2017年08月

2017年08月28日

セイヨウオトギリ、カクテルコーン、・・

セイヨウオトギリ・・

オトギリソウ科オトギリソウ属の多年草で、もともとはヨーロッパに自生していたそうです。

ヨーロッパでは、伝統的医薬品として流通しているそうです。

でも日本では食品扱いでハーブとして知られるそうです。

ヨーロッパでは医療的利用の歴史も古く古代ギリシアに記録が残っているそうです。






カクテルコーン・・

名前の由来のように実が、白と黄色で混ざって(カクテル)並ぶバイカラーコーンです。

甘さも強く、そして粒皮もやわらかいおいしいスイートコーンです。

生食も可能なんだとか。

生産者にもうれしい、作りやすいという特徴もあるそうです。

早生種などの派生品種もあります。





タマリロ・・

生食できてサラダにも使われますが、煮込み料理にも使われます。

日本ではあまり見ることがない果実です。

トマトに近い、ナス科の植物です。

樹高が6メートルになるそうで、木立ちトマトという別名もあるんだとか。

そもそも南米のアンデス山脈周辺に分布するものの、ニュージーランドやオーストラリアでも栽培されているみたい。



続きを読む

kenkou100 at 04:06|Permalink 健康のいろいろ 

2017年08月21日

エキナセア、ゆめのコーン、・・

エキナセア・・・

ムラサキバレンギクともいわれる多年草の一種です。

北アメリカの先住民である平原インディアンが、薬草として様々な用途に利用していたんだとか。

欧米ではハーブティとして飲まれるようです。

風邪などにいいという話もあるようですが、否定的な情報もあるようです。

どっちなのでしょうか。






ゆめのコーン・・

甘みが落ちにくいスイートコーンなんだそうです。

トウモロコシをおいしく食べるには、収穫から時間をおかないのが一番です。

でもすぐ食べられる状況にいる人は多くはないと思います。

甘味の低下が遅いのはうれしい特徴ですね。

見た目は白い粒が黄色い粒に混じるバイカラーコーンです。






パープルロシアン・・・

黒トマトと呼ばれるタイプのトマトです。

黒とは表現されますが、実際は暗い赤茶色といった感じです。

ヘタの辺り緑がのこり、そのあたりの色の混ざりぐあいでパープルという名前がついたのかな。

縦長の手のひらサイズのトマトです。

生でもいけるみたいですが、見た目は普通のトマトのほうがよさそうです。



続きを読む

kenkou100 at 04:12|Permalink 健康のいろいろ 

2017年08月13日

ウコン、ピーターコーン、・・

ウコン・・・

二日酔い対策ドリンクで耳にしたことがある人も多いと思います。

インドが原産であり、インドがウコンの生産量・輸出量ともに世界一なんだそうです。

日本ではカレー粉にも使われたりするみたいです。

いろいろもてはやされていますが、薬剤性肝障害の事例にもあるみたいなので、摂り方には注意も要るようです。





ピーターコーン・・・

黄色い粒に白い粒が混じるように並んだトウモロコシです。

ハニーバンダムより甘みがあり、やわらかいとのことで人気のトウモロコシです。

作りやすさもあり、主流といわれるメジャーなトウモロコシなのでした。

スイートコーンであり、バイカラーコーンなのでした。





フィオレンティーノ ・・

独特な形をした大玉トマトで、イタリアントマト・コストルート・フィオレンティーノという長い名前です。

その名のとおり、イタリアのトマトです。

表面が縦割れででこぼこしてます。

でも色合いが熟すと赤くトマトっぽいです。

薄くスライスしてサラダのトッピングに使うといいみたい。




続きを読む

kenkou100 at 04:20|Permalink 健康のいろいろ 

2017年08月07日

イチョウ葉、ハニーバンタム、・・

イチョウ葉・・・

イチョウは街路樹などですごく見慣れており、ありふれた木のように思いますが、実は植物としては非常に貴重な存在みたいです。

現存する唯一のイチョウ綱で、生きている化石ともいわれるそうです。

イチョウ葉エキスは、ドイツでは医薬品として認証されているそうです。





ハニーバンタム・・

バイカラーコーンでスイートコーンです。

つまり甘くておいしい特徴と、見た目の特徴をもつトウモロコシです。

黄色に並んだ実の中にところどころ白い実を目にすることができます。

昭和60年に登場してからしばらく人気の座を維持してきたんだとか。

伝来はアメリカからとのことです。






スペックルドロマン・・・

太った唐辛子のような、縦長のトマトです。

表皮の色は、赤・オレンジ・黄色がまだらに存在し、知らなければとてもトマトとは思えないでしょう。

でもへたがしっかりトマトですし、輪切りにするとトマトっぽいなかみなのでした。

皮がややかためのようなので、加熱したほうがいいようです。



続きを読む

kenkou100 at 04:31|Permalink 健康のいろいろ