当方は建設業を営んでいます。これから公共工事の発注が増えるなどと聞きます。そこで、これから営業範囲を拡大するために、公共工事への入札にも参加していきたいと思っています。何から準備すればよいかまったくわからないのですが、教えて頂けますでしょうか?

( -д-)ノ

回答

基本的には公共工事の入札に参加するには次の流れとなります。



1 建設業許可を取得。

2 経営事項審査を受審。

3 入札したい自治体に入札参加資格の申請。

4 入札資格者名簿に登録完了!

5 入札してみよう!


公共工事は原則として建設業許可を持っている業者で、経営事項審査を受診している業者でなくてはなりません。まずは、建設業許可の取得という話になります。

建設業許可について

次に経営事項審査を受審します。これは、御社の経営状況を財務面、実績面、技術面などから総合的に判断してもらい点数化してもらうという手続きです。
ちなみに、入札参加資格を維持するためには、これを毎年受審する必要があります。また、経営事項審査を受けるには「経営状況分析」を事前に受けることも必要です。
入札についてさらに詳しく


経営事項審査の結果が届きましたら、実際に入札したい自治体へ入札参加資格申請をします。自治体によっては電子証明書の購入が必須条件のところもあります。名簿に登録されることで、はじめて入札することができるようになります。入札資格にも更新などがありますので、注意が必要です。


概ね 建設業許可が欲しい → 入札参加  まで 4ヶ月~5ヶ月程度とお考え下さい。


なかなか手間のかかるものです。

ご不明な点は、お気軽に、ご相談下さい。


【注目】
知りたい事が見つかります。
質問事例集


【お問い合せ】

image