2017年11月

2017年11月26日

キャベツ、ジャイアントコーン、・・

キャベツ・・

野菜としておなじみのキャベツです。

たとえばトンカツやフライなどでは千切りが欠かせないです。

ロールキャベツも誰もが知るメニューですね。

アブラナ科アブラナ属の多年草ときくとなんだか意外に思うかもしれないですね。

アブラナとは全然似ていないですからね。





ジャイアントコーン・・・

粒が大きいことがジャイアントの由来になっているトウモロコシです。

2センチくらいの大きさの粒なのに、房自体は普通のトウモロコシと変わらないようです。

よくおつまみとして、ナッツ類と混合して売られています。

きっとトウモロコシとは気づかないまま食べていたことだと思います。





四川胡瓜・・

漬物には評判のいいんだそうです。

こだわりの漬物屋さんでは、このきゅうりじゃないとダメというところもあるんだとか。

皮が薄くイボが多いので、流通には向かないようです。

そのため、スーパーなどで目にすることは少ないのかも。

家庭菜園で自分で育てれば新鮮に食べられますし、いいのかも。



続きを読む

kenkou100 at 04:32|Permalink 健康のいろいろ 

2017年11月18日

キャッツクロー、ポッドコーン、・・

キャッツクロー・・

アマゾン奥地に自生するといわれる蔓性植物です。

一年草のハーブで葉の付け根にあるトゲが特徴で、その形から「猫の爪」と呼ばれるそうです。

中央ペルー・アマゾンの先住民族が、伝承薬としていたんだとか。

サプリメントとしても注目され、名前を見るようになっています。






ポッドコーン・・

このトウモロコシの特徴はその粒です。

一粒一粒が小さい穎(えい)と呼ばれるものに包まれているそうです。

そのため、さやトウモロコシともいわれるそうです。

粒がひとつづつ包まれてるってなんだか不思議ですね。

害虫にも強い品種なんだとか。

観賞用のトウモロコシのようです。





四葉胡瓜・・

漬物に向いているといわれる大きい白イボ系のキュウリです。

皮が薄く歯切れがよいという特徴がありますが、日持ちしにくいため市場にはあまりでないみたいです。

形も比較的不揃いです。

中国華北系の品種で、実がなるタイミングが本葉が四枚付いた頃からというのが名前の由来のようです。



続きを読む

kenkou100 at 04:40|Permalink 健康のいろいろ 

2017年11月10日

キトサン、軟粒種、・・

キトサン・・

キトサンを関与成分とした特定保健用食品が許可されていることから、目にする機会もあると思います。

神経再生や皮膚再生など再生医療素材としての応用にも期待があるようです。

そのほか化粧品にも用いられるんだとか。

カニやエビなどの甲殻類の外骨格から得られるキチンを加工して作るそうです。






軟粒種・・・

トウモロコシにもいろいろです。

実全体がやわらかいでんぷんでできているトウモロコシだそうです。

そのため粉にひきやすいという特徴があります。

ソフトコーンなどとも呼ばれます。

粉にひいた後は、トウモロコシの姿はないので、案外目に触れることは少ないのかな。





黒イボ系きゅうり・・・

キュウリの表面にはイボのような小さな突起があります。

新鮮だとトゲのように痛いんですよね。

そのイボが黒っぽく見えるのが黒イボ系のきゅうりです。

きゅうり全体の色が薄いため、イボが黒っぽく見えるのでした。

白イボ系のキュウリに押されて、少数派となっています。




続きを読む

kenkou100 at 04:04|Permalink 健康のいろいろ 

2017年11月01日

キチン、糯種、・・

キチン・・・

かにや、えびなどの甲殻類の外殻にあるムコ多糖類なんだとか。

血圧とかコレステロールについて話題になったようですが、案外信頼性は不明のようです。

でもどういった経緯から、話題になったのかな。

ちなみに語源は古代ギリシアの衣服であったキトンに由来するんだそうです。






糯種・・

黒かったり、紫色だったり、風変わりなトウモロコシです。

触感がもちもちしているところも、普通のトウモロコシとは違うみたいです。

これは粒の中のでんぷんに由来する特徴なんだとか。

もちとうもろこしとか、ワキシーコーンともいわれます。

完熟すると粒の表面がツルツルになるのも特徴です。





白イボ系きゅうり・・

キュウリの緑色が濃く、表面のイボが白っぽいキュウリの事です。

生で食べるとおいしいこともあり、人気があります。

また生産も通年で生産できるようになり、キュウリの周流になっているんだとか。

イボの色にあまり注意することが無かった人も、気になりだしそうです。



続きを読む

kenkou100 at 04:14|Permalink 健康のいろいろ