2015年07月

2015年07月31日

タラゴンとヨガ、高脂血症とは、・・

タラゴンとヨガ・・

タラゴンの香りも、交感神経の活動を促すので脂肪を燃焼させてくれるんだとか。

タラゴンはハーブの一種で、エストラゴンという別名もあり、料理にも使われます。

ヨガの時間に合わせてアロマとして焚いてもいいかもしれないです。

またハーブティーで水分補給するのもいいですね。






高脂血症とは・・・

血液の中の脂質が多すぎる状態を高脂血症といいます。

健康診断などで診断されて気づく人が多いです。

自覚が難しく、動脈硬化などの取り返しがつかないほどの症状になるまで、自覚症状がないことも多く、症状が進みやすいです。

血液中の脂質の話なので、太っていないからと安心はできないです。





外反母趾としびれ・・

足のしびれは、外反母趾によっても起こります。

外反母趾といえば、足の親指が人さし指側に大きく傾いて変形した状態で、女性に多く見られます。

よくハイヒールをはく人がなりやすいといわれています。

症状が進行すると足の親指が靴を脱いだ状態でもしびれて痛みます。



続きを読む

kenkou100 at 06:06|Permalink 健康のいろいろ 

2015年07月25日

ラズベリーとヨガ、レーシックのイメージ、・・

ラズベリーとヨガ・・

ラズベリーの香りとヨガの組合せもいいかもしれないです。

辛味成分のカプサイシンも脂肪燃焼に関係するそうですが、ラズベリーはそのカプサイシンより大きく脂肪燃焼に関係するんだとか。

期待できそうです。

ラズベリーはお茶でもいいみたいなので、ヨガの水分補給に利用するのもいいかも。





レーシックのイメージ・・・

レーシックについては、すごく手軽に視力が回復するイメージがあります。

一方で、失明や後遺症の悪いイメージもあります。

いずれにしても、イメージだけでの判断では、後悔することにもなりかねないので、しっかり情報取集して判断することが大事です。

広告的な表現を間に受けないことや、クレーマー的な情報に左右されないことも大事です。





坐骨神経痛は病名ではない・・・

病名と思いがちの坐骨神経痛。

じつはこれは病名ではなく、症状を指すことばなのだそうです。

どっちでもいい話と思うかもしれませんが、症状は似ていても原因の病気は違う事があるので、治療方法もそれぞれ違うということです。

素人判断ではなく、しっかり専門家にみてもらうことが重要です。


続きを読む

kenkou100 at 05:06|Permalink 健康のいろいろ 

2015年07月19日

グレープフルーツとヨガ、乱視への対処、・・

グレープフルーツとヨガ・・・

グレープフルーツに含まれているリモネンという物質は、交感神経を刺激するそうです。

そして脂肪を燃焼させるホルモンの分泌にも関係しているみたいです。

グレープフルーツにはイノシトールというビタミンBがあります。

コレステロールが過剰に貯まってしまうことを防止するんだとか。

ヨガとも相性がいいみたいです。






乱視への対処・・

昔は乱視といえば、眼鏡のレンズも特殊で高いというイメージがありました。

そのためか、近視より乱視は矯正が難しいイメージが一般的だったと思います。

レーシックの場合は、近視も乱視も対応できるそうです。

乱視でも裸眼での生活の可能性があるそうです。

技術の進歩って、近視と乱視の見方をも変えてくれそうです。






坐骨神経痛の運動療法・・・

運動療法という治療法が坐骨神経痛にあります。

もちろん急性のものは絶対安静なので、運動はムリです。

あくまでも慢性期ということですが、そもそも独断で勝手にやるものではないです。

運動療法は、萎縮した筋肉の柔軟性を向上させたり強くしたりして改善に向かわせるものだそうです。


続きを読む

kenkou100 at 05:07|Permalink 健康のいろいろ 

2015年07月13日

フェンネルとヨガ、近視への対処、・・

フェンネルとヨガ・・・

ヨガでは呼吸法にも力をおいているので、香りとの組み合わせは相性がいいのかも。

どの香りがいいのかというと、ダイエット目的なら、フェンネルや身近なものではグレープフルーツがいいみたいです。

また、ラズベリーやタラゴンもよさそうなんだとか。

ちなみにフェンネルはセリ科のハーブの一種です。






近視への対処・・・

近視を放置しておくわけにいかないので、通常は眼鏡やコンタクトで矯正します。

視力回復のためにトレーニングに励む人たちもいます。

その効果は個人差があるものの、効果を出すまでには時間がかかります。

レーシックという外科的手段で視力回復を目指す人もいます。

いろいろ方法があるのでした。






坐骨神経痛の治療・・・

治療にもいろいろある坐骨神経痛です。

たとえば、理学療法では牽引治療と呼ばれる骨盤にベルトをして引っ張り腰の周りの筋肉の緊張をほぐして血流を改善する方法があります。

コルセットを使って負担を減らす方法もあります。

神経に局所麻酔をして痛みが伝わるのを遮断する神経ブロックというのもあります。

まだまだいろいろあるようです。


続きを読む

kenkou100 at 06:53|Permalink 健康のいろいろ 

2015年07月07日

香りとヨガ、視力回復の速さ、・・

香りとヨガ・・・

ヨガ単独ではなく、アロマなどの香りも利用するのもよさそうです。

アロマの中には痩せる香りというのもあるんだとか。

香りだけで痩せられたら苦労はしないですが、少しでもそれを助ける方向に働くのだとすれば、試してみるのもよさそうですね。

痩せる香りは自律神経に働きかけるのだそうです。





視力回復の速さ・・

長年かけて悪化した視力もレーシックにかかれば、あっという間に回復してしまいます。

昔からあった訓練を通じで徐々に視力を回復していくのとは全然違います。

手術なのに、入院も不要ですし、初めて知ったときに信じられないほどの衝撃でしたが、知名度も上がり、そのことが当たり前になってきているのにも驚くのでした。






坐骨神経痛とコルセット・・

坐骨神経痛を和らげるためにコルセットが使われることもあります。

でもコルセットの使用については、医師による指導が大事です。

だれもがコルセットで効果があるとはかぎらないです。

また使い方も大事なようです。

自分で判断して勝手に行うのは、よくないです。



続きを読む

kenkou100 at 06:30|Permalink 健康のいろいろ 

2015年07月01日

体と内面とヨガ、クリニック選び、・・

体と内面とヨガ・・

ヨガは単なる体操とは違います。

天地のエネルギーを体で感じようとする、スピリチュアルな側面も持ちます。

怒りや憤り、焦り、悲しみ、悩み、様々な心の病から、解放され、精神を安定させ、心を健康に保つ目的もあります。

ダイエットだけじゃなく、精神面にもいいみたいですし、さらに腰痛、肩こりなどの症状の改善にも欲張れるのかも。





クリニック選び・・

値段だけでは決められないのがレーシックを受ける病院選びです。

過去に問題があったクリニックでは不安です。

またできれば実績の多い経験豊富な専門医のいるところのほうが安心ですね。

また事前の検査とか、カウンセリング、アフーターケア、丁寧な説明などもすごく重要な項目だと思います。

手術だけ、安いだけでは選べないです。






座骨神経痛は地道に・・

慢性期になったからといって坐骨神経痛は安心ではないです。

さらに地道に治療を続ける事が大事です。

ときには改善の手応えがなく、投げ出したくなることもあるかもしれません。

それでも続けていくことが大事なんだとか。

克服するにはかなり忍耐力も必要ですね。


続きを読む

kenkou100 at 06:41|Permalink 健康のいろいろ