1995年の年末には、一人旅でプーケットかサムイ島のどちらかへ行こうと考えていましたが、サムイ島へのバンコクエアウェイズの便数が今よりも少なくて予約が入らなかったので、サムイ島をあきらめて、プーケットからマレーシアへ移動するルートで行程を考えました。プーケットからクアラルンプールへの旅程は現地で考えることにして、とりあえず成田出発プーケットINクアラルンプールOUTの日本航空とタイ航空国内線を組み合わせたチケットを購入して出発しました。プーケットでは、最初の二泊のみを出発前に予約して、プーケットの旅行代理店でさらに二泊を追加しました。さらに、プーケットからシンガポールへの二泊三日のパッケージ・ツアーをリターン・チケットをキャンセルする方法で利用してシンガポールへ滞在した後に、クアラルンプールへ高速バスで移動しました。一度は経験してみたかった陸路での国境越えも実現して、結果的には、タイ、シンガポール、マレーシアとマレー半島を縦断する旅となりました。

1995年12月26日
日本航空 成田 → バンコク
タイ航空 バンコク → プーケット
1995年12月27日〜1995年12月29日
プーケット4泊
1995年12月30日
シルクエアー プーケット → シンガポール
1995年12月31日
シンガポール2泊
1996年 1月 1日
高速バス シンガポール → クアラルンプール
1996年 1月 2日
クアラルンプール1泊
日本航空 クアラルンプール →
1996年 1月 3日
→ 成田