スーパー糖質制限食10g+画像


その2 続きです。

ある1冊の本と出会います。2009年8月です。
主食を抜けば糖尿病は良くなる!糖質制限食のすすめ

主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食のすすめ 江部康二著

この本を手にした私は、夢中で読みました。
大きな衝撃を受けたことを、今もはっきりと覚えています。


それまでかかっていた糖尿病専門医・医学博士にぶつけてきた質問の数々
決して回答が得られなかったばかりか、うるさがられてきました。

「血糖値を気にしすぎだ」
「血糖値が高くても気にすることはない」
「ーーー」
就寝前に血糖値測定した数値より
起床後空腹時の測定結果が高い数値を示すのはなぜか
この間何も食べていないのに、なぜ血糖値が上昇するのか
「ーーー」
「ーーー」
このように回答が得られないケースが多々ありました。

私はこの時点でこの医師をまったく信用していませんでした。
いつかはこの医師とたもとを分かつつもりでした。


新しい1冊の本との出会いが、私を動かしました。
【糖質制限食】初めて耳にする糖尿病の食事療法です。
主食を抜けば糖尿病が良くなるのなら
やってみない手はない。

とにかく糖尿病を少しでも改善したい。
この思いが私を動かしたのです。

迷いはありませんでした。

この新しい食事療法と、この方法を提唱されている著者の
江部康二医師に私の糖尿病改善のプロセスを預けよう。

私は誰に相談することもなく、自分の責任でこのように決意しました。
そしてすぐ、高雄病院へ電話を入れました。
「江部康二医師に診察をお願いしたい」と伝えました。
「順番待ちになるので1〜2か月お待ちいただきたい」
このような回答を得ました。
予約を受け付けてもらいました。



主食を抜けば糖尿病は良くなる! 
糖質制限食
のすすめ

主食を抜けば糖尿病は良くなる、それなら早速実践すると決めました。
主食を抜く=糖質制限食

【糖質】が何を意味するかも、本から学びました。



しかし、これまで指導され実践してきたのは
「カロリー制限食」です。

「カロリー制限食」と、その結果による血糖値の推移があります。
それに見合ったインスリンが処方されています。


この本では、著者の江部康二医師が注意を促されています。

糖質制限食は開始直後から効果があるため
インスリン注射をしている人は低血糖発作を起こす可能性があります。
必ず医師と相談してから始めてください。



そこでかかっていた糖尿病専門医・医学博士に相談しました。
「糖質制限食を始めたいのですが・・・」

「わからん」
これだけです。
その医師は私の話を聞こうともしませんでした。

これは確実に医療放棄です。
医師が患者を見捨てた、ということです。

日本の医療界に現実に起こっている事実です。


私は次の手を考えました。
1日でも早く糖尿病をよくする【糖質制限食】を実践したかったからです。


〜続く

-----
美と健康をサポート 健康食品特集

脂肪・糖を抑える
食前にゼリー1本食べるだけ!【ベジファス】で無理な食事制限とサヨナラ!


ユーグレナ成分を使った健康サプリ【パーフェクトグリーン】


【アスタリフト】コラーゲンドリンク


小林製薬【グルコサミン&コラーゲン】


【プラセンタ100 CORE】スタートパック


---
Facebookでも情報を発信中!私のスーパー糖質制限食(糖質10g未満)もご紹介しています。



Twitterボタン
ブログランキングに参加中です。ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へにほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へにほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック