サイゴン・トリビューン

「3年間のサイゴン生活」「海外旅行の思い出」「いつも頭の中をよぎること」などを思いつきと出来心で書き綴るページ
このページはMozilla Firefoxで最適化しています(その他のbrowserでは写真の位置が移動することがあります)

 サイパン島の最北端にあるバンザイクリフは、サイパンでの日本軍最後の激戦の爪痕が残っている場所です。サイパン島陥落の時に、民間の日本人たちが「万歳」と叫んで断崖から海に身を投じたことから名付けられたそうです。リゾートして訪れるサイパン島ですので、コーラルブルー綺麗な海に囲まれた島の美しさからは想像できない悲しい歴史があることを実感することは難しいと思いますが、慰霊碑を見て平和な時代に生まれた有り難さを実感しました。
BlogPaintBlogPaint

 成田空港から深夜便でサイパンに到着して、ハファダイビーチホテルにチェックインしたのが午前2時前後でしたので、朝寝坊をしてしまい午前中の現地ツアーには参加できませんでした。熱帯の心地よい風に吹かれながらゆっくり朝食を食べた後に、レンタカーを利用してサイパン島をぐるりと一周しました。格安の乗用車を選んだので、車種はトヨタのカローラでしたが、左側のドアミラーが付いてなかったのが印象的でした。現地ツアーで周遊することになっていた「バンザイクリフ」「ラスト・コマンド・ポスト」「砂糖王公園」「バードアイランド」などの北部の要所を回った後に、中南部にあるサイパン(北マリアナ自治領)の主都の「ススペ」周辺や「サンホセ」でランチとショッピングを楽しみました。
BlogPaint

 サイパンでの滞在先は、スーパーやレストランが揃っているガラパン地区にあるハファダイビーチホテルでした。ハファダイ Hafa Adai とは、グアムやサイパンの先住民はチャモロ人が話すチャモロ語で「こんにちは」を意味します。ホテルは、サイパンの大通りのビーチロード道沿いのジョーテン・ショッピングセンターに並んでいました。ビーチロードをはさんだ反対側にはDFSギャラリアもあるので、昼間はビーチでのんびり過ごし、夕方からのショッピングやダイニングに快適な環境でした。

 成田とサイパンの往復には、日本航空を利用して、宿泊先はマイクロビーチに面するハファダイビーチホテルでした。格安パックツアーに参加したので、往路は成田発の深夜便、復路はサイパン発の早朝便となりました。日本航空には初めての搭乗でしたが、乗務員のきめ細やかなサービスに、外国系航空会社との違いを感じました。

 大学生活最後の海外旅行は、大学の卒論を書き上げ、2月の卒論発表会を目前に控えた1月下旬にサイパンへ行きました。真冬の日本を脱出して常夏のサイパンで、コーラルブルーの海を満喫するのが目的でした。1年前の1989年の12月に初めての海外旅行で訪れたグアムの海に魅了されて、グアム以上に綺麗と評判のサイパンを大学の卒業旅行の地に選びました。
BlogPaintBlogPaint

 まだまだ海外旅行が高嶺の花だった時代には、パンアメリカン(パンナム)航空とノースウエスト航空が、アメリカ本土やハワイなどへ向かう太平洋線の主な航空会社でした。パンナム航空がユナイテッド航空に路線を移譲して撤退、ノースウエスト航空がデルタ航空と経営統合して、現在の太平洋線の主力となっています。ノースウエスト航空やユナイテッド航空は、日本からのアジア路線への以遠権があったので成田空港をハブとして、東南アジアへの路線も展開していました。
アメリカ各都市を午前中に出発して成田への向かい、午後から夕方に成田で乗り継いで、アジア各都市に深夜に到着するパターンのフライトがその一例かと思います。
 このハワイ旅行では、成田とホノルルの往復には、ノースウエスト航空を利用しましたが、成田空港では往復ともにサテライトの発着ではなく、バスで移動してサテライトから離れた駐機スポットからの発着でした。
BlogPaint

 ホノルルから成田への往路の機内では、映画「K-9友情に輝く星」の上映がありました。当時のエコノミークラスでは個別の画面による映像やゲームなどはなかったので、大画面による上映となる映画は、機内エンターテーメントの定番でした。今時の機内サービスでは考えられない状況ですが、英語や日本語などの音声を手元のチャンネルで選び、イヤホンで聴きながら大画面で映画を楽しむということになります。「K-9友情に輝く星」は、1989年公開のアメリカのアクションコメディ映画で、サンディエゴ警察麻薬課の荒くれ刑事マイク・ドゥーリーと人間嫌いで凶暴な警察犬ジェリー・リーがコンビを組んで麻薬事件を解決する様をコミカルに描いています。ちなみにタイトルのK-9とは、警察犬を表すアメリカの略称とのことです。

 オアフ島をレンタカーで周遊する中でも、ワイキキのメインストリートである「Kalakaua Avenue カラカウア通り」を走り抜ける時の気分は爽快です。ワイキキの一番華やかな「カラカウア大通り」は、アラモアナからワイキキビーチを横目に見ながらダイヤモンドヘッドに向かう一方通行の大通りで、一流ホテルやショッピングモールが立ち並びます。椰子の木が立ち並び、正面にダイヤモンドヘッド、右手にコーラルブルーのワイキキビーチを望む通りは、ハワイを代表する風景です。このカラカウア大通りのほかに平行して走る、クヒオ通りとアラワイ運河大通りが、ワイキキの主要な道路で、ハワイに来たことを実感できる場所です。

 ワイキキに滞在中のちょっとした買い物には、ハワイでおなじみのABC STOREが便利ですが、果物、飲み物、パンなどの食料品や日用品を買うのなら、クヒオ通り沿いにあるスーパーマーケットのFood Pantryが便利です。立地からローカルというよりはコンドミニアム等に滞在の観光客向けのお店ですので、地元のスーパーよりも割高かと思いますが、ABC STOREよりは安いと思います。ワイキキのほぼ真中にあり24時間営業でしたので、思いついた時に歩いて行って、パパイヤ、マンゴー、パイナップルなどフルーツやお酒を買って、ホテルの部屋で一息なども可能です。
Food Pantry Waikiki, Kuhio Store
2370 Kuhio Avenue, Honolulu, HI 96815

 現在も同じ場所で営業しているのかはわかりませんが、クヒオ通りのミラマーアットワイキキホテルの一階にあるDenny's デニーズにディナーに行ってみました。デニーズは日本でもおなじみのファミリーレストランですが、日本のデニーズとは全く違いアメリカンサイズのボリュームたっぷりのメニューが揃っています。お手頃価格ので家族連れにも安心して利用できるお店ですが、アメリカの映画やドラマのワンシーンに出てくるような、本場のアメリカンダイナーの雰囲気も味わうことができました。

このページのトップヘ