参考資料
健康食品の徹底分析
ブックマーク

お気に入りに追加を♪

月別
訪問者数

2010年12月21日19:26便秘薬の注意点
PermalinkComments(0)TrackBack(0)知っておきたい編 

○してはいけないこと

  ●大量に服用しないこと
 

○相談すること

  ●妊娠又は妊娠していると思われる人

○最近の追加
  ●授乳中の人はセンノシド、センナ、ダイオウ又はカサンスラノールを服用しないこと



2010年12月21日19:24胃薬の注意点
PermalinkComments(0)TrackBack(0)知っておきたい編 

○してはいけないこと

●授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること

 ○相談すること

  ●妊娠又は妊娠していると思われる方

  ●次の症状のある人

   むくみ

  ●次の診断を受けた人

   腎臓病、高血圧、心臓病

 ○次の場合は、直ちに服用中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること

   偽アルドステロン症
  (尿量が減少、顔や手足がむくむ、瞼が重い、手がこわばる、血圧が高い、頭痛など)

 20026月に「透析療法を受けている人」追加



2010年12月21日19:18かぜ薬の注意点<2>
PermalinkComments(0)TrackBack(0)知っておきたい編 

○相談すること

●高血圧、心臓病など

●水痘(水ぼうそう)もしくはインフルエンザにかかっている

又はその疑いのある乳・幼・小児



2010年12月21日19:17かぜ薬の注意点<1>
PermalinkComments(0)TrackBack(0)知っておきたい編 

○してはいけないこと

次の人は服用しないこと

①アレルギー症状を起こしたことのある人

②ぜんそくを起こしたことのある人



2010年12月21日19:15鼻炎薬の注意点<2>
PermalinkComments(0)TrackBack(0)知っておきたい編 

○相談すること

  ●授乳中の人

  ●次の診断を受けた人

   緑内障、糖尿病、甲状腺機能障害、心臓病、高血圧、腎障害、肝障害

  ●モノアミン酸化酵素剤で治療を受けている人



2010年12月21日19:11鼻炎薬の注意点<1>
PermalinkComments(0)TrackBack(0)知っておきたい編 

○してはいけないこと

 ●鶏卵によるアレルギーを起こしたことがある人

 ●次の症状がある人、診断を受けた人

  排尿困難、高血圧、心臓病、甲状腺機能障害、糖尿病

  ●以下の成分は授乳中の人は服用しないか、服用する場合は授乳を避けること

   ジフェンヒドラミン、又はロートエキスを含有する製剤



2010年12月21日19:06ビタミン剤の注意点<2>
PermalinkComments(0)TrackBack(0)知っておきたい編 
●ビタミンC「本剤の服用により尿及び大便の検査値が影響を受けることがあります。」

ビタミンE「生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。」


2010年12月21日19:04ビタミン剤の注意点<1>
PermalinkComments(0)TrackBack(0)知っておきたい編 

<用法・用量に関する注意>

  ●服用前後30分は、お茶・コーヒー等を飲まないでください。

  (鉄分の吸収が悪くなることがあります)

●配合されているビタミンB2により、尿が黄色になることがあります。

●配合されている鉄分により、便が黒色になることがあります。

保管及び取扱い上の注意>

●本剤をぬれた手で扱うと糖衣にムラがでたり、変色することがあります。



2008年04月02日10:29胃薬と透析患者5
PermalinkComments(2)TrackBack(0)マニアックQ&A 

Q,胃薬の添付文書に「透析治療を受けている方は使用しない」、「長期連用しない」旨の記載がありますが、それはどのような理由からですか?

続きを読む

2008年03月18日23:21妊婦・授乳婦と胃薬5
PermalinkComments(2)TrackBack(0)マニアックQ&A 

Q 妊婦や授乳婦が服用してはいけない胃薬があると聞いたのですが、どんなものが該当しますか?

続きを読む