健康を維持するために、食事に気を遣います。

人間の身体は食べたものでできています
日常の食事の摂り方で、健康を維持することができます。
反対に、食事の摂り方次第で生活習慣病にもなります。

生活習慣病の発症の原因の一つに運動不足が挙げられます。
免疫力の退化が原因です。

有酸素運動で免疫力アップ



私の場合、2007年に糖尿病を発症しました。
ということは、その前の12年間の食事の摂り方に問題があったということです。

12年間のツケが
突然現れるのが【糖尿病】です。

12年間にわたって、緩い坂道を上り続けるように
少しずつ血糖値が高くなってきます。

この12年間を3年と9年に分けてとらえます。

空腹時血糖値が110/㎗未満なら正常です。
空腹時血糖値が110咫126/㎗を示すと
ブドウ糖負荷試験を受ける対象になります。

境界型糖尿病(ステージ1)
糖尿病(ステージ2)に分けられます。


境界型糖尿病は、糖尿病予備群とも呼びます。
正常ではなく境界型の糖尿病です。


血糖値は上昇を続け、9年後には突然急騰します。
糖尿病発症です。
血糖値上昇から12年後です。

ステージ1から正常へ戻ることはできます。
ステージ2からステージ1へは戻れません。

この12年間に膵臓の機能低下が進みます。

インスリンの分泌不足、インスリンの機能不足、重度の膵臓疲労、1/4までの機能不足が糖尿病発症です。


私の場合はステージ2ですから、健康体には戻れません。
糖尿病と上手につきあっていくことが目標になります。

毎年のように、糖尿病、境界型糖尿病(予備群)の増加が見られます。
糖尿病 950万人
境界型糖尿病 1100万人
合計2050万人
(2012年調べ)
実に、国民の6人に1人は糖尿病(境界型を含む)です。

健康診断を受けていない人にも、糖尿病が含まれます。
検査時は正常でも、隠れ糖尿病が含まれます。

するとこの数値はもっと大きく膨らみます。


日常の食事の摂り方に、大きな問題が隠されているということです。

ステージ1(境界型糖尿病)の間に、健康人へのUターンが望まれます。


病気と上手につきあう。
その具体策として、私は有酸素運動を取り入れ、毎日続けています。


有酸素運動として、ウォーキングを生活に取り入れています。
早朝に歩きます。
約90分、約10,000歩を歩きます。
距離にして約9kmです。

時間の都合がつけば、午後に歩くこともあります。


まわりの風景や花などをカメラに納めます。

毎日時間によって変わる風景を目にするのは楽しいです。

毎日同じ道を歩きます。
しかし、多くの道があります。
好きにコースを変えて歩くこともあります。


自然との触れあいを楽しむ時間、それが私のウォーキングです。
ウォーキングで筋肉がついてきました。

基礎代謝が年齢平均では、約1250kcalです。
それだけ免疫力が高くなっていることを示しています。

風邪を引きにくい体になっています。
体調はすこぶる良好です。
元気です。


私の計算上の数値:1,220kcal
基礎代謝量(生命を維持するために必要なエネルギー量である基礎代謝量を計算します。)

ハリス・ベネディクト方程式(改良版)を使って基礎代謝量を計算しています。
男性: 13.397×体重kg+4.799×身長cm−5.677×年齢+88.362
女性: 9.247×体重kg+3.098×身長cm−4.33×年齢+447.593


私の実際の数値
基礎代謝量:1,417kcal

-----
美と健康をサポート 健康食品特集

脂肪・糖を抑える
食前にゼリー1本食べるだけ!【ベジファス】で無理な食事制限とサヨナラ!


ユーグレナ成分を使った健康サプリ【パーフェクトグリーン】


【アスタリフト】コラーゲンドリンク


小林製薬【グルコサミン&コラーゲン】


【プラセンタ100 CORE】スタートパック


---
Facebookでも情報を発信中!私のスーパー糖質制限食(糖質10g未満)もご紹介しています。



Twitterボタン
ブログランキングに参加中です。ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へにほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へにほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック