予備校時代には、二台の原付バイクを所有していました。両方とも中古で2万円程度の購入したものでした。HONDA CB50は、空冷4サイクル2バルブSOHC単気筒50cc最高出力6.0psのエンジンを搭載したHONDAのロードスポーツモデルCBシリーズ最小排気量50ccクラスのバイクでした。タコメーターや5速リターン式マニュアルトランスミッションを搭載しているところが特徴的で、商用メインのスーパーカブとの違いとなっていました。YAMAHA RZ50は、水冷2サイクル単気筒50cc最高出力は7.2psのエンジンを搭載した当時の原付バイクでは最先端のスペックを持ったスポーツバイクでした。50ccの原付バイクではありましたが、CB50は4サイクル、RZ50は2サイクルと異なる性格のエンジンを搭載していましたので、エンジンの吹き上がりの違いや燃費の違いに応じて、用途を分けていました。2サイクルのエンジン回転の速さはとても魅力的で、軽快さではRZ50が運転していて楽しいバイクでしたが、遠出をするときには、エンジン回転が安定していた4サイクルのCB50の方が運転が楽だったと思います。