2018年04月28日

FC東京vs名古屋グランパス

2018明治安田生命J1リーグ第11節は
ホーム 味の素スタジアムでの戦いです。

前半開始
 名古屋のキックオフで前半開始。

前半17分
 太田宏介選手が攻め上がり、相手DF2人の間を果敢に仕掛け、左エリア外側でFKを獲得。

前半18分
 このFKの場面で、ゴール前のディエゴオリヴェイラ選手がファウルを受けて倒され、東京はPKを獲得。

前半19分
 PKキッカーはディエゴ選手。

前半20分
 ディエゴ選手はいつもどおりのステップでタイミングをはかり、今日は左下に決めてゴール。

前半28分
 名古屋、シャビエルにイエロー。

前半32分
 名古屋・エリア左外側からのFK。
 FWシャビエルのキックに合わせ、ファーから飛び込んだFWジョー。
 丸山祐市選手の手前から高い打点のヘディングを打ち込まれ、失点。

前半38分
 自陣の太田選手が、相手のラインの裏を狙ってフィードを送る。
 絶妙のタイミングで走り出した永井謙佑選手が抜け出すが、わずかに相手GKに先に触られ、シュートは打てず。
 しかしGKのこのクリアに、橋本拳人選手が猛然とダッシュ。
 左サイドで奪い切ると、エリア中央にラストパス。
 永井選手はこれを左足で決めてゴール。
 橋本選手も、らしいプレーでアシストし、勝ち越しに成功。

前半終了
 ディエゴ選手のPKで先制。
 その後、名古屋のFKから、ジョーの高さを活かされ、同点に追いつかれたが、相手の裏を狙って永井選手が走り、その流れから追加点を奪うことに成功。

後半開始
 名古屋、菅原に替えて、小林を投入。
 東京のキックオフで後半開始。

後半1分
 相手陣内で名古屋に激しくプレスをかけ、DF櫛引からこぼれたボールが高萩洋次郎選手→左サイドの永井選手に。
 永井選手はドリブルで前に運び、エリア中央にラストパス。
 これをディエゴ選手が難なく押し込み、ゴール。
 後半50秒、電光石火で3点目をゲット。

後半15分
 名古屋、ジョーにイエロー。

後半18分
 名古屋に右エリア手前からのFKを与える。
 FWシャビエルのキックに合わせ、今度は森重真人選手の前にDFホーシャに飛び込まれ、高さを活かされて、2点目を失う。

後半22分
 田邉草民選手に替えて、東慶悟選手を投入。

後半25分
 ディエゴ選手に替えて、前田遼一選手を投入。

後半27分
 名古屋、秋山に替えて、内田を投入。

後半38分
 永井選手に替えて、富樫敬真選手を投入。

後半39分
 名古屋、青木に替えて、押谷を投入。

試合終了
 3−2で勝利。






トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法

kenny_u_1966 at 17:01│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter