2015年04月

2015年04月28日

ホットヨガと冷え、過矯正、・・

ホットヨガと冷え・・・

女性の冷え症はよく言われていますが、夏場でもクーラーがきいていて冷え性にはつらいです。

冷え性は血行の悪さが原因とされていますので、ホットヨガはそのような人にもよさそうです。

温めて体を動かし、血流もよくします。

さらにダイエット効果を考えると女性には強い味方ですね。






過矯正・・

矯正するのが目的のレーシック。

でも矯正しすぎて、くらくらするような状態では日常生活にも支障がでます。

それでも暫くして慣れる場合もあるようですが、そうでない場合もあるみたいです。

眼鏡と違ってかけかえるわけにはいかないだけに、矯正のしすぎも困ったものです。





腰部脊柱管狭窄症と手術・・・

手術というと怖いものです。

腰部脊柱管狭窄症の治療でも、保存療法では難しい場合、手術になるそうです。

例えば、椎弓、じん帯、関節突起の一部を広範囲に切除する「椎弓切除術」。

必要な部分だけを症状に応じて切除する「開窓術」などがあるようです。

症状によって変わってくるようです。


続きを読む

kenkou100 at 05:41|Permalink 健康のいろいろ 

2015年04月22日

ホットヨガと湿度、イントラレーシック、・・

ホットヨガと湿度・・

ホットヨガは、38度湿度60%で行うヨガ。

この60%というのが絶妙みたいです。

乾燥しないで、しかも汗がある程度蒸発することもできるという湿度です。

これ以上湿度が高いと、不快感が大きくなるみたいです。

38度って結構熱いですから、湿度の影響はかなり大きく感じられるみたいです。





イントラレーシック・・

視力を回復させる方法といえば、昔のPRKというレーザー手術に始まりました。

つづいて、レーシックが登場して話題となりました。

そしてさらに安全性が高いといわれているイントラレーシックも登場し、利用できる人も広がりました。

どんどん技術が進歩していくことはうれしいことですね。






腰部脊柱管狭窄症の治療・・・

腰部脊柱管狭窄症の薬物療法では、非ステロイド性の鎮痛薬や内服薬、貼付薬、塗り薬などが使われます。

血管を拡げる作用のある循環障害改善薬を使って血流改善もしていくんだとか。

薬物療法は保存療法のひとつです。

でも重い症状のときには手術も要するそうです。


続きを読む

kenkou100 at 06:05|Permalink 健康のいろいろ 

2015年04月16日

ホットヨガ、視力手術の向き不向き、・・

ホットヨガ・・・

ホットヨガとは室温を上げて温めた部屋でヨガを行うものです。

温度だけではなく湿度も大事なんだとか。

温度は38度くらいで、湿度は60%くらいなんだとか。

体温より高いので、まさにホットですね。

通常のヨガ以上に、温かさで体が柔らかく動きやすくなるんだそうです。

新陳代謝も進みやすいのかな。






視力手術の向き不向き・・

レーシックでの視力回復には、実は向き・不向きがあります。

糖尿病などの人は受けることができないです。

そのほかにも、レーシックが受けられない人がいます。

それは事前の検査などで確認することが通常です。

ちなみに技術の進歩で、適正については昔より広がっているようです。





腰部脊柱管狭窄症の検査・・・

何らかの原因で腰部の脊柱管が狭くなって、脊柱管の中の神経を圧迫してしまうという腰部脊柱管狭窄症。

その検査の方法は、X線検査やCT検査、MRI検査が行われるようです。

脊柱管が狭くなっているかを見るんだそうです。

やはり大きい病院のほうがいいのかな。



続きを読む

kenkou100 at 04:24|Permalink 健康のいろいろ 

2015年04月10日

ヨガの瞑想、視力アップの確率、・・

ヨガの瞑想・・

ヨガでは瞑想を取り入れています。

イライラやストレス解消にこの瞑想が効果を発揮することも多いです。

ストレスからくる食べ過ぎというのもありますので、メンタルケアで太るリスクを減らすことにつながるのかな。

新陳代謝だけでなく、メンタルからもダイエットに影響力があるみたいです。





視力アップの確率・・

どのくらいの割合の人が、どのくらいまで視力アップするのでしょうか。

クリニックによっても違いはあると思いますが、多くの人が1.0以上の視力を手に入れているそうです。

手術前の近視の強さにも影響され、強度の強い近視の場合ほど確率は下がるみたいです。

でも0.7くらいなら確率はかなりアップするそうです。






腰部脊柱管狭窄症・・

歩いているうちにだんだんと足のしびれや痛みが出てくることはないでしょうか。

そして歩くのが困難なほどになるものの、しばらく休むとまた歩けるようになったり。

もしかしたら腰部脊柱管狭窄症による症状かも知れません。

中高年に多く発症するそうです。

一度病院にいってみてもらったほうがいいかもしれません。


続きを読む

kenkou100 at 06:03|Permalink 健康のいろいろ 

2015年04月04日

ヨガと甲状腺、レーシック後の視力、・・

ヨガと甲状腺・・

ヨガが激しい運動ではないのにも関わらずダイエットにいいといわれるのには甲状腺が関係しているみたいです。

ヨガには甲状腺を活発にさせるポーズが含まれています。

甲状腺ホルモンが体の細胞に働きかけ、細胞の代謝をアップさせるんだそうです。

代謝率がアップするということは食べても脂肪が付きにくいことにもつながるそうです。






レーシック後の視力・・・

手術と聞くと術後の入院とかイメージしてしまいますが、レーシックは手術が終わったら帰れます。

入院は不要なので、びっくりするほど手軽な感覚ですね。

目に包帯をするような手術ではないそうです。

そして視力も翌日には、良くなっているんだとか。

コンタクトやメガネなどとのお別れも意外とあっさりなのですね。






腰椎椎間板ヘルニアの療法・・・

腰椎椎間板ヘルニアの療法の一つに、神経ブロックという方法があります。

これは、足のしびれや痛みの原因となっている神経に局所麻酔をして痛みが伝わるのを遮断するそうです。

そして、血流を改善して筋肉の緊張をほぐす方法なんだとか。

一筋縄ではいかないですね。


続きを読む

kenkou100 at 06:08|Permalink 健康のいろいろ