快体芯所 ありがとう日記

16年以上〜身体操作・調整を研究する生命・護身・武道・健康・整体マニアであり「整体処 快体芯所」を主宰する氣下定和先生による健康などの私的意見を気まぐれで公開中。

生物である〜体を動かすということ

痛みや無理なく生きているということは、

動ける体を保持しているということだ。

そして、

この体を動かしている集中力が現代人には足りないのではないか?

と、常々

感じるところが多い。

昔の人はみんなからだが丈夫だった。

とは、思えないからだ。

疫病や寒さには耐えられないで死ぬのが多かったと何かの本で目にしたことがある。

とくに、

男の子は体が弱いので、

亡くなる確立が女の子よりも高かったらしい。

とにかく、

現代人は体を動かすという意識・集中力が弱い。

私の行っている整体では依頼者の現状を良い方向に向かわせるための

体操の指導をメインにしております。

とにかく、自分の体を見つめない方が多い。

「ここが、こう違うから。もっと、ここを、こうしたほうが変化しますよ」

そうアドバイスすると、

なんということでしょう(劇的ビフォアーアフターのナレーションのように)

ただしい、本来あるべき体の状態になっていくのです。

これは動きを取り戻した成果であって、

依頼者の努力と動きを再認識したからという結果に過ぎません。

自分の体から起こる動きを認識できればよいのだ。

伸縮における緊張と弛緩のバランスを判断できればいいのだ。

皆さんも、その気があれば

ストレッチをして左右の差があるかを認識してみてはいかがでしょうか?

私に整体の依頼をされたい方は、

ぜひとも紹介者をお探しください。


それでは、今日もありがとう!


快体芯所 主催 ・ 氣下定和

徳を積み、品格を高める

私が会話で「とく」という音を発するときがある。

それを、私という人間をご存じない方は・・・

「損得のとく」

として受け取られるようだ。

このように受け取られるかたは

きまって早とちりというか、行動力旺盛な方の傾向なのですが、

「人徳の徳ですよ」

と、話の頭を出しながら相手に伝わらない様子を感じたら

「徳川とかのとくですよ」

と、冗談をいれながら補足説明をいれたりもします。

でないと、行動力旺盛な方からすれば

私が

「損得勘定というソロバンを弾いて生きている商売人」

だと

決め付けてしまわれかねないですからね(苦笑)

もしも、

私が本当に商売人だったらと考えると、

整体の料金にしても、

講習会の費用などにしても、

「もっと、世間の標準価格」

に、しております。

内容と値段の価格破壊が起きているというか、

採算などという物

物質的なものよりも、

学びたい

求める

求めようとする方向性に光を当てられないだろうか?

という仁の心・精神から、

専門的には高い値段の話を

一般の方々に門戸を広げて、来やすい価格にしている。

まわりの人たちからは・・・

逆に安すぎるよ先生、

などと

よくいわれております。

しかし、社会情勢などを含めた日本の

「いま」

という時間の流れから私が個人的に考察するにあたり、

手軽に来れる価格で、

望んでいる情報をプレゼントするというのが

今の私の使命なのではないだろうか

と、

おもいますので、

今はこれでいいのです。

まあ・・・

ぜいたくできませんがね。

あぁ、いい肉がたべたいなぁ(苦笑)


さてさて、話は変わりますが

前回の土曜日に開いた「塾」について少しだけ感想を書いておきます。

参加されなかった方にはハテナな内容ですが、

そこはスルーしてもらえると助かります。

前回は、人数が少なかったので

色々と指導内容やら範囲が濃縮された時間になったと思いますが、

参加された方は内容を飲み込めて、

きちんと体で消化されたことでしょうか?

頭をつかった勉強もからだをつかった体操も同じですが、

体をつかうこと

動くことのはじめは意識的なのですから、

訓練を忘れないように日常化されてください。

その経過があってこその無意識というレベルで動くという新しいものが身につくのです。

方程式や計算なども、最初に訓練してこそ

パッ

と、見ただけで答えへと導ける無意識化された答えに繋がるのです。

そして、

動きすぎるのも体には良くないので、

痛くなく疲れない

「ほどほど、ボチボチ」

で、無理なく動かれてください。

とくに、

今回初参加の看護士の方は硬直化した動きになっていますので、

基本的な体操から

無理しないでボチボチと、

動いて気持ちいいなあという

快適さが感じられるものからスタートして、

普段は使わない筋肉の動きを日常化する

きっかけを作っておいてください。

すべては・・・

「とく」

と、同様にいえることですが

何事も積み重ねが大切なのです。


それでは、今日はこのあたりで失礼します。

おかげさまで、いつも、ありがとうございます☆


氣下定和

遅れましたが、明けましておめでとうございます

パソコンの具合が悪く、長々とブログを休んでおりましたが〜

みなさん元気で楽しくお過ごしでしょうか?

近況になりますが、

私は15年以上かけて研鑽・習得・修練し続ける身体調整という整体法から人間を観察してきた物事を活かして、季節に応じた体調の変化や簡単気軽に行えるストレッチ形式の体操などを、複数の方々に集まっていただいておこなっております。

メインは京都で、月に2回ほどです。

ほかの日は神戸にて私・独自の整体をしておりますので、今後ともつながっている方々のお役に立てれば幸いであります。

それでは、今日は挨拶がてらこの辺で失礼します。


氣下定和
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ