2017年06月25日

FC東京vsジュビロ磐田

2017明治安田生命J1リーグ第16節は
アウェイ ヤマハスタジアム(磐田)での戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半11分
 左サイドからクロスを上げられると磐田FW川又に頭であわされ、失点。
 ビハインドの展開となる。

前半23分
 大久保嘉人選手に替えて、永井謙佑選手を投入。

前半35分
 中島翔哉選手にイエロー。

前半終了
 立ち上がりにサイドから崩され失点。
 徐々に東京がボールを持つ時間が長くなるが、決定機まではなかなか作り出せず。
 1点ビハインドで前半を折り返す。

後半開始
 磐田のキックオフで後半開始。

後半15分
 ピーターウタカ選手にイエロー。

後半24分
 東慶悟選手に替えて、米本拓司選手を投入。

後半30分
 磐田、川又に替えて、齊藤を投入。

後半33分
 磐田に一瞬の隙きを突かれる。
 カウンターを受けると、FWアダイウトンに決められ失点。

後半36分
 中島選手に替えて、河野広貴選手を投入。
 磐田、宮崎に替えて、小川を投入。

後半41分
 磐田、中村に替えて、松本を投入。

試合終了
 0−2で敗戦。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全世界で200万人以上の

起業家に影響を与えた

インターネットマーケティングの専門家が、

ついにその秘密を公開…



この秘密を知るために、

Google、Yahoo!、マイクロソフトなどの

一流IT企業さえも、、この男に

アドバイスを求めました。



そして、あなたもそれと同じ

ネット集客成功の秘訣が公開された書籍を

今なら2980円→無料(送料のみ)で、

手に入れることができますが、、、



http://directlink.jp/tracking/af/146459/ab00CDiV/
kenny_u_1966 at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月21日

FC東京vsAC長野パルセイロ

第97回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦は、
味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 長野のキックオフで前半開始。

前半終了
 開始から東京がボールを保持したが、前線で失うことが多く、フィニッシュに持ち込めない時間が続いた。
 終盤は少し勢いが出て、田邉草民選手、徳永悠平選手、阿部拓馬選手がゴールを狙ったが、前半の東京のシュート数は3。
 思い切りよく、アグレッシブにプレーする長野には4本打たれた。
 それでも失点には至らず。
 スコアレスで前半を終了。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半12分
 河野広貴選手に替えて、中島翔哉選手を投入。

後半19分
 相手陣内・右サイドのライン際で、相手DFに囲まれながらも阿部選手が果敢にドリブルで仕掛ける。
 そのこぼれから、前田遼一選手がワンタッチで中央のスペースへクロス。
 反応した中島選手が抜け目なく、ゴール前に走り込み、GKとの1対1を冷静に決めてゴール。

後半22分
 小川諒也選手にイエロー。

後半28分
 長野、岩沼に替えて、小林を投入。

後半32分
 梶山陽平選手に替えて、永井謙佑選手を投入。

後半39分
 長野、菅野に替えて、有永を投入。

後半41分
 長野・左サイドのMF有永が縦に送り、FW勝又に前線に抜け出される。
 そこから中への折り返しが吉本一謙選手に当たり、長野のCKに。

後半42分
 この長野・左CKから、DF内野に鋭いヘッドを突き刺され、失点。
 同点に追いつかれてしまった。

後半42分
 長野、勝又にイエロー。

後半終了
 途中出場の中島選手がリズムを変え、前田選手のパスからゴールを挙げて、先制を果たした。
 躍動感が出て追加点のチャンスもあったが、それを決めきることはできず。
 反対に、試合終盤に警戒していた長野のセットプレーで同点に追いつかれ、勝負は延長線に。

延長前半開始

延長前半10分
 長野、塩沢に替えて、遠藤を投入。

延長前半15分
 右CKを獲得。
 小川選手のキックはクリアされたが、セカンドを拾ってゴール前に迫ったが、人数をかけた長野の守備の前に、パスはつなぐもシュートは打てず、延長前半を終了。

延長後半開始

延長後半3分
 前田選手に替えて、ユインス選手を投入。

延長後半終了
 延長後半は終始、相手陣内で試合を進めたが、長野の人数をかけた守備をこじ開けることはできず、PK戦に突入する。

PK戦
 永井謙佑選手 成功
 長野、勝又  成功

 中島翔哉選手 成功
 長野、有永  成功

 阿部拓馬選手 失敗
 長野、遠藤  成功

 米本拓司選手 成功
 長野、國領  成功

 丸山祐市選手 成功
 長野、都並  成功

試合終了
 1−1(PK 4−5)で敗戦。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全世界で200万人以上の

起業家に影響を与えた

インターネットマーケティングの専門家が、

ついにその秘密を公開…



この秘密を知るために、

Google、Yahoo!、マイクロソフトなどの

一流IT企業さえも、、この男に

アドバイスを求めました。



そして、あなたもそれと同じ

ネット集客成功の秘訣が公開された書籍を

今なら2980円→無料(送料のみ)で、

手に入れることができますが、、、



http://directlink.jp/tracking/af/146459/ab00CDiV/
kenny_u_1966 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月18日

FC東京vs横浜F・マリノス

2017明治安田生命J1リーグ第15節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 横浜のキックオフで前半開始。

前半24分
 室屋成選手にイエロー。

前半終了
 立ち上がりの決定機はオフサイドの判定にも阻まれ、活かすことができなかった。
 その後はバランスをとり、切り替えの速い攻撃からチャンスに繋げたが、ピーターウタカ選手→大久保嘉人選手のシュートは決めきれず。
 一方、横浜にも鋭いカウンターや、クロスから決定機といえる形を作られたが、ゴールは割らせず。
 勝負は後半へ。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半9分
 太田宏介選手にイエロー。

後半24分
 中島翔哉選手に替えて、阿部拓馬選手を投入。

後半32分
 東慶悟選手に替えて、永井謙佑選手を投入。

後半37分
 横浜、ウーゴに替えて、富樫を投入。

後半39分
 橋本拳人選手に替えて、梶山陽平選手を投入。

後半43分
 横浜・左からのパスを中央で受けたMF天野。
 前のFW富樫に浮き球のパス。
 これをFW富樫にヘディングで落とされ、MF天野に左足の抑えたシュートをネットに突き刺されて、失点。

試合終了
 0−1で敗戦。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全世界で200万人以上の

起業家に影響を与えた

インターネットマーケティングの専門家が、

ついにその秘密を公開…



この秘密を知るために、

Google、Yahoo!、マイクロソフトなどの

一流IT企業さえも、、この男に

アドバイスを求めました。



そして、あなたもそれと同じ

ネット集客成功の秘訣が公開された書籍を

今なら2980円→無料(送料のみ)で、

手に入れることができますが、、、



http://directlink.jp/tracking/af/146459/ab00CDiV/
kenny_u_1966 at 20:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月04日

FC東京vs清水エスパルス

2017明治安田生命J1リーグ第14節は
アウェイ IAIスタジアム日本平での戦いです。

前半開始
 清水のキックオフで前半開始。

前半20分
 清水、白崎に替えて、北川を投入。

前半終了
 両チームともなかなか決定機を生み出せず。
 大久保嘉人選手のヘディングも相手GKに防がれ、0−0で前半を終える。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半14分
 前田遼一選手に替えて、ピーターウタカ選手を投入。

後半23分
 自陣中央で中島翔哉選手がボールを奪うと、裏へ走り出した大久保選手へスルーパス。
 大久保選手は冷静にPAで2人をかわしシュート。
 これがゴール右下に決まり東京が先制。

後半27分
 清水、枝村に替えて、村田を投入。

後半37分
 清水、六平に替えて、長谷川を投入。

後半39分
 左サイドに流れた東慶悟選手からクロス。
 このクロスを中央で大久保選手がフリーで合わせ、この日2点目を決め、東京が追加点。

後半42分
 中島選手に替えて、米本拓司選手を投入。

後半延長2分
 東選手に替えて、永井謙佑選手を投入。

試合終了
 2−0で勝利。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜ私たち起業家は、ハードワークを

余儀なくされ、ストレスを抱え、そして

しょぼい結果に終わってしまうのでしょうか?



なぜ私たち起業家は、間違った方法で

ビジネスをスタートしてしまうのでしょうか?



多くの起業家が犯しがちな間違いを正し、

Google、マイクロソフト、ヤフーなどの

有名企業にもアドバイスする男が

その処方箋と成功の秘訣を公開…



今ならここで無料(送料のみ)で手に入ります、、、



http://directlink.jp/tracking/af/146459/ab00CDiV/
kenny_u_1966 at 15:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

UEFA CHAMPIONS LEAGUE 2016-17 FINAL

Juventus Football Club s.p.a VA Real Madrid Club de Futbol

UEFA CHAMPIONS LEAGUE 2016-17 FINALは、Cardiff, The National Stadium of Walesでの戦いです。

前半開始
 ユヴェントスのキックオフで前半開始。

前半12分
 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)にイエロー。

前半20分
 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリッド)がゴール。
 レアル・マドリッドが先制。

前半27分
 マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス)がゴール。
 ユヴェントスが追い付く。

前半31分
 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリッド)にイエロー。

前半42分
 ダニエル・カルバハル(レアル・マドリッド)にイエロー。

前半終了
 ユヴェントス 1−1 レアル・マドリッド で前半終了。

後半開始
 レアル・マドリーのキックオフで後半開始。

後半8分
 トニ・クロース(レアル・マドリッド)にイエロー。

後半16分
 カゼミーロ(レアル・マドリッド)がゴール。
 レアル・マドリッドが勝ち越し。

後半19分
 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリッド)がゴール。
 レアル・マドリッドが追加点。

後半21分
 ミラレム・ピャニッチ(ユヴェントス)にイエロー。
 ユヴェントス、アンドレア・バルザーリに替えて、フアン・クアドラードを投入。

後半25分
 アレックス・サンドロ(ユヴェントス)にイエロー。
 ユヴェントス、ミラレム・ピャニッチに替えて、クラウディオ・マルキージオを投入。
後半27分
 フアン・クアドラード(ユヴェントス)にイエロー。

後半32分
 レアル・マドリッド、カリム・ベンゼマに替えて、ガレス・ベイルを投入。

後半33分
 ユヴェントス、パウロ・ディバラに替えて、マリオ・レミナを投入。

後半37分
 レアル・マドリッド、イスコに替えて、マルコ・アセンシオを投入。

後半38分
 フアン・クアドラード(ユヴェントス)にイエロー。
 累積警告の為退場。

後半44分
 レアル・マドリッド、トニ・クロースに替えて、アルバロ・モラタを投入。

後半45分
 マルコ・アセンシオ(レアル・マドリッド)がゴール。
 レアル・マドリッドが追加点。

試合終了
 UEFA CHAMPIONS LEAGUE 2016-17 FINALは、Real Madrid Club de Futbolが制した。
 Real Madrid Club de Futbolは史上初の連覇達成。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜ私たち起業家は、ハードワークを

余儀なくされ、ストレスを抱え、そして

しょぼい結果に終わってしまうのでしょうか?



なぜ私たち起業家は、間違った方法で

ビジネスをスタートしてしまうのでしょうか?



多くの起業家が犯しがちな間違いを正し、

Google、マイクロソフト、ヤフーなどの

有名企業にもアドバイスする男が

その処方箋と成功の秘訣を公開…



今ならここで無料(送料のみ)で手に入ります、、、



http://directlink.jp/tracking/af/146459/ab00CDiV/
kenny_u_1966 at 05:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月31日

FC東京vs清水エスパルス

2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第7節は、
アウェイ IAIスタジアム日本平での戦いです。

前半開始
 清水のキックオフで前半開始。

前半38分
 橋本拳人選手が倒されFKを獲得。
 小川諒也選手が蹴ったボールは直接ゴールに吸い込まれ東京が先制。

前半延長1分
 東京のゴール前。
 混戦から抜け出した清水FW北川に決められ、同点に追いつかれる。

前半終了
 小川選手の直接FKが決まり先制するが、前半終了間際に一瞬のスキを突かれ同点で前半を終える。

後半開始
 阿部拓馬選手に替えて、東慶悟選手を投入。
 東京のキックオフで後半開始。

後半4分
 清水、デュークにイエロー。

後半5分
 清水、野津田に替えて、鄭を投入。

後半13分
 前田遼一選手に替えて、永井謙佑選手を投入。

後半26分
 清水、金子に替えて、白崎を投入。

後半29分
 清水、鄭に替えて、アウベスを投入。

後半32分
 東京は自陣右サイドで清水にFKを与える。
 中央に入れられたボールに清水DF村松に合わせられ失点。

後半35分
 米本拓司選手に替えて、ピーターウタカ選手を投入。

後半40分
 清水、松原にイエロー。

試合終了
 1−2で敗戦。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

200万人のマーケッターが読んだ、2980円の書籍が【無料】

なぜ私たち起業家は、いつも自分の才能を潰してしまうのか?

強みと才能を活かした、楽に勝てるビジネスの秘訣を公開…



http://directlink.jp/tracking/af/146459/ab00CDiV/
kenny_u_1966 at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月28日

FC東京vsヴァンフォーレ甲府

2017明治安田生命J1リーグ第13節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半1分
 太田宏介選手がアーリークロスをゴール前に送り、相手DFのクリアから左CKを獲得。
 太田選手自身のキックからフィニッシュはできなかったが、続いて右CKに。

前半2分
 この太田選手の右CKから、ゴール正面に走り込んだ高萩洋次郎選手のヘディングが、相手に当たってコースが変わり、ネットにイン。
 高萩選手の初ゴールで先制。

前半44分
 自陣で田邉草民選手がバックパス。
 センターバック2人の間に送ったボールに、森重真人選手も反応できず。
 甲府MF堀米に奪われる。
 林彰洋選手も飛び出したが、一歩早く、左エリアから無人のゴールに蹴り込まれ、ミスから同点に追い付かれた。

前半終了
 立ち上がりに右CKから高萩選手のヘディングで先制した。
 その後、さまざまなトライを重ねたが、フィニッシュに持ち込める場面は互いに少なく、膠着した状況に。
 前半終盤には、田邉選手のバックパスを甲府MF堀米に奪われて、同点に追い付かれ、勝負は後半に持ち込まれることになった。

後半開始
 永井謙佑選手に替えて、阿部拓馬選手を投入。
 甲府のキックオフで後半開始。

後半10分
 甲府、島川に替えて、兵働を投入。

後半18分
 甲府、堀米に替えて、ドゥドゥを投入。

後半25分
 東慶悟選手に替えて、中島翔哉選手を投入。

後半37分
 ピーターウタカ選手に替えて、前田遼一選手を投入。
 甲府、阿部に替えて、新井を投入。

試合終了
 1−1でドロー。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

200万人のマーケッターが読んだ、2980円の書籍が【無料】

なぜ私たち起業家は、いつも自分の才能を潰してしまうのか?

強みと才能を活かした、楽に勝てるビジネスの秘訣を公開…



http://directlink.jp/tracking/af/146459/ab00CDiV/
kenny_u_1966 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月24日

FC東京vs柏レイソル

2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第6節は、
アウェイ 日立柏サッカー場での戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半終了
 東京はボールを支配される展開が続くも、集中した守備で守りきり、70−0で前半を終える。

後半開始
 柏のキックオフで後半開始。

後半11分
 ピーターウタカ選手に替えて、前田遼一選手を投入。

後半20分
 米本拓司選手にイエロー。

後半23分
 柏、細貝にイエロー。

後半27分
 右サイドの徳永悠平選手がクロスを送ると中で合わせたのは前田選手。
 東京は貴重な先制点を挙げる。

後半28分
 柏、小林に替えて、武富を投入。

後半31分
 梶山陽平選手に替えて、田邉草民選手を投入。

後半32分
 柏、今井に替えて、小池を投入。

後半35分
 柏、細貝に替えて、手塚を投入。

後半39分
 中島翔哉選手に替えて、室屋成選手を投入。

後半40分
 丸山祐市選手にイエロー。

後半45分
 室屋選手にイエロー。

試合終了
 1−0で勝利。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なぜ私たち起業家は、ハードワークを

余儀なくされ、ストレスを抱え、そして

しょぼい結果に終わってしまうのでしょうか?



なぜ私たち起業家は、間違った方法で

ビジネスをスタートしてしまうのでしょうか?



多くの起業家が犯しがちな間違いを正し、

Google、マイクロソフト、ヤフーなどの

有名企業にもアドバイスする男が

その処方箋と成功の秘訣を公開…



今ならここで無料(送料のみ)で手に入ります、、、



http://directlink.jp/tracking/af/146459/ab00CDiV/
kenny_u_1966 at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月20日

FC東京vsヴィッセル神戸

2017明治安田生命J1リーグ第12節は
アウェイ ノエビアスタジアム神戸での戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半14分
 森重真人選手→大久保嘉人選手→前田遼一選手→永井謙佑選手と縦にボールを繋ぎ、抜け出した永井選手が華麗なループシュートを決めて、東京が先制。

前半終了
 連動した動き出しから、永井選手の移籍後リーグ戦初ゴールで先制に成功。
 神戸にボールを支配される時間が長くなるも球際で戦い、粘り強く対応し前半を1点リードで終える。

後半開始
 神戸のキックオフで後半開始。

後半11分
 神戸、松下に替えて、ウエスクレイを投入。

後半14分
 神戸、高橋秀にイエロー。

後半18分
 東京が一瞬の隙きを突かれる。
 神戸MFウエスクレイにドリブルで仕掛けられ、最後はFW渡邉に決められ失点。

後半22分
 神戸、大森に替えて、小林を投入。

後半24分
 永井選手に替えて、中島翔哉選手を投入。

後半29分
 東慶悟選手に替えて、徳永悠平選手を投入。

後半31分
 神戸、伊野波にイエロー。

後半34分
 前田選手に替えて、ピーターウタカ選手を投入。

後半35分
 神戸、中坂に替えて、田中を投入。

試合終了
 1−1でドロー。





インターネット・マーケティング最強の戦略
kenny_u_1966 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月14日

FC東京vs柏レイソル

2017明治安田生命J1リーグ第11節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半33分
 柏・スローインの流れから、DFラインの鎌田のパスを受けたボランチの手塚。
 すぐさま前を向き、 東京陣内・ゴールまで約35メートルほどの長い距離から、左足を振り抜かれた。
 無回転のシュートは、GKの手前ですっと落ち、林彰洋選手の手をすり抜けてネットにイン。
 不意を突かれる形で、先制を許した。

前半終了
 両者共に「らしさ」と持ち味を発揮。
 柏の攻守のアグレッシブさ、勢いに対して、東京は粘り強く戦い、切り替え早く柏ゴールに迫った。
 だが、柏GKのセーブにも阻まれ、得点は奪えず。
 反対に不意を突かれてロングレンジからのシュートを決められ、失点。
 1点を追いかける展開で、後半へ。

後半開始
 柏のキックオフで後半開始。

後半1分
 東京のスローインのボールを奪われ、柏に東京陣内中央で縦パスをつながれる。
 MF手塚→FW中川→やや左のFWクリスティアーノがエリアにスルーパス。
 これに逆サイドからFW伊東に走り込まれる。
 太田宏介選手がカバーして競り合っていたが、共に倒れ込む形で交錯。
 林選手も前に飛び出したが、最後に柏FW伊東の右足に当たったボールが無人のゴールに転がり、2点目を失った。

後半6分
 前田遼一選手に替えて、ピーターウタカ選手を投入。

後半11分
 河野広貴選手に替えて、中島翔哉選手を投入。

後半16分
 梶山陽平選手に替えて、田邉草民選手を投入。

後半40分
 柏、中川にイエロー。

後半44分
 柏、クリスティアーノに替えて、オリヴェイラを投入。

後半延長1分
 柏、武富に替えて、細貝を投入。

後半延長3分
 左から丸山祐市選手の前方へのフィードに合わせ、ウタカ選手の後方から右エリアに飛び込んだ田邉選手がヘディングでゴール。

後半延長4分
 柏、中川に替えて、栗澤を投入。

試合終了
 1−2で敗戦。





インターネット・マーケティング最強の戦略
kenny_u_1966 at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月10日

FC東京vs大宮アルディージャ

2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第5節は、
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 大宮のキックオフで前半開始。

前半20分
 大宮ムルジャに対するファウルで、大久保択生選手にイエロー。
 PKを与える。

前半21分
 このPKを大宮FWムルジャ自身に決められ、先制を許した。

前半25分
 中島翔哉選手の左CKから、中央のピーターウタカ選手がヘディングで合わせてゴール。

前半31分
 大宮・MFマテウスが左クロス。
 吉本一謙選手が競ったボールが、右エリアのMF大前の足元に渡り、ダイレクトボレーで狙われたが、吉本選手が体を張ってブロック。
 CKに逃れる。

前半32分
 しかし、これで大宮に与えた右CKをMF大前が蹴り、中央のMFマテウスがヘディング。
 シュートは大久保選手が伸ばした手を跳ね返すように、右上に決められて失点。
 マテウス

前半35分
 大久保選手からのゴールキックを、相手陣内のDFと永井謙佑選手が競り合い、前に飛んだボールをウタカ選手がヘッドを振り抜き、さらに前へと送る。
 これに相手DFと競り合いながらも、阿部拓馬選手が突進。
 先に相手DFに触れられたが、ボールはゴールに向かい、大宮のオウンゴールで同点に。

前半39分
 再び自陣→永井選手→ウタカ選手がすぐさま反転し、前にパス。
 受けた阿部選手はドリブルでエリアに突進。
 競り合う大宮DFを引き付けて巧みにかわし、左エリアへパス。
 このボールをフリーの中島選手がきっちりと決めてゴール。

前半42分
 大宮、横谷にイエロー。

前半45分
 吉本選手にイエロー。
 大宮、ムルジャにイエロー。

前半終了
 互いにロングボールを競り合い、「簡単に点が入る」大味な展開に。
 一時は1−2とされたが、ウタカ選手が前線でよく起点となり、大宮のオウンゴールにより同点に。
 さらにウタカ選手、阿部選手、中島選手の連係で逆転に成功。
 1点のリードを保って後半へ。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半16分
 右エリア外側で永井選手がファウルを受け、FKを獲得。
 これを中島選手が中央に送り、森重真人選手が頭から飛び込んでゴール。

後半17分
 大宮、ペチュニクに替えて、清水を投入。

後半29分
 永井選手に替えて、米本拓司選手を投入。

後半32分
 大宮、ムルジャ、大屋に替えて、播戸、河面を投入。

後半36分
 ユインス選手に替えて久保建英選手を投入。

後半44分
 阿部選手に替えて、ネイサンバーンズ選手を投入。

後半45分
 大宮がエリアに送ったボールに対して、吉本選手と森重真人選手が抑えようとするが、重なる形で森重真人選手の手にボールが当たり、大宮にPKを与える。

後半延長2分
 このPKを、大宮FW播戸に決められて失点。

後半延長5分
 田邉草民選手にイエロー。

試合終了
 4−3で勝利。





インターネット・マーケティング最強の戦略
kenny_u_1966 at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月07日

FC東京vsベガルタ仙台

2017明治安田生命J1リーグ第10節は
アウェイ ユアテックスタジアム仙台での戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半21分
 太田宏介選手が入れたボールはクリアされるが、こぼれ球を大久保嘉人選手がシュート。
 これがゴール左隅に決まり東京が先制に成功。

前半24分
 大久保選手にイエロー。

前半36分
 東慶悟選手にイエロー。

前半終了
 CKのこぼれ球を大久保選手が蹴り込み先制に成功。
 その後、仙台FWクリスランの高さを中心に押し込まれる展開が続くが、無失点で切り抜け、前半を1点リードで折り返す。

後半開始
 仙台のキックオフで後半開始。

後半11分
 河野広貴選手に替えて、永井謙佑選手を投入。

後半12分
 相手陣内中央でFKを獲得すると、キッカーは太田選手。
 ゴールに向かって放たれたボールをGKがファンブル。
 大久保選手が詰めてゴール。
 東京が突き離す。

後半15分
 仙台、菅井に替えて、蜂須賀を投入。

後半19分
 前田遼一選手に替えて、ピーターウタカ選手を投入。

後半28分
 仙台、梁に替えて、奥埜を投入。

後半39分
 仙台、増嶋に替えて、石川を投入。

後半42分
 大久保選手に替えて、阿部拓馬選手を投入。

試合終了
 2−0で勝利。





インターネット・マーケティング最強の戦略
kenny_u_1966 at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月03日

FC東京vs北海道コンサドーレ札幌

2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第4節は、
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半31分
 相手陣内・左サイドのライン際で、中島翔哉選手が果敢に相手と競り合い、ボールを奪い切る。
 そこから素早くドリブルで前進。
 ゴールライン際から、ゴール前にマイナスのラストパス。
 ゴール前のピーターウタカ選手が左足を伸ばして触ろうとしたが、ここには届かず。
 しかし中央から走り込んだ永井謙佑選手が、確実に突き刺してゴール。

前半終了
 時間の経過とともにテンポ感が増し、中島選手のインターセプトから、永井選手が移籍後初ゴールを決めて先制。
 その後も主導権を握って優位に進めたが、1点のリードのまま前半を終了した。

後半開始
 札幌のキックオフで後半開始。

後半16分
 札幌、菅、藤村に替えて、福森、キムを投入。

後半21分
 永井選手に替えて、久保建英選手を投入。

後半26分
 札幌、キムにイエロー。

後半30分
 中島選手に替えて、東慶悟選手を投入。
 札幌、永坂に替えて、荒野を投入。

後半39分
 札幌、進藤にイエロー。

後半延長1分
 阿部拓馬選手に替えて、ネイサンバーンズ選手を投入。

試合終了
 1−0で勝利。





インターネット・マーケティング最強の戦略
kenny_u_1966 at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月30日

FC東京vsサンフレッチェ広島

2017明治安田生命J1リーグ第9節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半終了
 互いに主導権を握ろうとしてボールを奪い合い、一進一退の展開に。
 共に流れの中からフィニッシュに持ち込む回数は少なかったが、徐々に東京がボールを保持し、リズムを掴み始めた。
 しかしFKの好機を活かすことはできず、スコアレスで後半へ。

後半開始
 広島のキックオフで後半開始。

後半10分
 東慶悟選手にイエロー。

後半16分
 梶山陽平選手に替えて、田邉草民選手を投入。

後半19分
 広島、アンデルソンに替えて、森島を投入。

後半20分
 河野広貴選手に替えて、阿部拓馬選手を投入。

後半22分
 東選手がエリアに抜け出し、左CKを獲得。

後半23分
 太田宏介選手の速いキックに、エリア中央の前田遼一選手が低い体勢でヘディング。
 これが相手DFに当たり、右エリアにこぼれたところに丸山祐市選手が詰め、右足で蹴り込みゴール。

後半25分
 広島、高橋に替えて、ミキッチを投入。

後半38分
 広島、水本に替えて、皆川を投入。

後半延長1分
 前田選手に替えて、永井謙佑選手を投入。

試合終了
 1−0で勝利。





いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月26日

FC東京vsジュビロ磐田

2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第3節は、
アウェイ ヤマハスタジアム(磐田)での戦いです。

前半開始
 磐田のキックオフで前半開始。

前半11分
 東京がわずかな隙きを突かれる。
 左サイドからクロスを上げられ、中央で磐田MFアダイウトンにヘディングシュートを打たれる。
 これは大久保択生選手が弾くがこぼれ球をFW小川に押し込まれ失点。

前半18分
 磐田FWアダイウトンを大久保選手が倒してしまいPKを与える。
 このプレーで大久保選手にレッドカードが提示され退場となる。

前半21分
 ネイサンバーンズ選手に替えて、波多野豪選手を投入。

前半22分
 このPKを磐田FW小川に決められ失点。

前半終了
 立ち上がりに失点し、苦しい展開の中さらに、GK大久保選手がエリア内で磐田FWアダイウトンを倒し、退場。
 このPKを決められ0−2で前半を折り返す。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半12分
 磐田、櫻内に替えて、松井を投入。

後半15分
 永井謙佑選手に替えてピーターウタカ選手を投入。

後半17分
 シュートのこぼれ球を磐田FW小川に決められ失点。

後半27分
 磐田、小川に替えて、齊藤を投入。
 高萩洋次郎選手に替えて、内田宅哉選手を投入。

後半35分
 磐田、アダイウトンに替えて、針谷を投入。

後半41分
 中島翔哉選手の右CKに吉本一謙選手がヘディングで合わせ、東京が1点を返す。

後半43分
 磐田、松井にイエロー。

試合終了
 1−3で敗戦。





いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月22日

FC東京vsアルビレックス新潟

2017明治安田生命J1リーグ第8節は
アウェイ デンカビッグスワンスタジアムでの戦いです。

前半開始
 新潟のキックオフで前半開始。

前半26分
 新潟、山崎にイエロー。

前半27分
 大久保嘉人選手が相手陣内中央で倒されFKを獲得。
 キッカーは太田宏介選手。

前半28分
 太田選手左足で狙い澄ましたシュートがゴール左上に決まり東京が先制。

前半延長3分
 河野広貴選手にイエロー。

前半終了
 新潟にボールを支配される時間が長くなるが、ゴール前で粘り強く対応し、決定機を作らせない。
 我慢が続く展開の中。
 太田選手が直接FKを決め、1点リードで前半を折り返す。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半10分
 新潟、ホニにイエロー。

後半11分
 梶山陽平選手に替えて、高萩洋次郎選手を投入。

後半13分
 河野選手に替えて、永井謙佑選手を投入。

後半20分
 橋本拳人選手にイエロー。

後半24分
 中盤で前田遼一選手→大久保選手→東慶悟選手とつなぎ左サイドから太田選手がクロス。
 フリーで走り込んだのは橋本選手。
 落ち着いてゴールネットを揺らし東京が突き放す。

後半25分
 新潟、チアゴに替えて、田中を投入。

後半29分
 新潟、ロメロにイエロー。

後半33分
 新潟、ホニに替えて、鈴木を投入。

後半37分
 裏に抜け出した大久保選手が倒されPKを獲得。
 このPKを自ら大久保選手が決め、東京が追加点。

後半39分
 新潟、山崎に替えて、大野を投入。

後半延長2分
 前田選手に替えて、阿部拓馬選手を投入。

試合終了
 3−0で勝利。





いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

FC東京vs浦和レッズ

2017明治安田生命J1リーグ第7節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半14分
 浦和・中盤で競り合いからマイボールにしたMF柏木から、FWラファエル・シルバが中央をドリブルで前進。
 東京DFの間から前線に飛び出したFW興梠にスルーパスを出される。
 FW興梠には、丸山祐市選手が競り合っていたが、判断よく、巧みなシュートをゴール右隅に流し込まれ。
 浦和のファーストシュートを決められ、先制を許した。

前半終了
 ビハインドを跳ね返せず、1点のリードを許して前半を終了。

後半開始
 浦和のキックオフで後半開始。

後半7分
 浦和、菊池に替えて、関根を投入。

後半18分
 永井謙佑選手に替えて、中島翔哉選手を投入。

後半31分
 浦和、ラファエル・シルバに替えて、青木を投入。

後半35分
 阿部拓馬選手に替えて、ユインス選手を投入。
 浦和、興梠に替えて、李を投入。

後半39分
 徳永悠平選手に替えて、太田宏介選手を投入。

試合終了
 0−1で敗戦。





いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月08日

FC東京vs北海道コンサドーレ札幌

2017明治安田生命J1リーグ第6節は
アウェイ 札幌ドームでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半8分
 右サイド大久保嘉人選手のクロスから中央で東慶悟選手が合わせ東京が先制。

前半20分
 田邉草民選手にイエロー。

前半33分
 林彰洋選手にイエロー。

前半42分
 札幌左CKから、FWジュリーニョに合わされ同点に追いつかれる。

前半終了
 東選手の得点で幸先良く先制するも、札幌に攻められる展開は続く。
 しかしGK林選手の2度のビッグセーブや、守備陣の体を張った守りを見せ粘るも、終盤にCKから同点に追いつかれ1−1で前半を折り返す。

後半開始
 田邉選手に替えて、梶山陽平選手を投入。
 札幌のキックオフで後半開始。

後半8分
 札幌、都倉にイエロー。

後半10分
 中島翔哉選手に替えて、ピーターウタカ選手を投入。

後半14分
 札幌FWジュリーニョのシュートのこぼれ球をFW都倉に押し込まれ失点。
 ビハインドの展開となる。

後半21分
 東選手に替えて、徳永悠平選手を投入。

後半25分
 札幌、兵藤に替えて、前を投入。

後半30分
 札幌、ジュリーニョに替えて、菅を投入。

後半39分
 札幌、都倉に替えて、河合竜二を投入。

試合終了
 1−2で敗戦。





いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月01日

FC東京vsサガン鳥栖

2017明治安田生命J1リーグ第5節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半3分
 鳥栖・前線へのフワリとしたボールに合わせ、FWイバルボに抜け出される。
 これに対して森重真人選手が後ろから抑えにかかり、このプレーがファウルの判定で、鳥栖にPKを与える。

 森重真人選手にイエロー。

前半4分
 このPKを鳥栖FW豊田に豪快に蹴り込まれ、思わぬ形で早くも先制を許した。

前半36分
 永井謙佑選手にイエロー。

前半44分
 鳥栖、吉田にイエロー。

前半終了
 立ち上がりに鳥栖にPKを与え、先制を許した。
 それでも鳥栖にリズムを掴みきらせず、徐々にボールを保持して攻め込む場面を作ったが、決定的といえるチャンスは作れなかった。

後半開始
 永井選手に替えて、東慶悟選手を投入。
 鳥栖のキックオフで後半開始。

後半13分
 田邉草民選手に替えて、ピーターウタカ選手を投入。

後半20分
 鳥栖、小野に替えて、福田を投入。

後半25分
 右サイドでボールをつなぎ、右エリアの東選手が、手前の阿部拓馬選手にパス。
 阿部選手は、東選手の外側を回り込んで、サイドをえぐるようにして高い位置から右クロス。
 これに合わせて相手DFの前に飛び込んだウタカ選手が、豪快なヘディングを叩き付けてゴール。

後半31分
 東選手が右前線・相手の裏に送り、室屋成選手が走り込んだが、鳥栖に抑えられ、CKを得るにとどまった。
 太田宏介選手の右CKは一度は鳥栖FW豊田にクリアされるが、浮いたボールに詰めた鳥栖GK権田の手からボールがこぼれ、これに橋本拳人選手が反応。
 直ちにダイレクトボレーを蹴り込みゴール。

後半37分
 鳥栖、高橋に替えて、田川を投入。

後半40分
 中島翔哉選手に替えて、吉本一謙選手を投入。

後半41分
 中盤の阿部選手が、鳥栖の裏の広大なスペースへロビングを送る。
 鳥栖GK権田が前に飛び出し、処理しようとしたが、ウタカ選手がゴール前に突進。
 相手GKとDFの連係ミスをついて、DFがやむなくクリアしたボールに突っ込み、そのまま無人のゴールに流し込んでゴール。

後半43分
 東京ゴール前の混戦から、鳥栖FW田川に短く落とされ、MF鎌田に蹴り込まれて、失点。

後半44分
 鳥栖、原川に替えて、趙を投入。

後半45分
 鳥栖・FWイバルボが左サイドからロングボール。
 右エリアのFW豊田にヘッドで落とされ、前のFW趙身体を反転させながらダイレクトで合わせたボールが、ゴールに流れ込みゴール。

試合終了
 3−3のドロー。





いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月18日

FC東京vs川崎フロンターレ

2017明治安田生命J1リーグ第4節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 川崎のキックオフで前半開始。

前半終了
 共にゴールに向かうアグレッシブな姿勢を発揮し、『多摩川クラシコ』らしい白熱した戦いを繰り広げた。
 ピンチもあったが、東京も縦に早い攻撃を仕掛ける。
 大久保嘉人選手のシュートがネットを揺らした場面もあったが、これはオフサイドの判定に。
 勝負の決着は後半へと持ち越された。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半5分
 橋本拳人選手にイエロー。

後半11分
 川崎、阿部に替えて、ハイネルを投入。

後半17分
 永井謙佑選手に替えて、ピーターウタカ選手を投入。

後半23分
 橋本選手に替えて、田邉草民選手を投入。

後半26分
 川崎、ネットに替えて、長谷川を投入。

後半31分
 大久保選手が左エリアに縦パス。
 ここに阿部拓馬選手が反転して走り込み、ゴールライン際から中への折り返しが、相手DFに当たってコースが変わり、GKも抑え切れず、ゴール。
 オウンゴールではあったが、先制。

後半37分
 川崎、登里に替えて、三好を投入。

後半41分
 中島翔哉選手がヒールのタッチで右に展開。
 攻め上がる太田宏介選手が相手を抜き去ってサイドをえぐり、高い位置からクロス。
 ゴール前のウタカ選手は高いジャンプで合わせ、右足のボレーで確実に突き刺してゴール。

後半42分
 田邉選手にイエロー。

後半延長1分
 中島翔哉選手に替えて、徳永悠平選手を投入。

後半延長2分
 自陣から前線へのフィードを相手DFがクリア。
 このセカンドを拾った大久保選手が、右前のウタカ選手につなぐ。
 ウタカ選手は相手のマークを外して、さらにエリア中央にスルーパス。
 これに走り込んだ大久保選手、冷静に相手GKもかわして無人のゴールに流し込みゴール。

試合終了
 3−0で勝利。





いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月15日

FC東京vsベガルタ仙台

2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第1節は、
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 仙台のキックオフで前半開始。

前半22分
 仙台、常田にイエロー。

前半27分
 仙台陣内に素早く運び、左エリア手前の中島翔哉選手が、右サイドの徳永悠平選手の攻め上がりを促すパス。
 徳永選手はエリアに進入し、状況をよく見極めてエリア中央にマイナスのグラウンダー。
 フリーで待ち構えた阿部拓馬選手、丁寧なシュートをネットに蹴り込み、ゴール。

前半終了
 切り替えの早さや、プレースピードで仙台を上回り、相手陣内でプレーする時間が長かった。
 それでも決定機はなかなか作れなかったが、中島選手→徳永選手→阿部選手のゴールで先制。
 その後も攻めに出たが追加点は奪えず、1点のリードのまま前半を終了した。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半6分
 カウンターの応酬。
 まずは東京がスピーディーに仕掛け、高萩洋次郎選手が左前線に抜け出して、エリア手前中央の前田遼一選手にパスを出したが、前田選手はコントロールできず、仙台に奪われ、逆襲をくらう。
 しかし中盤で仙台の速攻を食い止め、高萩選手が、右を上がるネイサンバーンズ選手にパス。
 バーンズ選手はワンタッチで、中央を上がる中島選手に。
 大きな展開から、中島選手は対面する相手DFとの間合いを図りながら、エリアに進入。
 外側・縦にスピードアップして、左足を振り抜き、ゴール。

後半8分
 中盤で阿部選手が身体を張って、仙台ボールをカット。
 右につなぎ、バーンズ選手が右エリアに進入し、強烈なシュート。
 これはGKにセーブされたが、相手DFに当たったこぼれ球に、右ゴールポスト手前の阿部選手が反応。
 粘り強く詰めて押し込み、ゴール。


後半15分
 仙台、常田に替えて、永戸を投入。

後半16分
 バーンズ選手に替えて、柳貴博選手を投入。

後半22分
 前田選手に替えて、ピーターウタカ選手を投入。
 仙台、野沢、金久保に替えて、佐々木、クリスランを投入。

後半29分
 阿部選手がドリブルで右エリアに持ち込み、さらに縦に仕掛ける。
 そこから中央へ折り返したボールが相手DFの手に当たり、PKを獲得。

後半30分
 このPKを、ウタカ選手がきっちり決めてゴール。
 東京での初ゴー0ルをマークした。

後半34分
 高萩選手に替えて、橋本拳人選手を投入。

後半38分
 右サイドで柳選手→阿部選手が右クロス。
 これを左エリアの小川諒也選手がヘッドで落とし、ゴール前中央のウタカ選手が右足のボレーで狙う。
 シュートは仙台GKにセーブされたが、このこぼれに橋本選手が鋭く突っ込み、ゴール。

後半41分
 仙台、増嶋にイエロー。

後半43分
 森重真人選手が右のウタカ選手に展開。
 ウタカ選手は中央の中島選手とのパス交換から、右前線に抜け出し、ゴール前・中央のスペースへグラウンダーのパス。
 ここにフリーで走り込んだ中島選手がゴール。
 ウタカ選手の絶妙のパスから、中島選手が決めて6点目。

試合終了
 6−0で勝利。






いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月11日

FC東京vsガンバ大阪

2017明治安田生命J1リーグ第3節は
アウェイ 市立吹田サッカースタジアムでの戦いです。

前半開始
 G大阪のキックオフで前半開始。

前半22分
 G大阪、自陣から遠藤がロングボールを送る。
 受けたアデミウソンが一瞬のスピードで丸山祐市選手をかわし、ペナルティエリア左で林彰洋選手と1対1に。
 アデミウソンは冷静にシュートを放つと、右のポストに当たってゴールに吸い込まれて失点。

前半35分
 河野広貴選手を投入。選手に替えて、中島翔哉選手を投入。

前半43分
 G大阪、今野にイエロー。

前半45分
 G大阪、アデミウソンにイエロー。

前半終了
 G大阪がアデミウソンのゴールで1点リードで前半を折り返す。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半7分
 G大阪、左からクロスを入れると、東京の処理ミスを誘う。
 ペナルティエリア内にこぼれたボールに反応した倉田が豪快なシュートを放つ。
 これは左のポストに当たるも、跳ね返ったボールがDFに当たって枠に吸い込まれる。

後半14分
 東慶悟選手に替えて、徳永悠平選手を投入。

後半20分
 永井謙佑選手に替えて、前田遼一選手を投入。

後半32分
 G大阪、東口にイエロー。

後半38分
 G大阪、初瀬に替えて、オジェソクを投入。

後半40分
 G大阪、自陣からのスルーパスにアデミウソンが反応。
 ペナルティアリア右まで持ち込むと、精度の高いクロスを入れる。
 ファーサイドでフリーの長沢は触れないものの、手前に入ったDFの処理ミスがそのままネットを揺らす。

後半42分
 G大阪、アデミウソンに替えて、高木を投入。

後半延長6分
 G大阪、倉田に替えて、藤本を投入。

試合終了
 0−3で敗戦。





いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月04日

FC東京vs大宮アルディージャ

2017明治安田生命J1リーグ第2節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半29分
 河野広貴選手にイエロー。

前半終了
 互いにボールを奪いにいく姿勢は見せたものの、東京は前線で失うことが多く、徐々に大宮に流れを掴まれた。
 それでも守備の綻びは見せず。
 前半の大宮のシュート数は3本。
 東京は永井謙佑選手が放ったミドルの1本に終わった。

後半開始
 大宮のキックオフで後半開始。

後半9分
 河野選手に替えて、中島翔哉選手を投入。

後半14分
 森重真人選手にイエロー。

後半21分
 相手DFの裏へ飛び出しを狙った永井選手に対して、中央の高萩洋次郎選手がピタリをフィードを送る。
 永井選手は一歩前に持ち出し、右エリアには大久保嘉人選手が走り込んでいたが、永井選手のドリブルがワンタッチ分多く、相手DFに阻まれたCKを得るにとどまった。
 しかし太田宏介選手がこの左CKを短く出し、内側の東慶悟選手がドリブルで中へ。
 エリア手前でフリーになった森重選手が、東選手のパスを受けて果敢にゴールを狙う。
 わずかにブレたミドルシュートは大宮GK塩田の手をはじいてネットにイン。
 森重選手の見事なシュートで先制ゴール。

後半22分
 大宮、長谷川に替えて、横谷を投入。

後半24分
 大宮、大山に替えて、マテウスを投入。

後半31分
 大宮、瀬川に替えて、ムルジャを投入。

後半32分
 東選手に替えて、前田遼一選手を投入。

後半41分
 永井選手に替えて、徳永悠平選手を投入。

後半延長1分
 室屋成選手→中島選手が右前線で仕掛け、相手DFを切り替えして、縦に。
 深い位置から、左エリアにクロスを送る。
 このボールを受けた大久保選手が、胸トラップからループシュートを狙う。
 ゴールぎりぎりで大宮GKにはじかれたが、こぼれに中島選手が抜け目なく反応。
 ダイレクトで押し込んでゴール。

試合終了
 後半は流れが変わり、ゲームがテンポアップ。
 森重選手が先制した後、大宮の反撃に押し込まれる場面もあったが、終盤は徳永選手を投入し、5バックに近い形で守り抜く。
 アディショナルタイムには、再び中島選手が仕掛け、大久保選手の冷静でテクニカルなシュートに、中島選手自身が反応。
 こぼれを突き刺し、追加点を奪うことに成功。
 ホームで勝点3をもぎ取り、開幕2連勝。

20170304




いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月25日

FC東京vs鹿島アントラーズ

2017明治安田生命J1リーグ第1節は
アウェイ 県立カシマサッカースタジアムでの戦いです。

前半開始
 鹿島のキックオフで前半開始。

前半終了
 徐々に東京がボールを保持する時間が長くなり、攻めに出た。
 室屋成選手のクロスや、セットプレーからチャンスを作ったが、決めきることはできず。
 共に集中した戦いを続ける中、スコアレスで前半を終了。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半11分
 鹿島、西に替えて、三竿を投入。

後半16分
 鹿島、小笠原にイエロー。

後半18分
 河野広貴選手に替えて、中島翔哉選手を投入。

後半23分
 鹿島、小笠原に替えて、永木を投入。

後半31分
 鹿島、遠藤に替えて、鈴木を投入。

後半33分
 東慶悟選手に替えて、前田遼一選手を投入。

後半37分
 相手陣内・右サイドの中島選手が果敢に狙い、鋭いシュート。
 相手GKにはじかれたが、ここに永井謙佑選手らが詰め、相手DFに当たったボールがネットにイン。オウンゴールではあったが、積極的な姿勢が活き、先制ゴール。

後半44分
 永井選手にイエロー。

試合終了
 1−0で勝利。





いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月24日

FC東京vs川崎フロンターレ

第96回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝は、
味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 川崎のキックオフで前半開始。

前半20分
 川崎・右SB田坂の攻め上がりを許し、右前線に。
 そこからフリーでクロスを上げられ、ファーからゴール前にFW大久保に飛び込まれる。
 室屋成選手が競っていたが、高いジャンプで膝上で押し込まれるようにシュートを打たれ、ボールはネットにイン。
 守備の甘さが出て、先制を許した。

前半28分
 川崎・自陣でボールを奪い、MFエドゥアルドネットが左のMF登里に展開し、自らも前進。
 リターンを受けて、右のMFエウシーニョに。
 東京は中盤でプレスをかけることができず、エリア手前のMFエウシーニョに、丸山祐市選手の前からミドルを打たれ、左下に決められて、2点目を失った。

 室屋選手にイエロー。

前半39分
 川崎、田坂にイエロー。

前半終了
 守備の甘さを川崎に抜け目なく突かれ、2点を失った。
 東京も中島翔哉選手が気を吐き、5本のシュートを放ったが、それ以外は奪う位置が低すぎ、攻めの形を作ることができなかった。

後半開始
 徳永悠平選手に替えて、小川諒也選手を投入。

 東京のキックオフで後半開始。

後半18分
 前田遼一選手に替えて、平山相太選手を投入。

後半25分
 森重真人選手にイエロー。

後半27分
 川崎、登里に替えて、三好を投入。

後半30分
 水沼宏太選手に替えて、阿部拓馬選手を投入。

後半38分
 川崎、小林に替えて、板倉を投入。

後半45分
 川崎、大久保に替えて、中野を投入。

後半延長1分
 小川選手がサイドを持ち上がり、相手陣内でFKを獲得。
 このFKを小川選手自身が蹴り、相手GKの前でバウンドしたボールを、平山選手がヘッドで押し込みゴール。

試合終了
 1−2で敗戦。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月09日

FC東京vsHonda FC

第96回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16は、
味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半18分
 HFC・センターバック鈴木→ボランチの土屋とつながれ、右SB細貝に縦に送られる。
 ここから東京陳内・右寄りのMF香川に前を向かれ、DFの裏にスルーパスを送られた。
 東京はHFCのダイレクトパスに対して、まったくプレスをかけられず。
 スルーパスに合わせて、右エリアにHFC・FW久野に飛び出され、思い切りよく放たれたシュートが左下隅にイン。
 今日初のシュートを決められ、先制を許す展開に。

前半33分
 河野広貴選手にイエロー。

前半終了
 ボールを保持する時間は、HFCに比べて長かったものの、まったく攻めの形を作ることができなかった。
 互いにシュート数は2本ずつだが、東京は室屋成選手が単独で放ったのみ。
 HFCには、そのうちの1本を決められ、ビハインドを背負って前半を終えた。

後半開始
 梶山陽平選手に替えて、小川諒也選手を投入。
 東京のキックオフで後半開始。

後半6分
 相手陣内左の中島翔哉選手が、小川選手の攻め上がりを引き出すパスを、左前線へ。
 小川選手がオーバーラップし、左クロスをエリアに。
 これを水沼宏太選手が落とし、手前の橋本拳人選手が右に展開。
 室屋選手のクロスは相手にあたってこぼれたが、これに橋本選手が詰め、浮いたボールを田邉草民選手がヘディングで左エリア手前の中島選手に。
 受けた中島選手は外向きに反転、左足で放ったシュートが相手DFをかすめ、ゴールに向かい、HFC GKは反応できず。
 ようやく同点に。

後半10分
 HFC、栗本にイエロー。

後半13分
 河野広貴選手に替えて、林容平選手を投入。

後半31分
 HFC、古橋に替えて、柴田を投入。

後半33分
 HFC、久野に替えて、大町を投入。

後半35分
 DFラインからのパスを下がって受けた林選手が前を向き、左の水沼選手へ。
 水沼選手は中に持ち込み、内側の中島選手へパス。
 中島選手はさらに中央へ回り込み、シュートのタイミングをずらして、右の室屋選手へ展開。
 室屋選手はスピードに乗って、エリアで縦に仕掛け、シュート性の折り返し。
 これがHFCのスライディングブロックに阻まれたが、勢いのあるボールはネットにイン。
 室屋選手が東京での初得点を決めて、勝ち越しに成功。

 HFC、柴田にイエロー。

後半40分
 HFC、土屋に替えて、三浦を投入。

後半延長2分
 中島選手に替えて、羽生直剛選手を投入。

試合終了
 2−1で勝利。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月03日

FC東京vs大宮アルディージャ

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第17節は
アウェイ NACK5スタジアム大宮での戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半23分
 田邉草民選手が右前線に仕掛け、そこからのパスワークから、水沼宏太選手がクロスを入れ、左CKを獲得。

前半24分
 この左CKを水沼選手が蹴り、ニアに飛び込んだ橋本拳人選手がヘッドでコースを変え、ボールはファーのネットに吸い込まれゴール。

前半40分
 大宮、奥井にイエロー。

前半終了
 互いにアグレッシブな姿勢を発揮。
 序盤はボールの奪い合いが続き、主導権を握り切ることはできなかったが、セットプレーのチャンスを活かして水沼選手→橋本選手が先制。
 その後、大宮にボールを支配される時間もあったが、粘り強くしのぎ、相手の隙きを突いて追加点のチャンスを作った。
 しかしこれは決めきれず、1点リードのままで後半戦に突入する。

後半開始
 大宮のキックオフで後半開始。

後半23分
 梶山陽平選手に替えて、高橋秀人選手を投入。

後半26分
 大宮、江坂に替えて、マテウスを投入。

後半33分
 水沼選手に替えて、河野広貴選手を投入。
 大宮、泉澤、大山に替えて、ペチュニク、岩上を投入。

後半41分
 東慶悟選手に替えて、ネイサンバーンズ選手を投入。

後半延長1分
 河野選手にイエロー。

試合終了
 1−0で勝利。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月29日

FC東京vsベガルタ仙台

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第16節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半14分
 田邉草民選手→左サイドの中島翔哉選手が力強いドリブルで相手DFを振り切って中に持ち込み、さらに中央の前田遼一選手とワンツーをかわし、左エリアへ抜け出す。
 ここから落ち着いてゴール前へ浮き球のパス。
 これに合わせて、追加点を至近距離まで詰めた水沼宏太選手がヘディングで押し込んでゴール。

前半19分
 仙台、藤村にイエロー。

前半34分
 室屋成選手にイエロー。

前半終了
 攻守の切り替えは今日も素早く、その中で再三中島選手がスイッチを入れた。
 14分には前田選手とのダイレクトプレーから決定機を作り、水沼選手が決めて先制。
 先制した後は、少し落ち着いた展開となり、追加点を奪うことはできまかったが、リードを保って後半へ。

後半開始
 仙台のキックオフで後半開始。

後半4分
 田邉選手にイエロー。

後半18分
 仙台、野沢に替えて、金久保を投入。

後半30分
 仙台、藤村に替えて、ジオゴを投入。

後半35分
 前田選手に替えて、ネイサンバーンズ選手を投入。

後半36分
 仙台、大岩に替えて、菅井を投入。

後半38分
 田邉選手に替えて、高橋秀人選手を投入。

後半延長1分
 水沼選手に替えて、羽生直剛選手を投入。

試合終了
 1−0で勝利。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月22日

FC東京vs鹿島アントラーズ

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第15節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 鹿島のキックオフで前半開始。

前半14分
 田邉草民選手が前に運び、一度は鹿島に奪われるが、鹿島DFライン→中盤のパスに対して、ラインを押し上げた森重真人選手がプレス。
 ボールを奪い、前の中島翔哉選手につなぐ。
 中島選手は中央から右寄りへと、スペースをドリブルで持ち上がり、身体の向きを少し変え、クロスするように、右エリアに飛び出した河野広貴選手にどんぴしゃのスルーパス。
 河野選手が左足で軽く合わせたようなシュートは、GKを越えてネットにイン。
 河野選手の宣言通りのゴールで先制。

前半19分
 鹿島、曽ヶ端にイエロー。

前半37分
 河野選手に替えて、水沼宏太選手を投入。

前半終了
 共に闘志を前面にゴールに向かい、ハイペースの攻防が続いた。
 14分に森重選手のカットから、中島選手→河野選手が先制。
 その後も、切り替えの早い展開が続き、東京はセットプレーのチャンスも多く得たが、追加点を決めることはできず。
 それでも鹿島の攻撃は、集中してしのぎきり、リードを保って後半へ。

後半開始
 鹿島、遠藤に替えて、鈴木を投入。
 東京のキックオフで後半開始。

後半4分
 鹿島、ファンにイエロー。

後半18分
 鹿島、ファブリシオに替えて、中村を投入。

後半20分
 梶山陽平選手にイエロー。

後半36分
 鹿島、土居に替えて、小笠原を投入。

後半38分
 東慶悟選手がファウルを受け、左エリア角でのFKに。

後半39分
 このFKを、水沼選手が直接狙い、鋭いキックをゴール前に。
 鹿島GKに阻まれたが、左エリアでこぼれに詰めた森重真人選手がシュート。
 これも体勢を立て直したGKにセーブされたが、前田遼一選手が突き刺しゴール。

後半延長1分
 鹿島DF山本にヘディングを打たれる。
 秋元陽太選手が反応してセーブしたが、ゴールインの判定に。

後半延長3分
 中島選手に替えて、ネイサンバーンズ選手を投入。

試合終了
 2−1で勝利。





いつ会社をクビになっても平気
kenny_u_1966 at 16:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月09日

FC東京vs浦和レッズ

2016JリーグYBCルヴァンカップ 決勝トーナメント準決勝 第2戦は、
アウェイ、埼玉スタジアム2002での戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半20分
 梶山陽平選手にイエロー。

前半24分
 浦和の中央でのダイレクトでのコンビネーションプレーを食い止めることができず、MF高木のスルーパスから、中央に飛び出したFW興梠に決められて先制を許した。

前半38分
 浦和・素早い展開から、オフサイド気味に飛び出した右サイドのMF駒井に、東京のGKとDFの間にグラウンダーのクロスを入れられる。
 ここにFW興梠に滑り込まれ、2点目を失った。

前半延長1分
 浦和、大谷にイエロー。

前半終了
 東京は前線に運んでも、シュートを打ち切ることができなかった。
 逆に浦和の中央突破から失点。
 サイドを起点に2点目を奪われる、苦しい展開に。

後半開始
 田邉草民選手に替えてネイサンバーンズ選手を投入。

 浦和のキックオフで後半開始。

後半7分
 浦和・MF高木→DF森脇のダイレクトプレーで中央から大きく右に展開。
 MF駒井に右前線にフリーで抜け出され、決定的な形を作られそうになる。
 中央では室屋成選手、吉本一謙選手、橋本拳人選手が必死に食い止めたが、さらにMF青木に右エリアにつながれ、MF駒井に対して小川諒也選手がたまらずファウル。
 PKを与える。

 小川諒也選手にイエロー。

後半8分
 これで与えたPKをFW興梠に決められて、失点。

後半15分
 吉本一謙選手に替えて、高橋秀人選手を投入。

後半16分
 浦和、武藤、興梠に替えて、李、ズラタンを投入。

後半22分
 浦和、森脇に替えて、加賀を投入。

後半25分
 河野広貴選手に替えて、水沼宏太選手を投入。

後半36分
 左サイドの東慶悟選手が低く速いクロスをゴール前に。
 これに合わせて中島翔哉選手が突っ込み、ネットに突き刺してゴール。

試合終了
 1−3で敗戦。
 準決勝で敗退。





ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア
kenny_u_1966 at 16:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月05日

FC東京vs浦和レッズ

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半17分
 田邉草民選手にイエロー。

前半35分
 浦和、森脇にイエロー。

前半終了
 アグレッシブな戦いでリズムを掴み、切り替えの早い攻撃に転じた。
 浦和のスピーディな攻撃を抑えきれず、フィニッシュに持ち込まれた場面もあったが、それでもゴールは割らせず。
 スコアレスで勝負は後半へ。

後半開始
 浦和のキックオフで後半開始。

後半4分
 室屋成選手の右クロスを、ニアで右エリアの羽生直剛選手がヘディングでゴール前につなぐ。
 中央には東慶悟選手。
 その後ろからは高橋秀人選手が飛び込み、手前の東選手が気迫のヘディングでゴール。
 キャプテン東選手が先制点をゲット。

後半16分
 浦和、李に替えて、高木を投入。

後半23分
 羽生選手に替えて、河野広貴選手を投入。

後半25分
 浦和、関根に替えて、平川を投入。

後半26分
 前田遼一選手にイエロー。

後半27分
 浦和、ズラタンに替えて、興梠を投入。

後半32分
 浦和・左サイドを前進したFW興梠と、外のFW高木がスイッチ。
 FW高木は中に回り込み、左エリア手前からミドル。
 精度の高いシュートがゴール右上にイン。
 浦和の後半初めてのシュートを決められ、同点に追い付かれた。

後半35分
 浦和・左サイドのFW興梠が右前線にサイドチェンジ。
 受けたMF平川には小川諒也選手が対応していたが、ゴール前にグラウンダーのクロスを入れられ、空いたスペースで待ち構えたフリーの武藤に確実に決められ。
 立て続けに失点。

 前田選手に替えて、平山相太選手を投入。

後半37分
 中島翔哉選手に替えて、ネイサンバーンズ選手を投入。

試合終了
 1−2で敗戦。





ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア
kenny_u_1966 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月01日

FC東京vsサンフレッチェ広島

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第14節は
アウェイ エディオンスタジアム広島での戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半延長1分
 徳永悠平選手に替えて、橋本拳人選手を投入。

前半終了
 互いに決め手を欠き、スコアレスのまま、前半を折り返す。

後半開始
 広島のキックオフで後半開始。

後半17分
 広島、茶島に替えて、宮吉を投入。

後半20分
 平山相太選手に替えて、ネイサンバーンズ選手を投入。

後半30分
 広島、水本にイエロー。

後半32分
 広島、ウタカに替えて、佐藤を投入。

後半36分
 河野広貴選手に替えて、羽生直剛選手を投入。

後半40分
 広島、柏に替えて、清水を投入。

後半延長2分
 エリア手前でパスを受けた中島翔哉選手。
 相手DFの逆を取り、右足シュート。
 これがゴールネットに突き刺さりゴール。
 東京が試合終了間際に先制。

試合終了
 1−0で勝利。





ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア
kenny_u_1966 at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月25日

FC東京vsガンバ大阪

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第13節は
アウェイ 市立吹田サッカースタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半13分
 相手陣内でパスカットした田邉草民選手が、エリア右にドリブルで進入。
 右足を振り抜いたシュートが、ゴール右下に決まり、ゴール。
 東京が先制。

前半15分
 G大阪・MF大森が、ゴールまで約20メートルの位置から右足でシュート。
 グラウンダーのシュートがゴール左下に決まり、試合は1−1に。

前半18分
 G大阪・一気のカウンターで左サイドを駆け上がるDF藤春。
 スルーパスを飛び出して処理しようとした秋元陽太選手を交わすパスが、FW長沢に通り、無人のゴールにシュート。
 逆転を許す。

前半22分
 エリア右でパスを受けた河野広貴選手が左足を一閃。
 ボールは見事な放物線を描いてゴール左に決まり、ゴール。
 同点に追いつく。

前半38分
 田邉選手にイエロー。

前半終了
 目まぐるしくスコアが動く展開の前半は、2−2で後半に折り返す。

後半開始
 G大阪、今野に替えて、遠藤を投入。

 G大阪のキックオフで後半開始。

後半15分
 G大阪、金にイエロー。

後半29分
 河野選手に替えて、橋本拳人選手を投入。
 G大阪、大森に替えて、藤本を投入。

後半36分
 G大阪、アデミウソンに替えて、呉屋を投入。
 梶山陽平選手に替えて、羽生直剛選手を投入。

後半41分
 前田遼一選手に変えて、平山相太選手を投入。

後半45分
 徳永悠平選手がエリア左にドリブル。
 縦に持ち込み、クロスに詰めた平山選手がゴール。
 ついに東京が逆転。

後半延長1分
 G大阪・右サイドを攻め上がり、ゴール前の混戦を詰めたDF米倉がゴール。
 試合は再び同点に。

試合終了
 3−3のドロー。





ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア
kenny_u_1966 at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月17日

FC東京vs浦和レッズ

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第12節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 浦和のキックオフで前半開始。

前半41分
 梶山陽平選手にイエロー。

前半終了
 序盤は、狙い通りに前線からのプレスをかけてボールを奪い、東京が主導権を握った。
 その中で、東慶悟選手を起点に前田遼一選手、中島翔哉選手らがビッグチャンスを作ったが、ここで決めきることができず。
 徐々に浦和の守→攻の素早い切り替えからカウンターを受け、自陣に押し込まれることになった。
 終盤の立て続けのピンチはなんとかしのぎ、スコアレスで後半へ。

後半開始
 浦和、高木に替えて、李を投入。
 東京のキックオフで後半開始。

後半1分
 梶山選手のスルーパスに合わせて、エリアに抜け出そうとした中島選手が引っ掛けられ、PKを獲得。

後半2分
 浦和、阿部にイエロー。

後半3分
 PKのキッカーは森重真人選手。
 ど真ん中に蹴ったキックは、浦和GK西川の片手をかすめてゴール。

後半13分
 河野広貴選手に替えて、丸山祐市選手を投入。

後半19分
 浦和、武藤に替えて、興梠を投入。

後半20分
 橋本拳人選手にイエロー。
 浦和、森脇にイエロー。

後半22分
 中島選手に替えて、高橋秀人選手を投入。

後半32分
 室屋成選手が前に上がった隙きを突かれ、浦和MF阿部が左前線にサイドチェンジ。
 MF関根にドリブルからのクロスを入れられる。
 東京DFの数は揃っていたが、丸山選手の前FW李に飛び込まれ、ヘディングシュートを許して失点。

後半35分
 梶山選手に替えて、ユインス選手を投入。

後半40分
 浦和MF柏木が右前線にフィード。
 東京DFの足が一瞬止まった隙きを突かれ、右前線にFWズラタンに走り込まれ、シュートを打たれる。
 秋元陽太選手がセーブしたが、このこぼれが、ゴール前まで守備に戻り、浦和MF関根と競り合った東選手に当たってネットにイン。

後半41分
 浦和、柏木に替えて、青木を投入。

後半42分
 浦和・右サイドで、MF関根→MF青木に右前線に飛び出され、再び右エリアのMF関根にリターン。
 東京はここで抑えることができず。
 クロスを入れられ、ファーのFW興梠が室屋選手の前でヘディング。
 足が止まり、3点目を失った。

試合終了
 1−3で敗戦。





ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア
kenny_u_1966 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月10日

FC東京vs湘南ベルマーレ

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第11節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 湘南のキックオフで前半開始。

前半21分
 田邉草民選手にイエロー。次節出場停止。

前半32分
 湘南、三竿にイエロー。

前半44分
 自陣左の森重真人選手→中盤の梶山陽平選手→中島翔哉選手がドリブルで相手DFの間を持ち上がり、さらに前の前田遼一選手が左斜めに走る。
 中島選手はクロスの動きから、さらに中央へ。
 エリア手前から右足のシュートを左下隅に沈めてゴール。

前半終了
 湘南の勢いを落ち着いて抑え、徐々にボールを保持する時間が長くなった。
 その中でも中島選手がよく攻撃の起点となり、さまざまなチャレンジを試みたが、前半終了間際に中島選手自身のミドルで先制。
 良い時間帯にリードを奪い、後半に折り返す。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半7分
 湘南、石川に替えて、ウェズレーを投入。

後半15分
 湘南、坪井に替えて、齊藤を投入。

後半24分
 湘南、大槻に替えて、ジネイを投入。

後半26分
 中島選手に替えて、橋本拳人選手を投入。

後半30分
 相手陣内右寄りの河野広貴選手がドリブルで運び、内側・エリア中央の前田選手に。
 前田選手はワンタッチで落とし、リターンを受けた河野選手は前田選手から離れるように左側に運びながら、左足のシュートを、ゴール右上隅に突き刺してゴール。

後半32分
 徳永悠平選手に替えて、丸山祐市選手を投入。

後半35分
 前田選手、梶山選手が粘り強くマイボールにして収め、左エリアの橋本選手がクロス。
 これをファーの前田選手が落ち着いてヘディングで合わせてゴール。

後半40分
 河野選手に替えて、ユインス選手を投入。

後半延長1分
 橋本選手にイエロー。

試合終了
 3−0で勝利。





ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア
kenny_u_1966 at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月04日

FC東京vsアビスパ福岡

2016JリーグYBCルヴァンカップ 決勝トーナメント準々決勝 第2戦は、
アウェイ、レベルファイブスタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半14分
 福岡、金森にイエロー。

前半28分
 福岡、キムにイエロー。

前半30分
 東慶悟選手が右サイドの室屋成選手に展開。
 室屋選手のクロスはDFに弾かれるも、こぼれを梶山陽平選手→田邉草民選手とつなぎ、田邉選手のエリア外から狙い澄ましたシュートがゴール右上に決まり、ゴール。
 東京が先制し、2試合合計で福岡を上回る。

前半終了
 東京が貴重なアウェイゴールを奪い、リードして後半に折り返す。

後半開始
 福岡のキックオフで後半開始。

後半9分
 徳永悠平選手にイエロー。

後半15分
 福岡、末吉に替えて、坂田を投入。

後半18分
 河野広貴選手に替えて、橋本拳人選手を投入。

後半27分
 ユインス選手に替えて、前田遼一選手を投入。

後半29分
 自陣でパスカットした東選手。
 東選手→前田選手→中島翔哉選手とつなぎ、再び右サイドを駆け上がる東選手へつながるが、そこで倒されFKを獲得。

後半30分
 自ら得たキッカー東選手のゴール前へのFKをファーサイドの高橋秀人選手が頭で合わせてゴール。
 東京が惜しかった追加点をゲット。

後半31分
 福岡、城後に替えて、三島を投入。
 室屋選手にイエロー。

後半32分
 福岡、金森に替えて、邦本を投入。

後半39分
 中島選手に替えて、羽生直剛選手を投入。

後半44分
 福岡、濱田にイエロー。

試合終了
 2−0で勝利。

2戦合計、1勝1分けで、準決勝進出。





ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア
kenny_u_1966 at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月31日

FC東京vsアビスパ福岡

2016JリーグYBCルヴァンカップ 決勝トーナメント準々決勝 第1戦は、
ホーム、味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 福岡のキックオフで前半開始。

前半7分
 福岡、田村にイエロー。

前半24分
 福岡、濱田にイエロー。

前半38分
 ムリキ選手に替えて、中島翔哉選手を投入。

前半終了
 序盤は東京がボールを支配したが、5バックで守備を固める福岡にスペースを消された。
 徐々に福岡もサイドから仕掛ける場面が増え出したが、それには慌てることなく対応した。
 35分過ぎにはムリキ選手が足を負傷、交代を余儀なくされるアクシデントが起こったが、中島選手を投入。
 終盤には、FKや、東慶悟選手と河野広貴選手との連係で決定機を作ったが、福岡の攻守にも阻まれ、スコアレスで前半を終えた。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半4分
 田邉草民選手にイエロー。

後半17分
 エリア手前やや右寄りの東選手が、一瞬タメを作り、さらに右に展開。
 これに合わせて、前田遼一選手が勢いよく走り込み、右エリアからシュートを放つ。
 一度は福岡GKにセーブされたが、このこぼれにゴール正面の中島選手が反応。
 相手DFより一歩先に詰め、身体ごと押し込むようにゴール。

後半20分
 河野選手に替えて、水沼宏太選手を投入。

後半21分
 福岡、中村にイエロー。

後半24分
 福岡、中村に替えて、下坂を投入。

後半28分
 田邉選手に替えて、橋本拳人選手を投入。

後半29分
 福岡、城後に替えて、坂田を投入。

後半41分
 福岡、金森に替えて、三島を投入。

後半45分
 右前線の三島に中に持ち込まれ、左足のシュートを決められて、失点。

試合終了
 1−1のドロー。





ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア
kenny_u_1966 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月27日

FC東京vs名古屋グランパス

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第10節は
アウェイ 豊田スタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半30分
 名古屋、川又にイエロー。

前半45分
 名古屋・MF田口のミドルシュートは秋元陽太選手が防ぐも、こぼれをFW野田が詰めてゴール。
 先制を許す。

前半終了
 名古屋に前半終了間際に得点を許して、1点ビハインドで前半を終える。

後半開始
 名古屋のキックオフで後半開始。

後半8分
 河野広貴選手に替えて、中島翔哉選手を投入。

後半13分
 名古屋、川又に替えて、矢野を投入。

後半15分
 名古屋、楢崎にイエロー。

後半19分
 名古屋、野田に替えて、和泉を投入。
 前田遼一選手に替えて、ユインス選手を投入。

後半29分
 名古屋、酒井に替えて、大武を投入。
 高橋秀人選手に替えて、梶山陽平選手を投入。

後半36分
 名古屋、イにイエロー。

後半延長1分
 室屋成選手→ムリキ選手→東慶悟選手とエリア手前でつなぎ、東選手からパスを受けたエリア内左の中島選手が、ワントラップから右足シュート。
 これが決まり、ゴール。
 同点に追いつき、さらに勝ち越しを狙う。

試合終了
 1−1の引き分け。





ダン・ケネディの8つのビッグ・アイディア
kenny_u_1966 at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月21日

ブラジルvsドイツ

リオデジャネイロ オリンピック サッカー男子 決勝は
ブラジル・マラカナンスタジアムでの戦いです。

前半開始
 ドイツのキックオフで前半開始。

前半26分
 ドイツ、マティアス・ギンターが、ブラジル、ネイマールにファウル。

前半27分
 ブラジル、ネイマールのフリーキックが直接決まりゴール。

前半30分
 ブラジル、ゼカにイエロー。

前半44分
 ブラジル、ガブリエルバルボサにイエロー。

前半終了
 ブラジル 1−0 ドイツで前半終了。

後半開始
 ブラジルのキックオフで後半開始。

後半4分
 ドイツ、ダビー・ゼルケにイエロー。

後半14分
 ドイツ、マキシミリアン・マイヤーのシュートで追いつく。

後半22分
 ドイツ、ラルス・ベンダーに替えて、グリシャ・プローメルを投入。

後半25分
 ブラジル、ガブリエルバルボサに替えて、フェリペアンデルソンを投入。

後半29分
 ドイツ、ダビー・ゼルケに替えて、ニルス・ペーターセンを投入。

後半33分
 ドイツ、グリシャ・プローメルにイエロー。

後半44分
 ドイツ、ニクラス・ズーレにイエロー。

後半終了
 1−1で延長戦へ。

延長前半開始
 ドイツのキックオフで延長前半開始。

延長前半5分
 ブラジル、ガブリエルジェズスに替えて、ラフィーニャを投入。

延長前半終了
 1−1で延長後半へ。

延長後半開始
 ブラジルのキックオフ延長後半開始。

延長後半終了
 1−1でPK戦へ。

PK戦

 ドイツ  マティアス・ギンター 成功
 ブラジル レナトアウグスト   成功

 ドイツ  セルゲ・グナブリー  成功
 ブラジル マルキーニョス    成功

 ドイツ  ユリアン・ブラント  成功
 ブラジル ラフィーニャ     成功

 ドイツ  ニクラス・ズーレ   成功
 ブラジル ルアン        成功

 ドイツ  ニルス・ペーターセン 失敗
 ブラジル ネイマール      成功

 ブラジル 5−4 ドイツ

試合終了

サッカー男子 最終結果
 金メダル ブラジル
 銀メダル ドイツ
 銅メダル ナイジェリア
 4位   ホンジュラス





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 08:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月20日

FC東京vs横浜F・マリノス

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第9節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半34分
 東慶悟選手にイエロー。

前半42分
 相手陣内で右の室屋成選手がサイドを変えて、左の東選手に。
 東選手は前のムリキ選手に当てて、自身はエリアに突進。
 ワンツーリターンを受けて、左エリアから狙い澄ましたシュートを放ち、ゴール。

前半終了
 前半途中の布陣変更が功を奏し、東選手が今季2点目をマークして、先制して前半を終了。

後半開始
 横浜FMのキックオフで後半開始。

後半11分
 横浜FM、金井に替えて、遠藤を投入。

後半16分
 河野広貴選手に替えて、羽生直剛選手を投入。

後半22分
 横浜FM、天野に替えて、伊藤を投入。

後半26分
 田邉草民選手にイエロー。

後半29分
 横浜FM、中町に替えて兵藤を投入。

後半31分
 田邉選手に替えて、水沼宏太選手を投入。

後半35分
 横浜FM、中澤にイエロー。

後半38分
 森重真人選手にイエロー。

後半延長1分
 水沼選手にイエロー。

後半延長3分
 横浜FM、マルティノスにイエロー。
 ムリキ選手に替えて、吉本一謙選手を投入。

試合終了
 1−0で勝利。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

スウェーデン女子vsドイツ女子

リオデジャネイロ オリンピック サッカー女子 決勝は
ブラジル・マラカナンスタジアムでの戦いです。

前半開始
 ドイツのキックオフで前半開始。

前半22分
 スウェーデン、ソフィア・ヤコブソンにイエロー。

前半終了
 スコアレスで前半終了。

後半開始
 スウェーデンのキックオフで後半開始。

後半3分
 ドイツ、ジェニファー・マロジャンのシュートで先制。

後半6分
 スウェーデン、エリン・ルベンソンにイエロー。

後半9分
 スウェーデン、ソフィア・ヤコブソンに替えて、スティナ・ブラックステニウスを投入。

後半15分
 スウェーデン、ロッタ・シェリンがドイツ、サラ・デブリッツにファウル。

後半17分
 ドイツ、サラ・デブリッツのフリーキックはポストに当たるが、ポストの跳ね返りをスウェーデン、リンダ・センブラントがオウンゴール。
 ドイツ2点目。

後半22分
 スウェーデン、スティナ・ブラックステニウスのシュートで得点。
 スウェーデン 1−2 ドイツ。

後半23分
 スウェーデン、コソバレ・アスラニに替えて、ポーリネ・ハンマールンドを投入。

後半25分
 ドイツ、メラニー・ベーリンガーに替えて、レナ・ゲスリングを投入。
 スウェーデン、エリン・ルベンソンに替えて、マグダレナ・エリクソンを投入。

後半38分
 スウェーデン、リンダ・センブラントにイエロー。

後半39分
 ドイツ、サラ・デブリッツに替えて、スベニャ・フートを投入。

試合終了
 ドイツ 2−1 スウェーデン

サッカー女子 最終結果
 金メダル ドイツ
 銀メダル スウェーデン
 銅メダル カナダ
 4位   ブラジル





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 07:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月13日

FC東京vsヴィッセル神戸

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第8節は
アウェイ ノエビアスタジアム神戸での戦いです。

前半開始
 神戸のキックオフで前半開始。

前半40分
 左サイドをムリキ選手と野澤英之選手のワンツーで突破。
 ムリキ選手はラインギリギリからクロスを送り、ファーサイドでフリーの前田遼一選手が冷静にゴール。
 前田選手のJ1通算150ゴールで、東京が先制点を挙げる。

前半終了
 前田選手のJ1通算150ゴールで先制した東京が1点リードして折り返す。

後半開始
 神戸、田中英に替えて、中坂を投入。

 東京のキックオフで後半開始。

後半8分
 神戸、伊野波にイエロー。

後半11分
 神戸・クロスをエリア内でキープしたFWペドロ・ジュニオールから、FWレアンドロ右サイドのMF渡邉とパス。
 渡邉はエリア外ゴール正面からシュートを放ち、ゴール。
 1−1の同点に。

後半16分
 東慶悟選手に替えて、ユインス選手を投入。

後半19分
 左サイドのDF橋本のクロスでチャンスメイク。
 ゴール前のMFニウトンが頭で詰めてゴール。
 神戸が逆転。

後半20分
 左サイドに流れたFWペドロ・ジュニオールがゴール前のFWレアンドロにクロス。
 これを頭で決められ、さらに失点。

後半22分
 河野広貴選手に替えて、平山相太選手を投入。

後半27分
 前田選手に替えて、羽生直剛選手を投入。

後半29分
 神戸・中盤のこぼれ球に反応したFWペドロ・ジュニオールが森重真人選手を振り切りドリブル突破。
 GK秋元陽太選手をかわしてゴール。

後半37分
 神戸、渡邉に替えて、石津を投入。

後半45分
 神戸、北本に替えて、高橋祥を投入。

試合終了
 1−4で敗戦。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月11日

U−23日本vsU−23スウェーデン

リオデジャネイロ オリンピック サッカー男子
予選グループB 第3戦はブラジル・サルバドール・アレナフォンチノバでの戦いです。

前半開始
 スウェーデンのキックオフで前半開始。

前半26分
 スウェーデン、アレクサンデル・ミロセビッチにイエロー。

前半終了
 日本はコロンビア戦の終盤で機能していた南野拓実選手、大島僚太選手といったメンバーが先発で出場する。
 日本は立ち上がり、大島選手、南野選手、中島翔哉選手の3人にボールがうまく収まり主導権を握る。
 前半6分には興梠慎三選手のポストプレーを起点に、遠藤航選手のセンスが光るスルーパスからペナルティーエリア内で中島選手が抜け出す。
 GKと1対1を迎えたかに見えたが、角度がないと判断してか、折り返しを選択すると、これを阻まれチャンスを生かすことができない。
 対するスウェーデンは長身を生かしロングパスで攻撃を組み立てるが、日本が集中した守備を見せ決定機を作らせない。
 その後は日本がボールを保持する時間帯が続く。
 日本はサイド攻撃からクロスまでは持ち込めるものの、ペナルティーエリア内で守備を固めるスウェーデンを崩し切るには至らず。
 結局ビッグチャンスを生み出すことができないまま、前半終了のホイッスルを迎えた。
 長所をお互いにつぶし合うような展開となった前半。
 決勝トーナメント進出に向けて勝利がほしい日本は、後半どのような策を見せてくるのか。
 手倉森監督の手腕に期待したい。

後半開始
 スウェーデン、アレクサンデル・フランソンに替えて、ムアメル・タンコビッチを投入。
 日本のキックオフで後半開始。

後半13分
 南野選手に替えて、矢島慎也選手を投入。

後半16分
 浅野拓磨選手に替えて、鈴木武蔵選手を投入。

後半19分
 左サイド高い位置でのスローインから、大島選手が狭いところをドリブルで抜け出す。
 深い位置までえぐってからのクロスに、矢島選手が走り込みながら右足を合わせ日本が欲しかった先制ゴールを奪う。

後半27分
 コロンビア、ロビン・クアイソンに替えて、ケン・セマを投入。

後半33分
 興梠選手に替えて、井手口陽介選手を投入。

後半38分
 コロンビア、ミカエル・イシャクに替えて、バルミル・ベリシャを投入。

試合終了
 1−0で勝利。
 予選リーグ3位で予選リーグ敗退。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月08日

U−23日本vsU−23コロンビア

リオデジャネイロ オリンピック サッカー男子
予選グループB 第2戦はブラジル・マナウス・アレナアマゾニアでの戦いです。

前半開始
 日本のキックオフで前半開始。

前半22分
 井手口陽介選手にイエロー。

前半23分
 コロンビア、ウィリアン・テシジョにイエロー。

前半31分
 遠藤航選手にイエロー。

前半39分
 室屋成選手にイエロー。

前半終了
 ナイジェリア戦からスタメン4人を入れ替えた日本は、序盤から積極的な姿勢を見せる。
 前線からの連動した守備で、コロンビアを相手陣内へ張り付けにすることに成功。
 日本の最初のチャンスは8分。
 左サイド藤春廣輝選手の積極的な仕掛けから立て続けにCKを得る。
 しかし矢島慎也選手のクロスには誰も合わせることができない。
 11分には決定機を迎える。
 右サイドを室屋選手がドリブル突破すると、興梠慎三選手の落としにフリーの矢島選手が左足を振り抜く。
 ボールはゴール右を捉えるも、GKのファインセーブに遭いネットは揺らせない。
 その後も主導権を握る日本は、立て続けにチャンスを演出。
 34分には、CKの2次攻撃から藤春選手がゴール前で決定的なヘディングシュートを放つが枠を捉えられず。
 コロンビアも時折、鋭いカウンターを仕掛けるもGK中村航輔選手が安定した守備を見せゴールは許さない。
 主導権を握った日本は、再三作ったチャンスをモノにすることができないまま、前半終了のホイッスルを迎えた。

後半開始
 コロンビア、フェリペ・アギラル、セバスティアン・ペレスに替えて、ヘリベルトン・パラシオス、アルレイ・ディナスを投入。

 コロンビアのキックオフで後半開始。

後半8分
 藤春選手にイエロー。

後半14分
 コロンビア、中央で縦パスを呼び込んだグティエレスが、井手口選手と巧みに入れ替わり前を向く。
 ロドリゲスとのワンツーでマークを外すと、エリア手前からダイレクトで右足を振り抜く。
 このシュートがブロックに行った植田直通選手の足に当たり、ゴールへと吸い込まれコロンビアが先制。

後半17分
 矢島選手、井戸口選手に替えて、南野拓実選手、大島僚太選手を投入。

後半20分
 コロンビア、高い位置でボールを奪うとカウンターを仕掛ける。
 中央でボールを受けたパボンがドリブルで持ち上がりDFを引き付け、左サイドでフリーのボルハへラストパス。
 ボルハのシュートはGK中村選手が右足ではじき出すも、こぼれ球が藤春選手の足に当たってしまいオウンゴールに。

後半22分
 高い位置で日本らしい細かいパス回しからゴールが生まれる。
 中央でボールを収めた大島選手がエリア手前の南野選手へスルーパスを通す。
 南野選手が鋭いターンからゴール前の浅野拓磨選手へつなぐと、浅野選手はDFを背負いながら冷静にゴール右へ突き刺し、日本が1点差に追い上げる。

後半29分
 コロンビア陣内でボールをキープすると、ピッチ中央で中島翔哉選手がボールを受ける。
 中島選手は相手GKの位置が少し高いと見るや、約35メートルの位置から意表を突く山なりのロングシュート。
 これがクロスバーに当たりながらネットに吸い込まれ日本が同点に追いつく。

後半31分
 コロンビア、ケビン・バランタにイエロー。

後半32分
 コロンビア、ケビン・バランタに替えて、ジェフェルソン・レルマを投入。

後半35分
 藤春選手に替えて、亀川諒史選手を投入。

試合終了
 2−2のドロー。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月06日

FC東京vsジュビロ磐田

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第7節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 磐田のキックオフで前半開始。

前半8分
 磐田・中央のMFアダイウトンが右に展開。
 ワイドのMF太田がドリブルで前進し、右エリア角からゴールを狙う。
 これは丸山祐市選手がブロックしたが、こぼれを拾われ、右前線までオーバーラップしたDF藤田がクロス。
 これに合わせてエリアのFW森島に、徳永悠平選手の背後から打点の高いヘディングを決められ、先制を許した。

前半27分
 秋元陽太選手のロングキックを、前線中央の前田遼一選手が収め、東慶悟選手から、左のムリキ選手に。
 スピードを活かしてエリアに仕掛け、足をかけられてPKを獲得。

前半28分
 これをムリキ選手が右下に流しこんだが、やり直し。

前半29分
 再びムリキ選手が同じコースに流し込み、ゴール。

前半37分
 高橋秀人選手にイエロー。次節出場停止。

前半終了
 序盤は磐田の勢いやパスワークに対して、受けに回ってしまった。
 8分に先制を許したが、徐々に東京も動きが出始め、ムリキ選手のスピードを活かして反撃。
 PKから同点に追い付いた。
 その後も前線の連動性から、河野広貴選手らが決定的なチャンスを作ったが、追加点を奪うことはできず、前半を終了。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半7分
 磐田の攻撃を抑え、一度はマイボールにしたが、小川諒也選手のところにFW森島にプレスをかけられ、再びボールを失う。
 磐田は右前線のMF太田が後ろに戻し、右エリア角付近のMF小林が一歩中に持ち込んで、左足を振り抜く。
 無回転のシュートは、ファーのポストをかすめて内側に跳ね返り、イン。
 MF小林に見事なゴールを決められて、2点目を失った。

後半17分
 磐田、藤田にイエロー。

後半21分
 高橋選手に替えて、野澤英之選手を投入。

後半25分
 ショートカウンターを仕掛け、右の河野選手がドリブルで持ち込み、エリア角の田邉草民選手に。
 田邉選手は一瞬時間を作り、サイドを上がった徳永選手につなぐ。
 徳永選手のクロスから、中央の東選手がヘディング。
 これがファーに飛んだところにムリキ選手が走り込み、ゴール。

後半31分
 河野選手に替えて、ユインス選手を投入。

後半34分
 磐田、宮崎にイエロー。

後半36分
 磐田、アダイウトンに替えて、松井を投入。

後半40分
 磐田、パパドプーロスにイエロー。

後半41分
 小川選手に替えて、水沼宏太選手を投入。
 磐田、森島に替えて、齊藤を投入。

後半45分
 ユ選手が前線に送ったパスにムリキ選手が突進。
 エリアに突っ込むが、相手GKも前に出てスライディング。
 これがエリア外でのファウルと判定され、FKを得る。

 磐田、志村にイエロー。

後半延長1分
 左エリア角すぐ外からのFK。
 東選手が直接狙ったシュートは、GKにはじかれたが、ファーの前田選手がヘッドで落とし、ゴール前には田邊選手が突っ込む。
 相手に当たったこぼれに、さらにユ選手が反応。
 身体ごと押し込んでゴール。

後半延長2分
 磐田、川辺に替えて、松浦を投入。

試合終了
 3−2で勝利。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月05日

U−23日本vsU−23ナイジェリア

リオデジャネイロ オリンピック サッカー男子
予選グループB 第1戦はブラジル・マナウス・アレナアマゾニアでの戦いです。

前半開始
 ナイジェリアのキックオフで前半開始。

前半6分
 ナイジェリア、右サイドのスローインからエゼキエルがボールをキープ。
 エゼキエルは素早いターンで藤春広輝選手をかわして左足でシュート。
 GK櫛引政敏選手櫛引が弾いたボールをウマルが詰めてナイジェリアが先制。

前半8分
 左サイドの連係でペナルティーエリアに侵入した大島僚太選手が南野拓実選手へスルーパス。
 南野選手はアムジエの後ろからのタックルに倒されPKを獲得。

 ナイジェリア、アムシエにイエロー。

前半9分
 PKのキッカーは興梠慎三選手。
 GKダニエルの逆を突き、ゴール右に冷静に決めた。

前半10分
 ナイジェリア、ミケルから右サイドのシェフに展開。
 シェフがファーサイドに上げたクロスは室屋成選手がかぶり、エテボに渡る。
 エデボは胸トラップから左足を振りぬいてゴール右に突き刺した。

前半13分
 右サイドから斜めに走り込んだ南野選手がフリーでスルーパスを受ける。
 GKダニエルと1対1になるも、冷静に股の間を抜いてゴールネットを揺らす。
 日本が再び同点に追いついた。

前半42分
 ナイジェリア、右サイドに流れたウマルがボールをキープ。
 ウマルが走り込んだエテボにパスを送ると、エテボはダイレクトシュートを放つ。
 このシュートはミートしなかったが、植田直通選手がクリアしたボールが再びエテボの元にこぼれる。
 これをエデボが右足で決めて、ナイジェリアが勝ち越し。

前半終了
 試合は序盤から点の取り合いとなる。
 6分にGK櫛引選手が弾いたボールにウマルが詰めてナイジェリアが先制すると、9分に興梠選手がPKを決めて日本がすぐさま1−1の同点に追いつく。
 10分にはエテボが決めてナイジェリアが再び勝ち越すも、13分に南野選手が決めて再び同点に追いついた。
 その後、試合は一時落ち着きを見せ、日本はナイジェリアの攻撃に耐えながら時折カウンターで反撃を試みるもなかなかチャンスにつながらない。
 すると前半終了間際の42分、エテボにこの日2点目を許してナイジェリアに3度勝ち越しを許した。
 3−2でナイジェリアにリードを許したまま後半へ。

後半開始
 日本のキックオフで後半開始。

後半5分
 ナイジェリア、縦パスを受けたウマルが室屋選手と塩谷司選手を振り切りペナルティーエリアに侵入。
 守備に戻ったウマルが塩谷選手に倒されPKを獲得。

後半6分
 ナイジェリア、キッカーはエテボ。
 GK櫛引選手の逆を突き左に決める。
 エテボはハットトリックを達成。

後半8分
 原川力選手に替えて、浅野拓磨選手を投入。

後半21分
 ナイジェリア、右サイドを上がったミケルがゴール前のウマルにクロス。
 GK櫛引選手が飛び出してスライディングでクリアするも、こぼれ球を拾ったエテボにペナルティーエリアの外からダイレクトで押し込まれて日本は痛恨の5失点目を喫する。

後半25分
 左サイド中島翔哉選手からのパスを受けた藤春選手が抜け出す。
 藤春選手は二アサイドへグラウンダーのクロスを上げると、飛び込んだ浅野選手が合わせて日本が1点を返す。

後半27分
 興梠選手に替えて、鈴木武蔵選手を投入。

後半28分
 ナイジェリア、ウスマン・ムハマドに替えて、キングスレイ・マドゥを投入。

後半31分
 中島選手に替えて、矢島慎也選手を投入。

後半33分
 ナイジェリア、イモ・エゼキエルに替えて、ヌディフレケ・ウドを投入。

後半42分
 ナイジェリア、ジョン・ミケルに替えて、ポポオラ・サリウを投入。

後半延長5分
 大島選手からのパスを受けた鈴木選手がペナルティーエリアに侵入。
 切り返しでシンセレのマークを外すと、左足でシュートを放つ。
 これがゴール右に決まって日本が1点差に詰め寄る。

試合終了
 4−5で敗戦。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月04日

FC東京U−18vs清水エスパルスユース

第40回日本クラブユースサッカー選手権(U−18)大会
決勝戦は味の素フィールド西が丘での戦いです。

前半開始
 清水のキックオフで前半開始。

前半32分
 ボールの奪い合いに競り勝ち、左前線へサイドチェンジ。
 伊藤純也選手が左エリアでフェイントを仕掛けながら、冷静に中央のスペースへ。
 ここに走り込んだ鈴木喜丈選手が迎えたミドル。
 ボールは相手GKの手をはじいてネットに転がり、ゴール。

前半45分
 自陣の岡崎慎選手が相手の隙を突き、前線にライナー性のロングパス。
 これに合わせて、半谷陽介選手がまさにあうんの呼吸で飛び出し、GKとの1対1を冷静に決めてゴール。

前半終了
 2点のリードを奪って、後半へと折り返す。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半17分
 伊藤選手に替えて、久保建英選手を投入。

後半32分
 内田宅哉選手に替えて、小林真鷹選手を投入。

後半28分
 蓮川壮大選手にイエロー。

後半34分
 半谷選手に替えて、松岡瑠夢選手を投入。

後半39分
 平川怜選手に替えて、品田愛斗選手を投入。

試合終了
 2−0で勝利。
 日本クラブユースサッカー選手権(U−18)大会優勝。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月31日

U−23日本vsU−23ブラジル

国際親善試合 ブラジル・セーハ・ドウラーダスタジアムでの戦いです。

前半開始
 日本のキックオフで前半開始。

前半33分
 ブラジル、中盤でパスを受けたガブリエウ・バルボサがドリブルで仕掛けると、マークにつく遠藤航選手、原川力選手、塩谷司選手を振り切り左足でシュートを放つ。
 このシュートがブロックに入った植田直通選手に当たってコースが変わり、ゴール右に吸い込まれた。

前半41分
 ブラジル、右からのCKゴール正面でマルキーニョスが2人のDFに競り勝ってヘディングシュート。
 これがゴール左に決まって2−0。

前半終了
 前半は終始攻めるブラジルに対し、守る日本という展開が続く。
 ブラジルは前線に入るネイマール、フェリペ・アンデルソン、ガブリエウ・バルボサ、ガブリエウ・ジェズスの4人が自由にポジションを入れ替えながら攻撃を仕掛ける。
 日本は守備を固めて耐え続けたが、33分に均衡が破れる。
 ガブリエウ・バルボサの突破を3人掛かりでも止められず、先制ゴールを許した。
 41分にもCKからマルキーニョスにゴールを許し、リードを2点に広げられた。

後半開始
 矢島慎也選手、原川選手、中村航輔選手に替えて、浅野拓磨選手、大島僚太選手、櫛引政敏選手を投入。

 ブラジル、フェリペ・アンデルソン、ラフィーニャに替えて、ルアン、レナト・アウグストを投入。

 ブラジルのキックオフで後半開始。

後半14分
 藤春廣輝選手に替えて、亀川諒史選手を投入。

後半15分
 南野拓実選手にイエロー。

後半18分
 ブラジル、ガブリエウ・バルボサ、ゼカに替えて、ワラシ、ウィリアムを投入。

後半23分
 興梠慎三選手に替えて、井手口陽介選手を投入。

後半25分
 ブラジル、チアゴ・マイア、ロドリゴ・カイオに替えて、ロドリゴ・ドウラド、ルアン・ガルシアを投入。

後半29分
 塩谷選手に替えて、岩波拓也選手を投入。

後半32分
 中島翔哉選手、遠藤選手に替えて、小川航基選手、冨安健洋選手を投入。

試合終了
 0−2で敗戦。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 06:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月30日

FC東京vsアルビレックス新潟

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第6節はアウェイ、デンカビッグスワンスタジアムでの戦いです。

前半開始
 東京のキックオフで前半開始。

前半27分
 高橋秀人選手にイエロー。

前半32分
 橋本拳人選手に替えて、田邉草民選手を投入。

前半42分
 田邉選手にイエロー。

前半45分
 小川諒也選手にイエロー。

前半終了
 橋本選手が負傷交代するアクシデントもあったが、スコアレスで前半終了。

後半開始
 新潟のキックオフで後半開始。

後半3分
 河野広貴選手が前線にロングパス。
 パスを受けたムリキ選手のシュートのこぼれに前田遼一選手が詰めるも、相手DFがブロック。
 しかし、さらに東慶悟選手が詰めてゴール上にシュートを突き刺し、ゴール。
 東京が先制。

後半8分
 新潟、ラファエルシルバにイエロー。

後半13分
 新潟、成岡に替えて、鈴木を投入。

後半20分
 河野選手にイエロー。

後半25分
 河野選手に替えて、羽生直剛選手を投入。
 新潟、山崎に替えて、伊藤を投入。

後半38分
 新潟、舞行龍にイエロー。
 新潟、松原健を投入。

後半39分
 ムリキ選手に替えて、吉本一謙を投入。

試合終了
 1−0で勝利。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月23日

FC東京vs川崎フロンターレ

2016明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第5節はアウェイ、等々力陸上競技場での戦いです。

前半開始
 川崎のキックオフで前半開始。

前半29分
 米本拓司選手にイエロー。

前半35分
 米本選手に替えて、高橋秀人選手を投入。

前半終了
 川崎の勢いのある攻撃をよくしのぎ、集中力を保って失点を防いだ。
 自陣に押し込まれる時間は長く、その分、なかなか攻撃に出ることができなかったが、ネイサンバーンズ選手や、橋本拳人選手の攻め上がりから、相手の隙を突き、形を作った場面もある。
 35分には米本選手が負傷交代を余儀なくされるアクシデントが起こったが、スコアレスで前半を終了。

後半開始
 東京のキックオフで後半開始。

後半15分
 川崎、エドゥアルドネットにイエロー。
 川崎、大塚に替えて、エドゥアルドを投入。

後半34分
 ムリキ選手にイエロー。

後半36分
 川崎、DF車屋の左クロスから、FW小林にヘディングを決められて、失点。

後半37分
 東慶悟選手に替えて、田邉草民選手を投入。
 川崎、橋本に替えて、武岡を投入。

後半40分
 河野広貴選手に替えて、平山相太選手を投入。

試合終了
 0−1で敗戦。





全世界で100万人が読んだマニフェストが日本上陸!
kenny_u_1966 at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Twitter