2018年05月

2018年05月31日

二軸歩行、雷峰、・・

二軸歩行・・

二軸歩行は疲労感が少ないそうです。

ちなみに普通の歩き方は一軸歩行で、ねじりの反動で進みます。

二軸歩行はねじらないので負担が少ないそうです。

二軸歩行は和の歩き方ともいえ、飛脚や忍者も取り入れていたようです。

和服を着たときの歩き方でもあります。





雷峰・・

ハウス栽培されていてい、ほぼ一年中購入できるみたいです。

日持ちして、輸送にも向いているみたいです。

味は、酸味と甘みのバランスがよく人気もあるようです。

主に洋菓子の加工用に用いられるんだとか。

宮城県や北海道、山形県、長野県などが主な産地になるようです。






ピュアホワイト・・・

名前の示す通り白いトウモロコシです。

色が白だけではなく、糖度が高く甘くておいしいスイートコーンなんだとか。

しかも生食もできるそうです。

雪印種苗で開発され、生産地は主に北海道のようです。

生産が難しいことから、希少価値が高いトウモロコシなのでした。




続きを読む

kenkou100 at 07:03|Permalink 健康のいろいろ 

2018年05月26日

生活習慣病と保険、章姫、・・

生活習慣病と保険・・・

生活習慣病を理由に保険に入れない人もいる一方で、加入できる場合もあります。

2017年に査定基準の緩和が広がりました。

たとえば高血圧などでも健康状態の状態によっては普通に加入できる場合があります。

ちなみに部位不担保の条件付きとか、限定告知型の割高保険料ではない形です。






章姫・・

女峰の酸味、病害抵抗性などの問題で生まれた品種のようです。

糖度が高く、酸度は少ない味になっているそうです。

「女峰」と「久能早生」を交配させてつくられたそうです。

女峰より大きく、細長いのも特徴です。

ちなみに「章姫」の「章」は品種改良者の前から来ているんだとか。






甘味白色粒種・・

トウモロコシの常識を覆す白い実の種類で、甘いものをまとめてこう呼ぶそうです。

もともとトウモロコシといえば黄色が当たり前でしたが、白ってかなりインパクトがありますね。

バイカラーコーンでは白い実が少し混じりますが、すべてが白となると違ったイメージがあるのでした。



続きを読む

kenkou100 at 04:02|Permalink 健康のいろいろ 

2018年05月21日

テロメア、女峰、・・

テロメア・・・

寿命をつかさどる染色体が脚光を浴びているそうです。

細胞の染色体の端にある「テロメア」。

このテロメアは細胞が分裂するたびに少しづつ短くなるそうです。

そしてそれに伴って細胞分裂の回数が減って、分裂をしなくなるんだとか。

テロメアは「命の回数券」ともいわれるそうです。





女峰・・

「はるのか」「ダナー」「麗紅」を交配して生まれたイチゴなんだそうです。

名前の由来は日光市の女峰山です。

見た目も鮮やかでショートケーキを彩るのにもつかわれたみたい。

見た目だけではなく、糖度が高いのに酸味も適度にあり、甘酸っぱい味が特徴のイチゴです。





甘々娘・・・

名前の通り甘さが特徴のトウモロコシです。

時間による糖度の低下も低いんだとか。

見た目は白粒が混ざって並ぶバイカラーコーンです。

発芽率が低いなど栽培では難しさもあるようで、「幻のトウモロコシ」といわれることもあるようです。

粒皮がやわらかく生でも食べられるスイートコーンです。




続きを読む

kenkou100 at 06:25|Permalink 健康のいろいろ 

2018年05月16日

健康診断の生かし方、とよのか、・・

健康診断の生かし方・・

職場で受ける健康診断の生かし方は分かりにくいです。

ただ受けるだけではもったいないみたい。

過去の検査通知との比較が重要です。

基準値内であっても、数値の変化が体の変調を示すことがあります。

特に肝臓は悪くなっても痛みがないので、数値には注意したほうがいいみたいです。






とよのか・・

1980年代から1990年代後期にかけて人気だったイチゴです。

品種登録は1984年のことで、「ひみこ」に「はるのか」を交配して生まれたイチゴです。

酸味が少なく大粒で甘いと評判でした。

九州を中心に広く栽培されたのでした。

ところが「あまおう」の登場で存在感は薄くなっていったのでした。





カクテルコーン・・

実が柔らかく、そして糖度の高い、生食も可能なスイートコーンです。

バイカラーコーンであり、白い粒と黄色い粒が混ざって並んでいます。

それがカクテルの名前の由来のようです。

早生種のカクテルE51などの派生品種もあります。

栽培適応性が広いそうで、作りやすいというのもうれしい特徴です。



続きを読む

kenkou100 at 07:09|Permalink 健康のいろいろ 

2018年05月11日

飲むだけで痩せるNG、イチゴ、・・

飲むだけで痩せるNG・・・

広告表現として、「飲むだけで痩せる」に消費庁からNGが出ました。

機能性表示食品への措置命令です。

考えてみると、運動や食事制限なしに、食品を摂取するだけで痩せるってないですよね。

冷静な判断だと思いますが、そもそも普通に出回っていたのは不思議なことです。






イチゴ・・

イチゴは江戸時代にオランダから入ってきたそうです。

今ではフルーツの定番として不動の地位にあります。

バラ科の植物で、分類的には野菜のようです。

でも野菜としてではなく、フルーツとして食べられますね。

ショートケーキでも定番ですし、和菓子でもいちご大福が有名で、スイーツとの相性もいいのでした。





ゆめのコーン・・・

生食もできる、皮がやわらかく、そして甘いトウモロコシなんだとか。

見た目は黄色の実の中に白い実がみられるバイカラーコーンです。

トウモロコシは鮮度によって甘さが変わるといわれますが、甘さが落ちにくいのもこのトウモロコシの特徴だそうです。

まさに夢のスイートコーンなのかも。





続きを読む

kenkou100 at 06:09|Permalink 健康のいろいろ 

2018年05月06日

電子タバコのニコチン、カイワレダイコン、・・

電子タバコのニコチン・・

禁煙ツールとして知られる電子タバコ。

国内で流通が規制されているニコチンが入った商品が無許可で出回ってたことが、2017年に発覚しました。

ネット通販を通じてということで、サイトは日本語だけど、アメリカに拠点がある場合とか。

けっこうグレーな感じで販売していたようです。





カイワレダイコン・・・

スプラウト食材のひとつです。

発芽直後の胚軸と子葉を食べますが、その元の野菜は大根です。

大根といえば白くて大きな根茎野菜だけに、その姿は全く異なるのでした。

少し辛みもあり、どんぶりの彩りなどにも使われます。

ふつうにサラダに入っていることもありますね。





ピーターコーン・・

ハニーバンタムよりやわらかく甘味があるといわれています。

それだけおいしいトウモロコシということですね。

見た目は黄色の粒に白色の粒も混ざるバイカラーコーンです。

作りやす品種とのことですし、人気のトウモロコシです。

ハニーバンタムから主流を受け継いだようです。



続きを読む

kenkou100 at 06:10|Permalink 健康のいろいろ 

2018年05月01日

生活習慣病とアプリ、モヤシ、・・

生活習慣病とアプリ・・・

スマホのアプリが生活習慣病の治療に役立っているみたいです。

たとえば、禁煙についてサポートするアプリがあります。

禁煙についてはいろいろ方法があるけど、アプリに頼ってみるのもいいかも。

不眠症に対するアプリもあるみたいです。

どのように機能するのでしょうね。





モヤシ・・

安い野菜といえば、もやしを思い浮かべる人が多いと思います。

主に穀類、豆類の種子を発芽させた新芽で、ブラックマッペ、緑豆、大豆などがあるようです。

もやしっ子などの慣用句が生まれるほど、昔から人々に受け入れられる食材です。

ラーメンなどでも欠かせない具材の一つになっています。






ハニーバンタム・・

アメリカからきたスイートコーンです。

甘くておいしいということで昭和60年の登場以来人気を保ってきたようです。

ハニーバンタムのもう一つの特徴はバイカラーコーンであること。

白い実が黄色の中にところどころまぎれているのでした。

目でも味でも楽しめるトウモロコシです。




続きを読む

kenkou100 at 07:06|Permalink 健康のいろいろ