概にはいえない部分があるようです。

症状が思い人だと大変ですね。


続きを読む

kenkou100 at 06:59|Permalink 健康のいろいろ 

2015年03月17日

腹式呼吸のコツ、レーシックと感染症、・・

腹式呼吸のコツ・・・

腹式呼吸に慣れる前は、なかなかうまくいかないかもしれないです。

もしくは、うまくいってないことに気付けない場合もあります。

コツとしては、おなかに手を当てて、体の中の空気を全部吐き出すこと、出来るだけおへそのあたりから押し出すように意識するのが大事です。

そして息を吸うのではなく、おなかに空気を戻す感じです。





レーシックと感染症・・・

感染症のリスクもレーシック手術にはあります。

しっかりした病院で受ける場合には、可能性は低いようですが、ゼロとは言い切れないみたいです。

もし感染症になった場合は、すばやい対応が欠かせないです。

いい面だけではなく万一のことも考えてレーシックは検討したいですね。





閉塞性動脈硬化症の治療・・・

「保存療法」は比較的初期の閉塞性動脈硬化症の治療法といわれてます。

保存療法の内容は、薬物療法や運動療法となってます。

足の血流を改善するために血管を拡張させる薬うそうです。

また、無理のないくらいの距離を歩き血流の改善を図るようです。

なんとかこの段階で改善したい症状です。



続きを読む

kenkou100 at 06:56|Permalink 健康のいろいろ 

2015年03月10日

腹式呼吸と横隔膜、ハロー・グレア現象、・・

腹式呼吸と横隔膜・・

ヨガで腹式呼吸を続けていると、横隔膜を動かすことになります。

腹式呼吸と呼ばれていますが、実際は横隔膜式呼吸法といったほうが実態を表しているようです。

横隔膜を意識的に動かすことで、内臓への刺激にもつながり、ほどよいマッサージみたいな感じになるそうです。

そして消化活動の活性化にもつながるんだとか。

ダイエットにつながる感じですね。





ハロー・グレア現象・・

視力回復のレーシックを受けた後、目の前に明るい光があるとき、周りがボヤけているような、モヤがかかっているような感じに見えることがあるそうです。

多くの人が体験するそうですが、これをハロー・グレア現象というそうです。

たいていの場合は3ヶ月程度でおさまっていくそうです。





閉塞性動脈硬化症・・・

閉塞性動脈硬化症という症状は、足のしびれと関係が深いです。

進行性のこの病気は4つの状態に分けられます。

そして、第一期が足のしびれや冷感を感じる状態。

さらに進んで二期になると、一定の距離を歩くと足のしびれや痛みで歩けなくなり、少し休むとまた歩けるようになる状態だそうです。

さらに三期では安静にしていても足の痛みを感じ、最後は足を失いかねない怖い病気です。


続きを読む

kenkou100 at 06:33|Permalink 健康のいろいろ 

2015年03月04日

呼吸と脳、レーシックの種類、・・

呼吸と脳・・・

腹式呼吸は脳の働きにも影響するんだとか。

たとえば、脳は大きく左脳と右脳に分けられますが、腹式呼吸のときに変化が出るそうです。

つまり、普段よく動いている左脳が休んで、右脳が活発になるんだとか。

そしてリラックスしているときに出るアルファー波が出やすい状況になるそうです。

呼吸の働きってすごいですね。





レーシックの種類・・・

レーシックによる視力回復はよく知られるようになりました。

ひとこでレーシックといっても実は種類があります。

クリニックによって種類が違うこともあります。

あるいは違う種類を使い分けているところもあります。

視力回復手術は多くの人に求められていることから、どんどん進化もしているようです。





足の指先のしびれ・・

足のしびれ、指先がしびれる場合には、どんな病気がかんがえられるでしょうか。

例えば、腰椎椎間板ヘルニア。

他には、糖尿病の合併症のひとつ、糖尿病性神経障害など。

怖い病気の場合もあるので、安易に放っておくというのも怖いですね。

気軽に相談できる専門家がいると便利ですね。



続きを読む

kenkou100 at 06:48|Permalink 健康のいろいろ