Coeur d'Alene, Idaho アイダホ州コーダーレインは、アイダホ州北西に位置しており、南部にある州都Boise ボイシよりも、東西ルートを結ぶインターステート・ハイウェイ90号線によって、ワシントン州の東端のスポケーンやモンタナ州北西部とのつながりが強い街です。Coeur d'Alene コーダーレインの頭文字を取ってCDAと記載されることもあります。最寄りの空港は隣接するワシントン州のスポケーン国際空港であり、コーダーレイン滞在中には、友だちにスポケーンへ遊びに連れて行ってもらう機会が数回ありました。
 「Lake City 湖の街」とも呼ばれる森と湖に囲まれたコーダーレインは、静けさと夏には過ごしやすい気候の観光地で、湖の周囲にはキャンプ場も点在していました。滞在中には、アメリカの古き良き時代にミシシッピー川を行き交ったイメージの蒸気船、コーダーレイン湖のクルーズも楽しみました。
 開拓時代には、金脈や銀脈が発見されて見つかり、西部開拓時代のゴールラッシュによって、アメリカ北西部を貫くノーザン・パシフィック鉄道の開通やコーダーレイン湖に蒸気船が行き交うようになったそうです。この土地で採掘された金や銀は、これらの交通手段によって運ばれるようになり、交通の発達が金銀の輸送だけでなく、現在の林業や観光の発展へつながったとのことです。
1999.0802 0041999.0803 0011999.0806 0071999.0803 003