研究者のあたまのなか

研究職メンタルコンサルタント 栗田裕之の公式ブログです。仕事を楽しくする考え方や研究者あるあるなどを綴っていきます。研究者や技術者が生産効率を上げるための方法や開発力の向上のための情報、仕事に対する捉え方など実際にあった事例や仕事以外の出来事も挙げながら発信しています。

新年を迎えたと思ったら、もう1月も終わり。早いものですね。

年始の慌ただしさはそろそろ落ち着きましたでしょうか?

 

昨年終わりは「原点回帰」などについて書いていましたが、今年初めは個人的に断捨離の時期がきていたようで、色々なものを手離すということも意識して過ごしていました。

 

その中でも初心を忘れないように、時には苦しい時期を共にした方とお話ししたり、過去にお世話になった方に会いに行ったりして自分の意思の確認もしていたように思います。

 

そんな1月の終わりは、非常の珍しい天体ショーで締め括られるそうですね。

「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」なんて言ったりもするそうですが、

 

「ブルームーン」、「スーパームーン」、さらに、皆既月食により月の表面が赤っぽく見える「ブラッドムーン」

 

この3種がほぼ同時に観測されるそうです。

 

普段から夜空の月を見ながら歩いたりすることは好きで、帰り道に遠回りすることもあるのですが、今日は何か運命的な気がしてじっくりと時間を取って見たいと思っているところです。ただただその時間を楽しもうと思います。

 

いつも気を張って頑張り続けることも良いですが、時には思考さえも止めてみることも、良いパフォーマンスを得る為には大切な事だと思っています。

 

特に、うまく行かないとき、何かを抱えている時などは、焦りと不安で頭が一杯になり、そう思うことが出来ないかもしれません。しかし、常にそのことを考えていても同じ思考がぐるぐると回る続けるだけで実は全く動けていないなんでことは少なくないはず。

 

良いアイデアを出すには、一度思考を止め、頭を空にする時間を取るのがお勧めです。

 

1月最後の今日は何も考えずに月を眺めて過ごそうと思います。

皆さまも良かったら月でも見ながらゆっくり過ごしてみるのは如何でしょうか?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弊社では、研究開発者・技術者がパフォーマンスを発揮する、組織作りのコンサルティングを実施しております。企業研修・人材育成計画のコーディネートもお任せください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<ホームページ>

Creative MindLab

https://c-m-lab.com

 

<ブログ>

研究者のあたまのなか

http://blog.livedoor.jp/kenkyuusyoku/

 

Facebookページ>

https://www.facebook.com/kenkyuusyoku

 

<個人コンサルティング>

今に集中して取り組むために、前に進むお手伝いさせて頂きます。

 

お問い合わせは下記まで。

kuricat@hotmail.com

 

お気軽にご連絡下さい。

 

今年も残り1週間を切りましたが如何お過ごしでしょうか?

 

仕事納めに向けて慌ただしく過ごしている方や、もう来年に向けての準備を始めている方も多いことでしょう。今年、自分の思う通りに過ごせたという方も、そうでなかった方も、より良い状態で新年を迎えたいものですね。

 

今年は、しばらく会っていなかった方や、懐かしい方にお会いする機会が沢山ありました。久し振りに会って様々なことを話していると、やはりその当時の話題が自然と出てきます。特に昔から知っている方と話している時は、その話題が尽きることがありません。その楽しさから、思ったより長く話し込んでしまうことも少なくないですよね。

 

さて、思い出話に花が咲くことも良いのですが、その中で出てきたキーワードで特に印象に残っているものの1つが「原点回帰」です。とはいっても、当時を懐かしんでその時に戻りたいなどと思うと言ったことではありません。

 

そのような話をしている中から、その当時何を思っていたのが、自分はどうしたかったのかなどの気持ちを改めて思いだすことが出来ました。

 

今の自分が置かれている状況は、数えきれない程の選択を繰り返してきた結果であるわけですが、当時を振り返ってみると、やはり何かを思って、時には悩んで選択してきました。

 

ですので、例えばですが、今置かれている状況を自分が望んでないとか、こんなはずじゃなかったなどと嘆くのではなく、自信を持って間違いではなかったと言えるような選択をして過ごしていきたいと改めて思うのです。

 

そう言いつつも、人間というのは弱いもので、やはりサボりたくなったり、楽な方に逃げたいと思ってしまうもの。時には、何かを無くしてしまう怖さから、自分の本当の気持ちではなく、損得勘定で動いてしまうこともあると思います。その都度このようなキーワードを思い返してみたり、思い出させて貰える人に会ったりするのも良いのではないでしょうか。

 

年末まで、もう少し慌ただしい日が続きますが、「原点回帰」というキーワードを持って、今年の振り返りを行いつつ過ごそうかと思います。

 

皆さまも、今年あと少しですが良いお年をお過ごし下さい。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弊社では、研究開発者・技術者がパフォーマンスを発揮する、組織作りのコンサルティングを実施しております。企業研修・人材育成計画のコーディネートもお任せください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<ホームページ>

Creative MindLab

https://c-m-lab.com

 

<ブログ>

研究者のあたまのなか

http://blog.livedoor.jp/kenkyuusyoku/

 

Facebookページ>

https://www.facebook.com/kenkyuusyoku

 

<個人コンサルティング>

今に集中して取り組むために、前に進むお手伝いさせて頂きます。

 

お問い合わせは下記まで。

kuricat@hotmail.com

 

お気軽にご連絡下さい。

 

 

前回は、目標のもつ力のことについて書きました。

http://blog.livedoor.jp/kenkyuusyoku/archives/73859517.html

 

年末が近づいてくると、その進捗が気になり始めて、慌てて取り組み始めたりすると言うことにも触れました。

 

目標は強い力を持っていると書きましたが、その力を利用してどんどんと進んでいく人がいる一方で、期限ギリギリになって慌てて取り組み始める方がいたり、時には忘れてしまっている方がいるのはどうしてなのでしょうか?

 

それは、

 

目標の力を利用できる人は、その目標をなぜ達成したいのかが明確になっているからではないでしょうか。

 

「会社で設定しなければならないから」とか「周りが立てているから」などと言った理由で立てた目標は自分にとっての本当の目標ではないということです。

 

目標はあくまでも道標であって、自分の最終的なゴールまでたどり着く手段でしかありません。

 

目標の先には、なぜそれを達成したいかという目的が潜んでいるのです。

 

それは意識していない人もいるかもしれませんが、目標を達成する人は少なからずここをはっきりさせています。

 

来年の目標を立てるとき、なぜこの目標にするのかを考えてみると、実は違ったなんてこともあるかもしれません。

 

目的がはっきりしていない目標は、みかけの目標であって前に進むことのできる強い力は持ち合わせていません。

 

あなたはなぜこの目標を設定しようとしているのか?

 

来年が近づいている今、意識してみては如何でしょうか?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弊社では、研究開発者・技術者がパフォーマンスを発揮する、組織作りのコンサルティングを実施しております。企業研修・人材育成計画のコーディネートもお任せください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

<ホームページ>

Creative MindLab

https://c-m-lab.com

 

<ブログ>

研究者のあたまのなか

http://blog.livedoor.jp/kenkyuusyoku/

 

Facebookページ>

https://www.facebook.com/kenkyuusyoku

 

<個人コンサルティング>

いまに集中して取り組むために、前に進むお手伝いさせて頂きます。

 

お問い合わせは下記まで。

kuricat@hotmail.com

 

お気軽にご連絡下さい。

 

↑このページのトップヘ