2015年12月

2015年12月24日

ビタミンC 、食物繊維の種類と働き、・・

ビタミンC ・・・

アスコルビン酸とも呼ばれ、そのL体を指します。

体内で合成できないため、必要量をすべて食事などから摂取する必要があります。

ところで、酸味の強い果物ほどビタミンCが豊富なイメージがありますね。

でも実は酸味の多くはクエン酸によるものなんだとか。

とんだ誤解ですね。






食物繊維の種類と働き・・・

水溶性と不要性がある食物繊維。

水溶性の食物繊維はコレステロールを包んで、腸で吸収されないように排泄させる働きがあるんだとか。

水溶性の食物繊維は、果物に含まれるペクチンとか、こんにゃくの主成分であるグルコマンナン、また海藻などにも多く含まれるのでした。






視力手術の向き不向き・・・

向き・不向きがあるのは、視力回復手術でも例外ではないです。

手術を受けられない人もいます。

それは検査によって調べることになりますが、適正的にグレーゾーンにある場合、その判断は、どれだけ裸眼視力にこだわりたいかによりますね。

裸眼視力を求める気持ちの強さと、適正を考えて選ぶことになるようです。

でも技術が進歩すれば、迷う必要はなくなるのかもしれないですが。


続きを読む

kenkou100 at 06:04|Permalink 健康のいろいろ 

2015年12月18日

ビオチン、高脂血症と玉子焼き、・・

ビオチン・・・

ビタミンB7とも呼ばれ、欠乏症を起こすことがまれのため、あまり耳にしないビタミンB群の一つです。

熱、光、酸に対し安定ですが、アルカリに対しては不安定なようです。

ビタミンHと呼ばれていた時もあったそうです。

酵母、レバー、豆類、卵黄などに多く含まれるのでした。





高脂血症と玉子焼き・・・

卵をたっぷり使った玉子焼きは好きだけど、コレステロールなどが気になるという人も多いです。

そういう人には摩り下ろした長いもを入れた玉子焼きを試してみるといいと思う。

ボリュームは減らすことなく、コレステロールや脂肪分は抑えられるみたいです。

健康的でおいしい玉子焼きを探してみるのもいいですね。






視力アップの確率・・

レーシックによる視力回復はどこまでいけるのでしょうか。

1.0以上の視力を取り戻せるかどうかは、手術を受ける前の近視の重さにも関係します。

軽いほど回復する率は高まります。

最強度の近視だとさすがに1.0まで到達する率は下がるようですが、0.7くらいならかなり高確率でアップするようです。


続きを読む

kenkou100 at 06:06|Permalink 健康のいろいろ 

2015年12月12日

葉酸、野菜を多く、・・

葉酸・・

ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸と呼ばれることもあるそうです。

葉酸を多く含む食品は、レバー、緑黄色野菜、果物などが知られています。

ただし酸化によって葉酸は壊れることから、新鮮な生野菜や果物が良いようです。

妊娠期には欠かせない栄養素としても注目されています。






野菜を多く・・・

肉料理やマヨネーズ、卵などの食べ過ぎは高脂血症につながります。

できるだけ野菜を多く摂ることが大事です。

外食が多い人も、好みのまま選ぶのではなく、自分の健康を考えることも大事です。

ラーメンを食べるならタンメンで野菜を多くしてみたり。

できるだけ丼とかではなく、定食にするとか。

あるいはサラダやサラダジュースを追加するのもいいかも。





レーシック後の視力・・

視力回復のレーシックを受けた後はどうなるのでしょうか。

手術後の入院は不要で、その日のうちに帰る事ができます。

見え方については翌日くらいから見えるようになるんだとか。

受けて次の日にはメガネやコンタクトレンズとお別れできるということですね。

即効性の高い手術ということですね。


続きを読む

kenkou100 at 06:04|Permalink 健康のいろいろ 

2015年12月06日

ビタミンB12、コレステロールの役割、・・

ビタミンB12・・・

赤色又はピンク色を呈するため「赤いビタミン」ともいわれるんだとか。

身体のすべての細胞の代謝に関与する重要な栄養素です。

野菜・果物類にはほとんど含まれていないビタミンなんだとか。

とはいえ必要量が少なく、体内には通常十分な備蓄量があるので、欠乏症にはなりにくいようです。





コレステロールの役割・・・

動脈硬化などの原因として知られるコレステロールも体にとっては重要な栄養素です。

多すぎることが問題であって、欠かせない栄養の一つではあります。

たとえば細胞膜の構成成分となっていますし、コレステロールを原料にホルモンもつくられるそうです。

脳でも重要な役割を果たしているんだとか。

もともとの悪者ではないことに注意が必要です。





レーシックと痛み・・・

手術なので麻酔をすれば痛みはないと思いますが、目に麻酔って効くのか不思議です。

でも点眼麻酔というのがあります。

もちろん手術中は痛みを感じることはないとのこと。

でも、ときに手術後に痛みを感じる場合もあるようで、その場合には鎮痛剤や目薬で対応していくみたいです。


続きを読む

kenkou100 at 06:01|Permalink 健康のいろいろ