2018年03月14日

FC東京vsアルビレックス新潟

2018JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ Aグループ
第2節は、ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 新潟のキックオフで前半開始。

前半終了
 スピード感のある攻撃を仕掛け、流動性を活かして新潟ゴールに迫った。
 クロスからもチャンスを作り、ディエゴオリヴェイラ選手や富樫敬真選手、大森晃太郎選手らも躍動。
 新潟の2本に対して、東京は9本のシュートを放ったが、決めることはできず。

後半開始
 新潟、田中に替えて、ターレスを投入。
 東京のキックオフで後半開始。

後半18分
 新潟、伊藤に替えて、端山を投入。

後半25分
 大森選手、富樫選手に替えて、久保建英選手、永井謙佑選手を投入。

後半31分
 新潟陣内・左サイドの小川諒也選手→内側の高萩洋次郎選手が縦に送り、ゴール手前ほぼ中央のディエゴ選手がワンタッチで、左側から上がる久保選手に短くつなぐ。
 久保選手の前をクロスする形で、永井選手が相手DFを引き付け、空いたスペースを久保選手はドリブル。
 縦に抜け出し、スライディングに来たDFの前から得意の左足でシュートを突き刺し、ゴール。

後半32分
 新潟、渡邉に替えて、メネゲウを投入。

後半42分
 ディエゴ選手に替えて、内田宅哉選手を投入。

試合終了
 1−0で勝利。






トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

kenny_u_1966 at 21:38│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter